今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

【保存版】ココナッツオイル大特集!いつもの食事や美容に取り入れる方法を徹底調査!

あっというまに人気に火がついて、まさに「万能」の名を手にしたココナッツオイル。その効果や使い方をご紹介します。
coconuts

1.ココナッツオイルはなぜいいのか

04a02e57ad96d1403ec80612e40a3442_s

1-1 そもそもココナッツオイルとは?

ココナッツオイルの元となるココナッツは、熱帯地方に育つココヤシの木に実ります。繊維質の分厚い皮の中には胚乳があり、果実が熟していない時期はここに液体(ココナッツジュース)が入っています。胚乳が成熟していくと、液体を包む白色の果肉“固形胚乳”が大きくなっていきます。

この果肉部分を絞るとココナッツミルクが抽出され、さらに分離させ不純物を取り除くと、ココナッツオイル(ヤシ油)に姿を変えます。

coco

とても簡単に採取方法の手順を紹介すれば、以下のようになります。

①ココナッツ(果汁)の成熟
②固形胚乳(果肉)から圧搾
③抽出されたココナッツミルクを分離
④濾過

ココナッツジュースやココナッツミルクも体にいいと言われていますが、健康や美容に有用と言われる成分をぎゅっと凝縮させたココナッツオイルはより成分のメリットを実感できるアイテムとして注目を集めています。

1-2 ココナッツオイルに期待されていること

effect

抗酸化作用(アンチエイジング・生活習慣病予防)

ココナッツオイルに含まれている“ラウリン酸”には抗酸化作用があり、病気や老化現象の原因と言われている活性酸素を取り除いてくれます。同じように抗酸化作用が期待される成分として、ポリフェノールも豊富。また、ターンオーバーを働きもあり、美容面でも若々しさを保つサポートをしてくれるのです。

抗菌作用・免疫力アップ

ココナッツオイルは抗菌作用をもっています。インフルエンザやヘルペスなどのウイルス性の病気や、ニキビの原因菌であるアクネ菌など、美と健康を脅かす微生物にも効果的!

美肌・保湿効果

ココナッツオイルに含まれている“トコトリエノール”には、お肌を白く美しく保つ美肌効果も期待できます。口から摂取する以外に、お肌に塗る使用法もおすすめです。

また、ココナッツオイルにはお肌のカサつきを食い止めるビタミンEも含まれています。肌トラブルのほとんどは、お肌の乾燥が原因だといっても過言ではありません。ビタミンEは、うるうる肌を保ち、コンプレックスのない健やかなお肌へと促します。

代謝アップ・腸内環境改善・ダイエット

ココナッツオイルには様々なダイエット効果が期待されています。代謝を上げ痩せ体質へ導くと同時に、腸内環境を改善させポッコリお腹も解消。

「オイル=油、油=太るもの…」とイメージされがちですが、中鎖脂肪酸は、速やかにエネルギーへと変換される性質を持っているため、“痩せる油”とも表現されているのです。

1-3 中鎖脂肪酸がなぜカラダにいいのか

中鎖脂肪酸とは、ヤシ科の果実などに見られる天然成分です。私たちが普段口にする油は、ヤシ科以外にも様々な植物から採取されますが、ココナッツオイルは特に中鎖脂肪酸の占める割合の高い植物油として注目を集めています。中鎖脂肪酸の特徴を表にまとめました。

中鎖脂肪酸

分解・代謝スピードが速い

一般的に口から摂取された油は、血管やリンパ管を経由して脂肪組織や筋肉、肝臓に蓄積されます。カラダが活動する際にはエネルギーとして燃焼されますが、必要ない状態が続けば体内に溜まっていくのです。このポイントが、必要以上な油を摂取すれば太るというイメージに繋がっています。

ところが、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は血管などを経由することなくダイレクトに肝臓に運ばれます。そこで迅速にエネルギーに変換され、体内にとどまり続けることはありません。この長所から、ココナッツオイルは生活習慣病予防やアスリートの栄養補給に活用されています。

