今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

脱・香水ブス!失敗しない香水の選び方・付け方について

香水選びで失敗しないためのポイントや、TPOをわきまえた付け方について紹介します。
2015-12-09_152808
店頭のテスターで試した時には「これだ!」と思ったのに、いざ使用してみるとイメージと違う香りだった…。

そんな方へ、香水選びで失敗しないためのチェック項目を紹介します。

香水の種類ごとに、香る時間の長さが違うって知ってた!?

香水のパッケージを見ると、「オーデコロン」や「オードトワレ」といった記されているはず。実はこの記載から、香水の濃度や香る時間の長さを判断することができるのです。

香水選びの前に、まずは4つの香水の違いを理解しておきましょう。

《パルファン・パルファム(Parrfum)》香る時間の長さ:5時間~半日ほど

4種類の中でも、もっとも香りが強く長持ちします。本来“香水”とは、このパルファンだけを指しますが、流通しているものは数少なく、種類も限られています。

《オーデパルファン・オーデパルファム(Eau De Parfum)》香る時間の長さ:4〜5時間ほど

“オーデ(Eau De)”とは、フランス語で“水”を指し、同時に薄い香水であることを表しています。つまりオーデパルファンは、パルファンよりも薄い(濃度の低い)香水を指しているという事。とはいえ、以下に紹介するオードトワレやオーデコロンと比較すればはるかに香りは強く、重厚感のある香りが長続きします。

《オードトワレ(Eau De Toilette)》香る時間の長さ:3時間ほど

世に出回っている香水のうち、もっとも多くの種類が存在するのがオードトワレです。オーデコロンよりも主張があり、かつオーデパルファンよりもライトな付け心地。

《オーデコロン(Eau De Colonge)》香る時間の長さ:1〜2時間ほど

4種類のうち、もっとも濃度が低く、ソフトな香水です。一番リーズナブルで、お財布に優しいというメリットもあります。

参考

pafumeClass2

出典:kousuimarisol

香水は、肌に直接つけて2時間ほど香りの経過を見極めるべし!

店頭に置いてある香水のテスター。シュッと一吹きし、その場で気に入ったものを購入していませんか?

香水の香りには、つけた瞬間の“トップノート”から、10分ほど後に始まる“ミドルノート”、香りが消える前に残る“ラストノート”と、時間の経過によって3種類の変化を遂げていきます。店頭でシュッ!とした瞬間にわかるのは、このうちトップノートのみ。

少なくとも2時間ほど香りの経過を見極めて、イメージにマッチした香りかをチェックしましょう。

さらに、同じ香水でも、体温や体質によって香り方が異なってきますので、テスターはお肌に直接吹きかけて確かめるといいでしょう。

脱・香水ブス!大人が身に付けたい香水のhow-to

せっかく素敵な香りでも、付け方を間違えるとあなたのイメージが台無しに…! 香水ブスになってしまわないためには、まわりを気遣う大人の余裕も大切です。

TPOをわきまえて!強い香りが望ましくない場とは?

他人と密着する恐れのある場(満員電車など)

強い香りが苦手な人にとって、満員電車で出会う香水強い系女子は拷問のような存在。素敵な香りであったとしても、すべての人に受け入れられる訳ではないと理解しましょう。

食事をする場(レストランなど)

香りも料理の一部です。食事を楽しんでいる人にとって、強い香水の香りは好ましくありません。食事の際の香水は、料理の邪魔をしないソフトなものをチョイスするように心がけましょう。

祭儀場

祭儀場で香る香水は、不謹慎なイメージを与えてしまいます。厳かな雰囲気に合わせ、香水の使用は避けてください。

香水をつける位置をコントロールして、シーンごとに香るオンナを演出!

同じ香水でも、体温の高い場所・低い場所で香り方は異なります。ふんわりソフトに香ってほしいオフィスシーンや、デートで気合を入れたい勝負使いなどなど、香水をつける位置でシーンにマッチした香り方をコントロールさせましょう。

  • デートや合コンで!シッカリ香ってほしい場合→うなじや耳のうしろ、両手首の内側 などの上半身
  • オフィスシーンや普段使いに…ソフトな香りに抑えたい場合→内太もも、ヒザ裏、足首 などの下半身

香水を付けている女性は、とっても魅力的。しかし、選び方や付け方にミスがあれば、“ケバい臭いの勘違い女”、“場をわきまえられない不謹慎な人”などといった、不名誉な印象を持たれてしまうきっかけにもなり得るものです。

失敗しない香水の選び方・付け方がわかれば、明日からあなたも香水美人!香るイイ女をスタートさせてみませんか?

        
        

  関連記事

今最先端のメイクはクボメイク!その全貌を知りたい!

個性的なチーク使いで世間をアッと言わせたおフェロメイク。そのおフェロメイクがさら …

レヴール・メルサボンの生コスメはシャンプー・ボディウォッシュ!

酸化を抑えたシャンプー・ボディウォッシュなら生コスメがおすすめ 生コスメと呼ばれ …

年齢がバレやすい唇のエイジングケア方法

唇のカサつきで年齢がバレてる!?ガサガサ唇をぷるぷるにする方法は? 唇は皮膚が薄 …

同じ年齢でも見た目に差がつくのはなぜ?どうしたらいいの?

肌、体型、姿勢、髪、等を維持することが重要 Q:なぜ見た目が若い人と、老けている …

大人の乾燥肌・敏感肌は【バランシングゲル】で高保湿なセラミドケアを!

@コスメ《オールインワン化粧品部門》1位!リピーター続出の高保湿オールインワンゲ …

地黒でも白くなれる?おすすめの美白対策紹介

もともと肌が黒いからといって諦めないで!美白ケアをすれば肌は明るくなります!! …

その日焼け止め、使用期限は大丈夫?お肌のためには新しい日焼け止めを!

去年の日焼け止めは使って大丈夫? 夏が終わると日焼け止めを使う頻度はぐっと少なく …

本格的なエイジングケアのためにノエビア505薬用スキンローションに注目してほしい5つの理由

お肌が乾燥したるみが気になってくると、本格的にエイジングケアを考えますよね。おす …

クレンジングの基本~種類とメリット・デメリット~

クレンジングでメイクをしっかり落としてうるおう肌へ 1日のメイクをキレイに落とし …

秋冬のケアこそ肝心!今までの美白ケアを台無しにする「シミ・リバウンド」にご用心

肌の乾燥がシミを悪化させる原因に!秋冬でも美白ケアはやめないで 春夏が来ると、美 …