今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

スキンケアのテクスチャーはどう使い分ける?

しっとり?さっぱり?化粧品のテクスチャーはどうやって選ぶ?

5c63ac511fa4a01cd1d7e98ed3d3c527_s

Q.ローションやクリームのテクスチャーはどう使い分けたらいいですか?
とろっとしたローションやぷるぷるのクリームなど、色々なテクスチャーのものがありますが、テクスチャーによってどう使い分けたら良いのでしょうか?乾燥は気になりますがベタつくのは嫌なので、どうやってテクスチャーを使い分けたら良いか困っています。おすすめの選び方があれば教えてください。
【30代後半 会社員 Rさんからの質問】

A.手に取った時のテクスチャーは好みでOK 大切なのは肌にのせた後のテクスチャー
テクスチャーというのは化粧品自体のとろみや硬さを表す言葉であると同時に、肌にのせた時の質感を表す言葉でもあります。水のようなしゃばしゃばしたテクスチャーのローションならコットンに含ませてパッティング、とろみの強いローションはコットンになじみにくいのでハンドプレスでつけるのがおすすめです。

クリームはジェル状のぷるぷるしたものやゆるいテクスチャーならそのままつけて大丈夫。硬いテクスチャーのものは手のひらに広げて温めてからなじませると摩擦が起こりにくく肌の負担になりません。この化粧品自体のテクスチャーは配合成分によって多少違ってくるのですが、ここはあまり気にせずにお好みのテクスチャーのものを選んでOKです。

それより肝心なのは、肌にのせた後のテクスチャーについて。保湿タイプのローションやクリームはベタつきやテカりを気にする方から敬遠されがちですが、同じ保湿でもセラミドなのか、コラーゲンなのか、またはオイルなのかでテクスチャーは全く違ってきます。

自分の肌タイプに合わせて選ぶのが大切

テカりが気になりそうなオイルでも肌なじみの良いものならスッとなじんでベタつきもテカりもありません。大切なのは自分の肌のタイプに合わせた成分のローションやクリームを選ぶことです。化粧品のテクスチャータイプは大きくわけて「しっとり」と「さっぱり」にわけられます。傾向としては、しっとりタイプはとろみのあるテクスチャーで手のひらに肌が吸い付くようなもっちりした肌に仕上げるものが多いです。さっぱりタイプは水のようなさらっとしたテクスチャーで肌をサラサラに仕上げるものが多くなっています。

乾燥が気になる時や、肌のバリア機能が落ちていると感じる時(刺激を感じやすかったり、ニキビができやすい、肌荒れが治りにくい時なんかです)はしっとりタイプを。逆にベタつきやテカりが気になる時、皮脂過多でニキビができやすい時はさっぱりタイプをおすすめします。女性の肌はストレスやホルモンバランスなどでコンディションが乱れやすいので、その都度調整してみましょう。また、春夏はベタつきが気になり、秋冬はどうしても乾燥しやすいので、季節によってしっとりとさっぱりを使い分けるのも良いです。

表面はうるおっていても内部が乾燥しているケースも多いので、一度肌の水分量と油分量のバランスを見てもらうと自分にあったテクスチャーや保湿ケアの仕方がよくわかります。その他では、夜と朝でスキンケアのステップを変えてみるのはどうでしょうか?眠っている時は皮脂の分泌が減りバリア機能が低下しています。逆に日中は皮脂の分泌が活発になるため夜よりもうるおいが保たれています。

メイクのヨレや崩れが気になるのなら、朝使っているスキンケアの保湿力が高すぎるのかもしれません。朝はさっぱりタイプでメイクノリを良くし、夜はしっとりタイプで肌を守ってあげるというメリハリを付けたスキンケアもおすすめです。

        
        

  関連記事

家庭用脱毛器の中でもかなりの人気を誇るケノンを解説!

数ある家庭用脱毛器の中でも有名なケノンについてを紹介します。 家庭用脱毛器の中で …

ペーストより肌にやさしい石けん洗顔で、正しく上手に洗顔!

さまざまなバリエーションの中から自分にあった洗顔石けんを選ぼう “洗顔は石けん派 …

お肌の善玉菌を増やす整菌スキンケア「ヒューマンフローラ」とは?

乾燥、肌荒れ、敏感肌などの原因、悪玉菌を減らす新しいスキンケア きちんとスキンケ …

必見!ナチュラルで涼しげな大人の浴衣メイク!

ベースメイクは?アイメイクは?浴衣の時にぴったりなメイクのポイントをご紹介! お …

美白成分のアルブチンってなに?肌があまり強くない人にもおすすめ

アルブチンとはどういったもの?ハイドロキノンが合わない人は試してみては? 美白関 …

秋冬のケアこそ肝心!今までの美白ケアを台無しにする「シミ・リバウンド」にご用心

肌の乾燥がシミを悪化させる原因に!秋冬でも美白ケアはやめないで 春夏が来ると、美 …

一生懸命美白ケアしているそれ、日焼けじゃなくて赤ら顔かも!?

日焼けだと思ったら実は赤ら顔の可能性も…。赤ら顔とはなに? 出典:韓国ソウルOr …

24時間使えるフェイスパウダー!マキアージュ“スノービューティーⅡ”の予約受付がスタート

塗って寝たほうが綺麗になれる!?昨年の大人気アイテムが今年も登場! 出典:www …

【保存版!】乾燥から全身を守るポイント、赤ちゃんのようなうるぷる肌になるには!?

「えっ!乾燥がシワやシミの原因なの!?」乾燥は老化のサイン!シワやシミになる前に …

年齢がバレやすい唇のエイジングケア方法

唇のカサつきで年齢がバレてる!?ガサガサ唇をぷるぷるにする方法は? 唇は皮膚が薄 …