コレステロール、トランス脂肪酸ゼロ

天然成分であるココナッツオイルには、様々な病気リスクを高める事で知られるトランス脂肪酸を含んでいません。また、コレステロールもゼロ!安心して健康サポートに活かせるオイルです。

ラウリン酸で免疫力Up

ココナッツオイルに含まれる“ラウリン酸”には、優れた抗菌作用・抗炎症作用が認められています。体内では病原菌を攻撃し、免疫力アップを支えるとともに、お肌に塗ればアクネ菌にもアタック!健康面・美容面を健やかな状態に促してくれます。

脳の栄養、ケトン体を作れる

脳の栄養と聞くと、ブドウ糖が有名ですが、ココナッツオイルに含まれる“ケトン体”という成分も同じくエネルギーとなります。アルツハイマー病患者の場合、ブドウ糖を栄養としてうまく変換する事が出来きなくなり、脳はエネルギー不足に陥ってしまいます。この問題にアプローチするために、ケトン体を含むココナッツオイルが注目を集めています。ケトン体の摂取で、アルツハイマー病の方の記憶低下が改善されたという研究報告もあります。

1-4 ココナッツの美容効果

2015-05-26_134445

整腸作用で免疫力UP、風邪や病気の予防に

ココナッツには、腸の調子を整えてくれる作用があります。食物繊維やビタミン・ミネラルと、女性に嬉しい健康成分もたっぷり!ダイエット中の便秘解消や、便秘による肌トラブル改善などなど…、便通が元となって起こるコンプレックスも洗い流してくれます。

また、便秘は風邪などの病気を招く原因に関わっている事も。腸を整える事は、カラダの中から・外から、両方を健やかに導く鍵となるのです。

心も整う

心のリラックスや平穏に深く関わる“セロトニン”という神経伝達物質は、そのほとんどが腸で作られています。便通や腸の環境を整える事は、単純にダイエット効果や病気予防以外にも、心を整える役割も担っているということ。心に余裕を持ちたい時、ストレスに押しつぶされそうな時には、お腹のコンディションにも注目してみましょう。

保湿効果、抗酸化作用で乾燥や老化に負けない肌や髪を作る

ココナッツオイルの活用方法は、体内に摂取するだけではありません。お肌や髪のケアに、乳液やメイク落とし、ボディクリーム、ヘアパックに…。保湿効果や抗酸化作用を持つオイルだからこそ、カラダの内・外関係なくマルチに活躍してくれます。

2.体の中で好循環を生むココナッツオイル

good

2-1 ビューティーメカニズム。

抗酸化作用+ラウリン酸の抗菌作用+活性酸素ブロック=疲れにくく若々しいカラダに

ビタミンE、ラウリン酸、ポリフェノールなどなど…。ココナッツオイルには様々な抗酸化作用を持つ成分が含まれています。

私たちに老いを実感させる疲労や老化現象は、体内で発生する活性酸素によって引き起こされるもの。抗酸化作用とは、活性酸素の発生を食い止め除去することで病気や老化のスピードを遅らせようとする働きのことです。

加えて、ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、抗菌作用も併せ持っていて、病気の元となるウイルス性の病気やお肌のトラブルにアプローチし、体のコンディションを整える役割も担ってくれるのです。

オイルならではのバリア機能+抗炎症作用+浸透力=美肌・美髪に

ココナッツオイルは、お肌のバリア機能を正常に保ち、炎症を抑える働きが期待されています。また、十分に保湿が行き届くことでお肌は本来の柔らかさを取り戻し、化粧水や美容液の浸透力アップに繋がります。

そのため、アトピー性皮膚炎の改善に活用する方も少なくありません。

抗酸化作用+殺菌作用+保湿=お口のトラブル改善

ココナッツオイルの抗酸化作用、殺菌作用、保湿効果は、口内の悩みにも効果が期待されています。

2-2 オイル美容を始める前のポイント

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

質の高いオイルを選ぶ

ココナッツオイル選びでは、以下の3つのポイントに注意してください。

“低温圧搾”のものを選ぶ!

低温圧搾はコールドプレスとも呼ばれ、ココナッツが持っている栄養を傷つけることなく抽出する方法を指します。時間のかかる製法なので、大量に効率よくオイルを抽出したい作り手側にとっては好ましくありません。しかし、美と健康のためにココナッツの恩恵に授かりたい私たちにとっては、できるだけメリットを残した製法を選ぶべきですね。

“オーガニック認証”をうけたものを選ぶ!

ココナッツ独特の香りや色は、お料理の普段使いには適していません。そのため、ココナッツオイル作りには香りや色を消す工程があります。この工程で、薬品や添加物を使ってしまうケースもしばしば。安心して使える商品は、“オーガニック認証”を受けています。ココナッツオイル選びの際にはオーガニックに注目して選びましょう。

ココナッツの産地に注目する!

原材料となるココナッツの産地も重要です。ココナッツ生産国には、フィリピン、インドネシア、タイ、スリランカなどが有名ですが、中でもおすすめはフィリピン産。なんとフィリピンには“ココナッツ庁”という機関が存在し、国家をあげてココナッツの安全性や品質管理に力を入れているのだそうです。

2015-12-16_170201

肌の弱い人はパッチテストを行う

万能といえども、中にはお肌に合わないケースもあります。お肌の弱い方、顔に初めて使用する方にはパッチテストをおすすめします。

パッチテストの方法
①パッチテストは、二の腕や太ももの内側など、お肌の柔らかい部分で行う
②使用するココナッツオイルを、テストする部分に塗る
③その状態で24時間、かゆみや腫れなどのトラブルが起こらないかを観察
※お顔に使用する際には、顔の目立たない部分でも一度パッチテストをしてみましょう。
「ボディでは問題がなかったのに、顔に使ったら合わなかった」という方もいらっしゃるようです。

水分や不純物が入らないようにオイルの瓶は清潔に保つ

大きな瓶で販売されていることも多いココナッツオイルは、使い切るまでにある程度の時間を要します。そのため、環境によっては使っている最中にカビが生えてしまった!というケースも…。瓶の中に水分や不純物が混入しないように、清潔に使用する事をこころがけましょう。

固形化注意!洗面所などに流さずティッシュで吸い取ってゴミ箱へ

ココナッツオイルはおよそ20度から25度を下回ると、固形に変わってしまいます。使用後に洗面所に流してしまうと、蝋燭のロウのように固まりつまりの原因になってしまう恐れが。洗面所や排水溝に流さず、ティッシュに吸い取ってゴミ箱に捨てましょう。

2-3 フェイスケア・ボディケア活用術

85f750f25aa4ece86a07af2b1678493a_s

顔にココナッツオイルを使用する場合…

クレンジングオイルとして

スキンケアに使用するオイルといえば、クレンジングオイル!もちろん、ココナッツオイルで代用可能です。適量を乾いた素肌に優しくなじませるだけ。通常のクレンジングと同じ要領です。

洗顔後の保湿に活用

洗顔後の使用方法として迷うのは、「化粧水の前?後?どっち?」というポイント。じつは、どちらに使ってもそれぞれメリットが期待できます。化粧水前に使えば、ココナッツオイルがお肌を柔らかくし、化粧水の浸透を促す効果が期待できますし、化粧塩の後に保湿クリームとして活用するのもオススメ。

カラダにココナッツオイル

日焼け後のケアに

抗炎症作用があるので、うっかりひどい日焼けをしてしまった時には、そっと塗ってあげましょう。虫に刺された後のかゆみや腫れにも効果があります。
抗菌作用もあるので、擦り傷などにも使えます。

ボディークリームとして

バスタイム後の全身の保湿にも活用してみましょう。保湿や抗菌作用で、トラブルのないスベスベうるうる肌をかなえると同時に、ココナッツオイルに含まれるトコトリエノールが全身をくすみのない白いお肌へと導きます。

シェービング

ご主人や彼氏のシェービングにも、ココナッツクリームが大活躍!シェービングクリームとしてお肌に塗り込み髭を剃ると、剃刀負けせずツルツルになります。腕や足のムダ毛処理にも活用してみましょう。

