今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

マスカラやライナーをブラウンに変えるだけの若返りメイク

黒いアイメイクは老けて見える!?大人の女性はブラウンで優しい雰囲気を演出

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s

『大人の女性にとってメイクはマナー』と言われるほど必要不可欠。また、メイクは肌を明るく見せたり、目を大きく見せてくれる効果もあり、「少しでもキレイになりたい!」と思う女性はメイクの研究も熱心にされていることと思います。ただ、メイクにも流行があるのでいつまでも自分が若い時と同じメイクをしていると流行おくれで野暮ったくなってしまいますし、年齢に合わせたメイクをしていかないと無理な若作りをしていると思われてしまいます。

大人のメイクは流行を取り入れつつ、歳相応の落ち着きを感じさせ、それでいて美しく見えることがポイント。若い時のように「キレイになれば、かわいくなればOK!」という足し算のメイクとは違うのです。ここ最近の流行は「ナチュラル感」「抜け感」を意識したすっきりとした雰囲気のメイク。ファンデを重ね付けしたり、黒のアイラインで目を囲い、ボリュームマスカラやつけまつげで目を強調しまくるメイクはもう時代遅れです。

ナチュラル感を演出するベースメイクについては他のページで説明しましたので、今回は人柄の印象まで左右してしまう『アイメイク』について大人の女性を美しく見せるメイクテクニックをご紹介します。

ブラウンで優しい雰囲気を演出

アイメイクと言えば、黒のアイライナーで目元を引き締め、漆黒のマスカラでマツゲにボリュームと長さを出していくのが定番。ところが、黒にはギュッと引き締める効果があるため、濃いラインを引いたり、ぐるっと囲ってしまうと引き締め効果で目を小さく見せてしまいます。

年齢を重ねると、目元のたるみによって目じりが下がって目も小さくなりがちなのに、目元を黒で引き締めてしまうのはNGメイク。そこでおすすめしたいのが『ブラウン』です。ブラウンは黒と違って膨張する色。アイメイクに使用すると目を自然と大きく見せてくれる上に、黒より柔らかい色味なので目元をキツクせず優しい雰囲気を演出してくれます。

メイクステップ

アイホール全体にパール感やツヤ感のある明るいアイカラーを

年齢とともにアイホールがくぼみんで影が出やすくなるので、ハイライト効果のある明るい色のアイカラーでまぶたにふくらみを持たせます。おすすめカラーはホワイト、ピンク、オレンジ系のカラー。ラメの大きいものではなく、絹のような上品な光沢のあるカラーを選びましょう。

シミがくすみが目立つ時はアイカラーベースや肌よりワントーン明るいコンシーラーでカバーしておきます。アイカラーベースを使用するとアイカラーのもちが良くなるので一つは持っておきたいアイテムです。また、目元のたるみが気になるようであればメイクの前に目元をほぐすように軽くマッサージを。

締め色にはブラウンカラーをで柔らかい印象を

ブラウンのアイカラーを上まぶたの際にのせていきます。一重や奥二重でアイカラーが見えにくいという方は、ぼかしながら幅を広くのせて行くと自然な仕上がりになります。

幅を広くしすぎてしまうとやりすぎ感が出てしまうので、目を開けた時に少し締め色が見える程度に調整します。下まぶたの際にも目じりから1/3程度薄くのせると目じりがキュッとしまった印象になり、たるみをカバーしてくれます。

まつげの隙間を埋めるようにブラウンアイライナーを入れる

太く入れるのではなく、できるだけ細く、まつげの隙間を埋めるようにブラウンアイライナーでアイランをひいていきます。黒ではなくブラウンを使うことで目元をしっかり強調しつつ柔らかい印象に仕上げてくれます。

下まぶたにハイライトを入れて目元を明るく

下まぶたの際に、目頭から1/3程度ハイライトを入れていきます。アイホールに使用したアイカラーと同じような上品なツヤ感のあるものでベージュ系の肌なじみの良い色を選ぶのがおすすめ。下まぶたがたるんで涙袋が目立つようならピンクは避けましょう。ピンクには膨張効果があるため涙袋を強調し、より老けた印象にしてしまいます。

ブラウンマスカラでまつげ

マスカラはボリュームタイプではなくロングタイプを選び、長く美しいまつげを作っていきます。ここでも黒ではなくブラウンを使用すると、目元をさらに柔らかく明るくしてくれます。

アイブロウもブラウンで流行のふんわり眉に

眉に量があり形が整えられているならブラウンのブロウマスカラのみでOK。眉が少ない、短いならブラウンのパウダーブロウとブロウブラシを使用して眉を仕上げていきます。眉頭から眉尻にかけて、太めのラインでふんわりと眉を作っていくのが今風のふんわり眉に仕上げるポイント。

目元の悩みをハイライトでごまかす

眉尻の下にある骨にそってハイライトを入れると眉下のくぼみをごまかせ、目元に立体感を出せます。目頭にくの字にハイライトを入れるとくぼみによる影を光で飛ばして目元が明るくなり、目尻にくの字にハイライトを入れると目元の立体感と小顔効果が得られます。また、目の下のくぼみにピンク系のハイライトを入れると、ピンクの膨張効果でふっくらとし、光が影を飛ばしてくれます。

このメイクの注意点はやりすぎないこと。せっかくふんわりした優しい雰囲気を演出しているのに、アイカラーやアイライナーが濃すぎると目がくぼんで見え、ハイライトがきつすぎると顔がギラギラしてしまいます。できるだけ自然光の下で色味を確認しながらメイクしていくと、優しい雰囲気とともに流行のナチュラル感や抜け感のある旬顔を作れます。ぜひ実践してみてくださいね!

        
        

  関連記事

柔軟、ふき取り、収れん化粧水、しっかり使い分けできてますか?

保湿だけじゃない!角質を落としたり毛穴を引き締めたり、進化する化粧水たち 化粧水 …

ヘルシーグロー肌ってなに?最旬トレンドのメイクを紹介!

ヘルシーグロー肌でナチュラルに美しく健康的な肌を目指す 2016年の肌トレンドと …

塩洗顔でつるすべ美肌実現!めざせ・毛穴レス・ニキビレス美人!

塩で顔を洗う?塩洗顔で知っておきたい効果と注意点 “つるつる美肌になれる!”と、 …

毛穴の開き、涙袋、法令線が目立ってきたら顔がたるみはじめてるサイン

保湿、マッサージで内側から活性化させリフトアップを! しわやしみと並ぶ三大加齢現 …

乾燥してるわけじゃないのに髪がパサついてフケがでるのはどうして?その原因と改善する方法とは?

冬は肌と同じで髪も乾燥しやすくパサつくと感じる人も多いはず。でも、冬じゃないのに …

春は敏感肌発動シーズン。花粉や紫外線に負けないエイジングケアを!

春に肌が敏感になりやすい理由 「冬は乾燥対策、夏は日焼け対策」というのはもう昔の …

美白するって何?有効成分が配合された化粧品を選ぼう

美白をするといっても何から始めたらいいのかわからない方へ 肌のシミやくすみが気に …

芸能人にも人気、話題の「洗わない洗顔」って本当にいいの?

肌の状態に合わせた使い分けが大切、賢く洗顔して素肌力を高めよう 石田ゆり子さんや …

いますぐ使い始めたい!ハトムギ化粧水のすごすぎる効果5つ

安くて良いものってたくさんありますが、ハトムギ化粧水はその中でも群を抜いてお勧め …

表情ジワ?乾燥ジワ?あなたのシワはどったいのタイプ?

表情ジワと乾燥じわの見分け方と予防、改善方法 30歳を超えると急に気になってくる …