今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

今最先端のメイクはクボメイク!その全貌を知りたい!

個性的なチーク使いで世間をアッと言わせたおフェロメイク。そのおフェロメイクがさらに進化したクボメイクが流行の兆しです。早速試してお友達に差をつけましょう。
2016-01-18_190836

出典:instagram

次々と変化していくメイクのトレンド。最近話題のメイクといえば印象的なチーク使いのおフェロメイクですよね。そして今新しいメイクトレンドに敏感な女性に支持されてきているのが新しいタイプのオフェロメイクでもあるクボメイクなんだそう。

クボメイクとは一体何?

さて、ここで一体クボメイクとは何なのか解明してきましょう。クボメイクというのは、美容の最先端を行く青山のヘアサロン「AnZie」のクリエイティブディレクターである久保雄司さんによって生み出されたメイクなんです。

クボメイクのポイントとは?

クボメイクのいちばんのポイントは「生」感です。おフェロメイク特有の血色感はもちろんのこと、さらにそこへプルプル感やツヤ感を出しているのが特徴なんです。

クボメイクで使用しているアイテムのほとんどがお手頃価格でゲットできるものばかりというのも見逃せません。流行に敏感な女性のお財布事情は結構厳しいものですし、プチプラで旬の顔をゲットできるなら嬉しいですよね。

クボメイク御用達コスメをご紹介

アイシャドウ

クボメイクでは。ほんわか色づいているような目元が印象的。そんな目元を作るのに欠かせないのがADDICTIONの「ザ アイシャドウ」です。一色づつバラ売りなので気に入ったカラーを揃えて自分だけのパレットを作ることができます。クボメイクの人気で、ADDICTIONの店舗でもクボパレットとして紹介されていることも!

リップクレヨン

RMKのリップクレヨン01というアイテム、これ何とクボメイクではアイメイクに使用しています。涙袋に乗せてあげることで血色感とツヤでふっくらとした涙袋が出来上がるんだそうです。もちろんリップに使用してもOKですし、これはゲットしたいですね。

ルミナイザー

肌の質感をツヤと潤いに満ちた感じにするのがクボメイクのポイント。そのために、rms beautyのルミナイザーを使用しています。ツヤっとしたクリームにすごく繊細なラメが入っているので、Tゾーンや眉、上唇やあごなどに塗ることで自然なツヤ感と明るさ、透明感が完成します。

チーク

おフェロメークではチークは肝心要のアイテムですよね。クボメイクではrms beautyのリップチークのスマイルというカラーを愛用しているようです。名前の通りリップに塗ってもOKなのは嬉しいですよね。

クボメイクを今すぐ実践したくなったあなた、まずは何か一つアイテムをプラスしてみて実践してみるといいかもしれません。クボメイクの久保さんのインスタグラムでは、実際にクボメイクを動画などでチェックできます。

血色と透明感、そして生感を重視したクボメイクでさらに女子力が上がりそうですね。

        
        

  関連記事

気になる目元の印象を若返らせる「ヒアロディープパッチ」

マイクロニードルが肌に直接ヒアルロン酸を注入、小じわを解消 「ヒアロディープパッ …

肌がきれいに見えるリキッドファンデーションの探し方&塗り方をご紹介

ただファンデーションを厚塗りしても美肌は作れません。ポイントについてご紹介します …

保湿ケアを忘れてない? 紫外線対策に保湿が重要な3つの理由

保湿ケアでUVカット効果をアップ 温かくなってくると、汗や皮脂の分泌量が増えてベ …

肌のハリを目指すなら美顔器「エミリーストーン ワン」が効果的!

美顔器エミリーストーン ワンが自信の持てる素肌作りをサポート! エミリーストーン …

乾燥は一番の大敵!肌が乾燥する原因とは?

間違ったフェイシャルケア、続けていませんか? 顔の若々しさを決めるのは、ぷるっと …

日焼け止めを選ぶときのポイントはSPF・PA値とノンケミカルかどうか

SPF?PA?ノンケミカル?日焼け止めの基礎知識 紫外線は1年中降り注いでいて、 …

【必見バストケア】お肌だけじゃない!30代はお乳の曲り角にも要注意!

一度垂れたバストは一生戻らない!? 加齢によってバストの形が変わったり、垂れたり …

スキンケアのテクスチャーはどう使い分ける?

しっとり?さっぱり?化粧品のテクスチャーはどうやって選ぶ? Q.ローションやクリ …

1日3粒!高濃度水素サプリ「アクアシャイン」でエイジングケア

水素水の約18倍の高濃度!これからの水素ケアはサプリメントで なんとなくスッキリ …

【保存版】除毛石鹸が話題!お風呂で体を洗うついでに手軽にムダ毛対策!

女子力を高めるためにツルスベの肌を目指すことは欠かせません。しかし、面倒なムダ毛 …