ヘアケアに

ヘアパックでスペシャルケア

①ココナッツオイルを少し温めて(湯煎やレンジで)、透明な状態にする
②髪と頭皮に、たっぷりとオイルをぬる(痛みがきになる部分には、多めに塗りましょう)
③温めた蒸しタオルで髪と頭皮を包んで、1時間ほどそのままにする
④シャンプーで洗い流し、しっかりとすすぐ

プレシャンプー

バスタイムの前に、ココナッツオイルを使って頭皮マッサージしましょう。その後、髪と頭皮をタオルで包み、そのまま湯船でリラックスタイム。オイルの力で毛穴の汚れもさっぱりオフ!傷んでしまった髪のケアにもなり、一石二鳥です。

普段使いのトリートメントとして

洗い流さないトリートメントとして、ドライヤー後などに活用してください。ほんの少しのココナッツオイルを髪になじませて使用します。多すぎるとベタベタと脂ギッシュになってしまうので注意!

リップ&口腔ケアに

オイルプリング

①大さじ1杯のココナッツオイルを口に含みます
②グチュグッチュと、全ての歯にオイルが行き届くよう15分間うがいをします。
③オイルは冷めると固まってしまうので、吐き出す際には
洗面所ではなく、ティッシュに出してゴミ箱に。

ココナッツオイルで、簡単にリップバームを自作

①蜜蝋3g、ココナッツオイル12gを一つの(同じ)耐熱容器にいれる
②湯煎で溶かし、しっかりと材料をかき混ぜる
③リップバーム用の容器(なければ、小さめの容器を用意する)に注ぐ
④冷めると固形になり、リップバームの完成
※②の段階で、お好みのアロマオイルを1滴プラスすれば、香りも楽しめるクリームの完成です。

3.ココナッツオイルを使ったおいしいレシピ

d1a03153efb800bc76940dce924c740f_s

3-1 油をかえて健康になろう

カラダにいい油と悪い油には、どのような違いがあるのでしょうか?

カラダに悪い油として、有名な“トランス脂肪酸”。マーガリンやショートニングに含まれる油の種類で、生活習慣病を招く不健康な油として知られています。トランス脂肪酸は、私たちの体に全く必要のない存在。美味しさ重視で口にしてしまうシーンはあるでしょうが、できるだけ摂取を避けたい油です。

これに加え、気をつけたい油に“飽和脂肪酸”があります。疲れにくく丈夫な体を作る、カラダに必要な油ではあるのですが、過剰に摂取してしまうとやはり生活習慣病の引き金になっていしまいます。肉や乳製品、バターなどに含まれていて、食生活の欧米化に伴い私たちの生活に多く登場するようになりました。摂り方に注意したい油です。

じつは、カラダに良いと評判のココナッツオイルは飽和脂肪酸の一種です。ココナッツオイルがお肉や乳製品、バターと異なるポイントは、飽和脂肪酸の中でも“中鎖脂肪酸”に属している点です。

中鎖脂肪酸はカラダにとどまる事なく、エネルギーとして燃焼されやすい油なので、他の油とは異なり健康や美容に多くのメリットをもたらしてくれます。そのため、生活習慣病予防やダイエット目的で注目を集めるようになりました。

中鎖脂肪酸に加えて、“不飽和脂肪酸”も、カラダにいい油だと言われています。青魚やごま油、オリーブオイルなど、油の中でもヘルシーなイメージを持つ食品に含まれています。もちろんこれらも、過剰に摂取すれば不調や病気を引き起こす原因となってしまいますが、中には食品からしか摂取する事のできない“必須脂肪酸”も含まれており、健康のためにある程度の摂取が求められる、まさに“カラダにいい油”だと言えるでしょう。

このように、同じ油でも種類によって重要性や危険性が異なります。これまでと同じ献立でも、使用する油がどんなものなのかを意識するだけで病気や肥満のリスクを食い止める事ができるのです。健康的で美しいカラダ作りのために、普段使いの油を見直してみてはいかがでしょうか?

