今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ブーツを脱ぐ恐怖の季節がやってきた!気になる足のニオイ原因と対策

足が臭くて悩んでいる方のために改善ポイントをご紹介します。
203cc4673ef2b2857feee0f5f7ab4fca_s
男性でも女性でも足が臭いという悩みを抱えている方は非常に多いです。あまりにも足が臭いと不潔な印象を持たれてしまうので注意しましょう。

スプレーなどで臭いをごまかすという方法もありますが、これでは根本的な問題の解決にはなりません。ごまかすのではなく、しっかり原因を確認して自分に合った対策を取っていきたいものですよね。そこで、足が臭くなる原因や解消方法についてご紹介します。

靴が汚れている

靴の中で大量の雑菌が繁殖し、これが足についている方も多いです。このような状態ではいくら毎日足を綺麗に洗っていたとしても靴を履いた後は足が臭い状態になってしまいます。

これを解消するためのポイントとして実践したいのが、まずは靴を洗うということ。定期的に洗って雑菌の繁殖を抑えましょう。

それから、毎日同じ靴を履いていると靴の中が蒸れて雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうため、毎日履く靴を交換するというのもおすすめです。洗った靴はしっかり乾いてから履くのも大きなポイントなので、天気が良い日にしっかり乾かしましょう。

足が汚れている

足を綺麗な状態に保つというのは非常に重要なことです。とても臭いやすい部位でもあるので、毎日お風呂でしっかり洗いましょう。足を洗う際のポイントは、先にしっかり足に水分を吸収させておくということ。乾燥した状態から洗ったとしても汚れは十分に落ちません。

お風呂に入ったついでに洗うのが楽ではありますが、3分ほど足湯をしてから洗っても構いません。適当に洗ってしまうという方も多いようですが、固形石鹸をしっかり泡立て、手を使って指の間や爪の間も念入りに洗うのがポイントです。

石鹸の成分が残ったままになってしまうと雑菌が繁殖する理由にもなってしまうので十分にすすいだら清潔なタオルで拭きましょう。いくら靴を清潔に保っていたとしても足が汚れているとあっという間に靴も臭くなってしまうため、常に清潔な状態にしておきたいですね。

靴下に原因がある

足が臭くなってしまう大きな原因は、足の裏から出た汗が雑菌の繁殖を招いてしまうからです。靴下は汗を吸収する役割も持っているのですが、通気性や吸湿性の悪い靴下を履いてしまうと雑菌の繁殖を招いてしまうことがあります。

足が臭くなりやすい方はできるだけ通気性吸湿性の良い靴下を選択し、歩いて汗をかいたら靴下を交換するように心がけると良いでしょう。

それから、足が湿った状態で靴下を履くのも雑菌の繁殖を招いてしまいます。

冷え性などでお風呂上りにすぐに靴下を履く方もいますが、足の水分はしっかりふき取った上で履きましょう。

足が臭い場合の対処法についてご紹介しました。特に夏場などは足に汗をかきやすくなるため、雑菌も繁殖しやすくなります。また、自分では臭いに気づけないこともあるので、基本的に足は臭うものと考えて対策を取ると良いですね。

        
        

  関連記事

年齢肌の強い味方!リフトアップテープの正しい使い方と注意点

リフトアップテープを効果的に使う方法とは 美容外科やエステサロンに行く必要もなく …

小じわやニキビに悩んでいる人も必見!体の内側からサプリメントで美白するメリット

サプリメントを使った美白はとても効果的!くすみ以外にもうれしい効果が 化粧水や美 …

頭皮にもニキビが!頭皮ニキビを早く治すためにやるべきケア

どうして頭皮にニキビが?頭皮ニキビの原因と対処法 頭皮にもニキビができることを知 …

【ライスフォース】ってどんなブランド?口コミと長所を紹介します!

【ライスフォース】の口コミや、スゴさの秘密をまとめました! 最近、ネットや雑誌で …

泡立てネットじゃ追いつけない!“パナソニック 洗顔美容器 濃密泡エステ”の凄さ3ポイント

パナソニックの洗顔美容器“濃密泡エステ”で、これまで以上に効果的なスキンケアを目 …

自分の遺伝子が化粧水に!? オーダーメイドの「美gene」で自分にぴったりのスキンケア!

遺伝子検査で作るオーダーメイドの化粧水である美geneについてご紹介します。 自 …

大人の女性に是非使って欲しいコンシーラーご紹介

30・40代でも意外と多いコンシーラー未体験者。「コンシーラーの使い方や選び方が …

美顔ローラーの中でも大人気のMTGリファカラット紹介!

ただコロコロするだけでも高い効果が期待できる美顔ローラーMTGリファカラットとは …

夏本番!強い陽射しを避ける日傘を買う前のチェックポイント

日傘選びに悩んだら、こんなポイントに注目! 帽子や日焼け止めのほかに、定番のUV …

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …