今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ちょっと待った!その乾燥、間違ったW洗顔が原因かも?

間違ったW洗顔をしていませんか?今すぐチェック
baf0269e4d922d604b86bd4f25894db1_s
W洗顔とは「クレンジングを使ってメイクを落とした後に、洗顔料で顔を洗うこと」です。洗顔料で2回洗うことではなく、メイクをした日などの洗顔行為です。実はそのW洗顔が乾燥の原因になる場合もあるのです。

洗顔はメイクや汚れ、老廃物を除去し肌を清潔にして、化粧水や美容液の浸透をよくするためにも重要なステップです。ただし間違った洗顔行為は逆効果。

W洗顔でメイクを落とすことは大切ですが、それによって乾燥肌肌を引きおこすのは本末転倒ですよね。肌は個々人で異なりますし、体調や季節によっても変化します。正しいW洗顔で肌の健康を守りましょう。

そもそもなぜW洗顔するの?

日焼け止めや化粧下地、また汗に強いウォータープルーフのメイクアイテムなどは、肌に密着しがちで通常の洗顔では落としきれません。そのため油分の除去ができるクレンジング剤が必要になります。ただしクレンジングには洗顔料のような古い角質を落とす機能はないので、W洗顔が必要になるのです。

もともと油汚れも落とせる洗浄力が強い洗顔料が主流の海外では、クレンジングはあまり活用されていないそうです。W洗顔は汚れに応じて使い分けできるのがポイントといえそうですね。

W洗顔不要のアイテムも急増中

最近ではW洗顔不要のアイテムも増えてきました。内容的には「洗顔もできるクレンジング」と「クレンジングもできる洗顔」の2種類があります。どちらも「W洗顔不要」の記載が必ずあるので、チェックしてくださいね。

「洗顔もできるクレンジング」は、以前はメイクの落ちが悪かったり、価格が高かったりしたようですが、今では品質改良も進んで、洗浄力と肌への優しさを併せ持つ商品も数多く販売されています。ジェルやクリーム、ローションタイプなどバリエーションも広がっています。ただし固形バームを使ったオイルベースのものが多いので、脂性肌の方は注意する必要があります。

「クレンジングもできる洗顔」は、洗浄成分に油分を落とす機能を追加したものです。こちらも剤型はさまざまですが、いずれも洗浄力が強いので、メイクをしない時の洗顔にも使う場合は、肌タイプや肌の調子によっては注意が必要です。

関連記事

乾燥肌におすすめの洗顔方法は?

乾燥肌の大敵は刺激と摩擦です。できれば一度思い切ってW洗顔をやめて、肌質にあった「W洗顔不要」アイテムを選んではいかがでしょうか?

油を落としすぎず、肌への刺激が少ない、肌にやさしい成分で、美容液成分などで保湿強化をうたったものがよいでしょう。「洗顔もできるクレンジング」か「クレンジングもできる洗顔」かで悩むかもしれませんが、乾燥がひどいようなら前者がおススメです。

オイルタイプのクレンジング洗顔なら、オイルマッサージ感覚で皮脂やバリア機能を残しながらメイク汚れを落とせます。日々進化しているアイテムなので、口コミなどもチェックしてくださいね。

洗顔後もたっぷりの化粧水や美容液で保湿を補ってください。パックもよいですね。

        
        

  関連記事

レーザーによるエイジングケアを自宅で手軽に!「トリアスキンエイジングケアレーザー」

クリニックでしかできなかったレーザーケアができるエイジングケア美顔器 ↓今すぐ公 …

「Viageビューティアップナイトブラ」ならバストアップもハリも叶う!

バストの悩みはクーパーじん帯が原因…ナイトブラでじん帯を守ろう ↓寝ている間もバ …

海外でも大人気!『ラピッドラッシュ』まつ毛美容液がスゴい

アメリカ生まれのまつ毛美容液『ラピッドラッシュ』について、その効果や、安全に購入 …

コスメは無添加にこだわりたい!そんな人へブルークレールをお勧めする5つの理由とは

基礎化粧品は毎日使うものですし成分や配合にこだわる人も多いはず。特に無添加でオー …

オールインワン型乳液!ラウディのクリーミィモイストミルクとは?

あえて、化粧水以外をまとめたクリーミィモイストミルクでお手軽スキンケア! エイジ …

ベルタプエラリアで女子力アップ!女性らしいセクシーボディ作りをサポート

上質なプエラリアを摂りたいならベルタプエラリアがオススメ 女性らしい体というのは …

アトピー肌さん必見!植物由来成分100%!洗顔後はこれだけでOKの美容液「ココメロ」

思わずさわりたくなる肌へ…乾燥・小じわ・ハリ・弾力のエイジングケアにも 肌につけ …

毛穴の開き、涙袋、法令線が目立ってきたら顔がたるみはじめてるサイン

保湿、マッサージで内側から活性化させリフトアップを! しわやしみと並ぶ三大加齢現 …

日焼け止めを選ぶときのポイントはSPF・PA値とノンケミカルかどうか

SPF?PA?ノンケミカル?日焼け止めの基礎知識 紫外線は1年中降り注いでいて、 …

シミになりやすい時期がある?生理前は紫外線に注意!

肌が敏感になる生理前は紫外線の影響も受けやすい 春から夏にかけては紫外線を気にし …