3-2 調理&食べるときのポイント

point

あげもの、炒め物におすすめ

ダイエットの天敵、揚げ物や炒め物にも使えます。ココナッツオイルは酸化しにくい性質をもっているので、時間が経っても揚げたてのサクサクとした食感に。

温度によって形状が変化するので、冷やして食べるおかずには適さない

ココナッツオイルは20度?25度を下回ると、白く固まってしまいます。冷やして食べるおかずの場合、バターのような形状に変化してしまうため、適していません。

1日大さじ2杯が目安

ココナッツオイルの摂取は、1日に大さじ2杯を目安に。“痩せる油”とはいえ、カロリーの過剰な摂取はオススメできません。大さじ1杯のカロリーは110kcalほどだといわれています。ほんの少しの量なので、毎日の習慣にも取り入れやすいはず!

朝摂るのがおすすめ

中鎖脂肪酸がエネルギーとして燃焼されるのは、食後およそ3時間ほどだといわれています。そのため、ココナッツオイルは、1日の活動をスタートさせる朝食での摂取がオススメです。

3-3 ちょいたしレシピをご紹介

名称未設定-5

トーストに

バターやマーガリンの代用としてココナッツオイルをトーストにon!ヘルシーな朝食で手軽に摂取しましょう。

コーヒーに

ホットコーヒーにココナッツオイルを小さじ1!ふんわり香るフレーバーコーヒーに…。アイスにするとコーヒーの表面にオイルが固まってしまうので、暖かい状態にinしてください。

おみそ汁に

和食にココナッツ…?と、抵抗を感じるかもしれませんが、お味噌汁はココナッツオイル摂取方法の中でも人気の高い調理法です。

ご飯を炊く時に

ご飯の量の3%のココナッツオイルを入れて炊飯します。炊きあがったお米を冷蔵庫で12時間ほど冷ますと…、なんとご飯のカロリーが50%ダウン!

また、抗酸化作用のあるアスタキサンチンを豊富に含むサーモンとの組み合わせはアンチエイジング世代の女性にぴったり!

        
        

  関連記事

アンチエイジングヘアケアの新提案、「エクイタンス イートリートメント」

出典:サンスター公式通販   サンスターが開発した「エクイタンス イー …

50年の歴史を持つシーボン.の魅力、ホームケア×サロンケアで美肌度アップ!

出典:株式会社シーボン   シーボン.は1966年に誕生して以来、50 …

アラサーアラフォーに大人気!ロクシタンの魅力大分析!

出典:ロクシタン公式通販   アラサーアラフォーに大人気のロクシタン。 …

年齢を重ねてもキレイな秘密は『成長ホルモン』

成長ホルモンを上げると若返る!?成長ホルモンの概要と成長ホルモンを上げるポイント …

乾燥しないための洗顔方法『泡洗顔』のやり方をチェック!

いよいよ冬本番!泡洗顔でうるおい美肌をキープ 紅葉で色づいた葉も散り始め、風の冷 …

秋のゆらぎ肌の正体は『バリア機能の低下』、血行を改善して元気な肌へ!

夏の肌ダメージは秋のスキンケアで改善させて冬を迎えよう 紫外線やテカりが気になる …

紫外線がもたらす肌への影響は甚大!光老化を防ぐためにすべきことは?

健康を保つうえで日光を浴びることはとても大切なことです。ですが、紫外線対策をしな …

本当に若々しい年齢不詳美人になるにはパーソナルカラーの活用を!

「若づくり」と「若さ」の勘違いって、どこから生まれるの? スキンケアやファッショ …

その日のコンディションだけのせいじゃない!ファンデの浮く理由と対策方法について

なぜファンデが浮いてしまうのか?その原因とアプローチ方法を紹介します。 ファンデ …

アンチエイジングに効果的な成分ベスト3はコレ!

コラーゲン、ヒアルロン酸、EGFで若返り! Q.アンチエイジングに効果的な成分に …