今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ちょっと待った!その乾燥、間違ったW洗顔が原因かも?

間違ったW洗顔をしていませんか?今すぐチェック
baf0269e4d922d604b86bd4f25894db1_s
W洗顔とは「クレンジングを使ってメイクを落とした後に、洗顔料で顔を洗うこと」です。洗顔料で2回洗うことではなく、メイクをした日などの洗顔行為です。実はそのW洗顔が乾燥の原因になる場合もあるのです。

洗顔はメイクや汚れ、老廃物を除去し肌を清潔にして、化粧水や美容液の浸透をよくするためにも重要なステップです。ただし間違った洗顔行為は逆効果。

W洗顔でメイクを落とすことは大切ですが、それによって乾燥肌肌を引きおこすのは本末転倒ですよね。肌は個々人で異なりますし、体調や季節によっても変化します。正しいW洗顔で肌の健康を守りましょう。

そもそもなぜW洗顔するの?

日焼け止めや化粧下地、また汗に強いウォータープルーフのメイクアイテムなどは、肌に密着しがちで通常の洗顔では落としきれません。そのため油分の除去ができるクレンジング剤が必要になります。ただしクレンジングには洗顔料のような古い角質を落とす機能はないので、W洗顔が必要になるのです。

もともと油汚れも落とせる洗浄力が強い洗顔料が主流の海外では、クレンジングはあまり活用されていないそうです。W洗顔は汚れに応じて使い分けできるのがポイントといえそうですね。

W洗顔不要のアイテムも急増中

最近ではW洗顔不要のアイテムも増えてきました。内容的には「洗顔もできるクレンジング」と「クレンジングもできる洗顔」の2種類があります。どちらも「W洗顔不要」の記載が必ずあるので、チェックしてくださいね。

「洗顔もできるクレンジング」は、以前はメイクの落ちが悪かったり、価格が高かったりしたようですが、今では品質改良も進んで、洗浄力と肌への優しさを併せ持つ商品も数多く販売されています。ジェルやクリーム、ローションタイプなどバリエーションも広がっています。ただし固形バームを使ったオイルベースのものが多いので、脂性肌の方は注意する必要があります。

「クレンジングもできる洗顔」は、洗浄成分に油分を落とす機能を追加したものです。こちらも剤型はさまざまですが、いずれも洗浄力が強いので、メイクをしない時の洗顔にも使う場合は、肌タイプや肌の調子によっては注意が必要です。

高価な美容液を使わなくても”すっぴん美人”に! ヒントはクレンジングの見直しにありました

乾燥肌におすすめの洗顔方法は?

乾燥肌の大敵は刺激と摩擦です。できれば一度思い切ってW洗顔をやめて、肌質にあった「W洗顔不要」アイテムを選んではいかがでしょうか?

油を落としすぎず、肌への刺激が少ない、肌にやさしい成分で、美容液成分などで保湿強化をうたったものがよいでしょう。「洗顔もできるクレンジング」か「クレンジングもできる洗顔」かで悩むかもしれませんが、乾燥がひどいようなら前者がおススメです。

オイルタイプのクレンジング洗顔なら、オイルマッサージ感覚で皮脂やバリア機能を残しながらメイク汚れを落とせます。日々進化しているアイテムなので、口コミなどもチェックしてくださいね。

洗顔後もたっぷりの化粧水や美容液で保湿を補ってください。パックもよいですね。

        
        

  関連記事

美白ケアで消えないクマは「アイキララ」でコラーゲンケアするのが正解だった!

老け顔を加速させる目元のたるみは皮膚の痩せが原因!正しくケアを! 年齢とともに目 …

拭き取り化粧水は正しく使おう!NGの使用方法とは?

拭き取り化粧水によるお肌への影響について みなさんも日々のスキンケアの中で、必ず …

秋冬のケアこそ肝心!今までの美白ケアを台無しにする「シミ・リバウンド」にご用心

肌の乾燥がシミを悪化させる原因に!秋冬でも美白ケアはやめないで 春夏が来ると、美 …

目元のシワを自分で作っていませんか?シワを作る5つの悪い習慣

ちょっとしたひと手間で目のシワが変わります 鳥の足跡のような目尻のシワやクマみた …

ポーラ オーラルホワイトエッセンスで自宅でオーラルエステしよう!

週1回のスペシャルケアでより美しく若々しい口元を! 口元はその人の第一印象を左右 …

女性に育毛剤をおすすめする理由!若見えのポイントは根元のふんわり感にあり

女性向け育毛剤の効果やおすすめの商品をご紹介します。 薄毛の問題は、男性だけのも …

40代乾燥に悩む女性向け高保湿スキンケアならPOLAのモイスティシモを要チェック

ポーラでは、色んなラインで商品が販売されており、自分にぴったりのラインを選んで組 …

見た目年齢+10歳!? マリオネットラインでブルドッグ顔にならないために!

たるみを防いで、表情筋を鍛える習慣をつけよう 「マリオネットライン」-なんだか可 …

美白成分のアルブチンってなに?肌があまり強くない人にもおすすめ

アルブチンとはどういったもの?ハイドロキノンが合わない人は試してみては? 美白関 …

吹き出物や肌荒れ…もしかしたら顔ダニが原因?

顔ダニとはどんなもの?増えすぎた場合の駆除方法は? しっかりスキンケアをしている …