今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

いぼの種類と原因について。基本的な治療方法は?

なぜいぼはできる?種類などについて詳しくご紹介します。
0ec2cc3670e83148d2d0c27e275dfd30_s
美肌を心がけていたとしても、いぼができてしまうことがあります。いぼの中にはかなり大きくて目立つものもあるため、とても気になってしまいますよね。

いぼの種類と原因についてご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

いぼができる原因とは

種類によって原因は違いますが、大きな原因となるのがウイルスの感染によるものです。ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウィルス)というウイルスに感染するといぼができてしまいます。

ほとんどの場合は放っておいても自然治癒するのですが、他の場所に感染してしまったり、悪性のものが発生する可能性もあるため注意しなければなりません。そのうち治るだろうと放置してしまう方も多いようですが、できるだけ早めに治療をしましょう。

残念ながらウイルスの感染経路についてはまだ明らかになっていません。ヒトパピローマウイルスは100種類以上もあるウイルスであるため、それらすべての感染経路を特定するのは非常に難しいことだといえるでしょう。

外からの感染だけでなく、体内の免疫力が低下した際にもともと体の中に存在していたヒトパピローマウイルスによっていぼが発生してしまうこともあります。

いぼの種類

いぼにはいくつかの種類があります。その中でも代表的なものを紹介するので、すでにいぼができてしまった方はどれに該当するのかチェックしてみましょう。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

最も一般的ないぼです。傷ついてしまった部分にできるいぼで、丸く突起しているのが特徴になります。初めは1ミリほどの小さなものなのですが、徐々に大きくなり、表面が灰色になることが多いです。

足の裏にできたものは足底疣贅(そくていゆうぜい)と呼ばれ、魚の目と勘違いしてしまう方もいます。魚の目との大きな違いは、削ると出血するということ。ただ、できてから時間の経った尋常性疣贅は角質が厚くなるために削っても出血しないことがあり、その場合には判断が難しくなってしまいます。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

年寄りいぼや脂漏性角化症とも呼ばれる種類で、主な原因は加齢によるものです。手のひらや足の裏以外の様々なところにできるという特徴を持っています。色や形も様々で、ほとんどは良性のものなのですが、悪性のガンである可能性もゼロではないため、気になるものは医師に相談した方が良いですね。

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)

水いぼとも呼ばれるタイプのいぼです。他のものに比べてやわらかいのが特徴で、いぼが破けるとウイルスが飛び散る形になってしまいます。

そのため、子どもがプールなどで感染し、伝染性軟属腫を発生させてしまうことも珍しくありません。一度に複数のいぼができるのも大きな特徴であるため、そういったいぼを見つけたら周囲への感染を防ぐためにも早めに治療に取り組みましょう。

尖圭コンジローム(せんけいコンジローマ)

性器にできるいぼで、トサカのような形状が特徴です。性病でもあり、再発しやすいため、気づいたら早めに治療を始めなければなりません。1~3ヶ月ほどの潜伏期間があるだけでなく、初期の自覚症状はほとんどないため、気づけない方も多いようです。

症状が進行すると悪臭を放つため、そこで気づく方もいます。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)とも呼ばれるタイプのいぼです。ここからもわかるように、青年と呼ばれる年代に発生することが多いという特徴を持っています。

薄い褐色をしていてやや隆起しているいぼなのですが、成長していく中で自然治癒していくものがほとんどです。気になる場合は医師に相談しましょう。

いぼの除去方法について

悪性のものでなかったとしても目立つから、気になるからという理由でいぼを除去する方は多いです。病院ではレーザーや液体窒素、内服薬を使った治療が行われているので、医師と相談しながらどの方法で治療進めていくか考えてみましょう。

中でも一般的なのがレーザーを使った方法です。ピンポイントで除去ができるために傷口も小さく、出血量も少ないのが魅力の方法となります。

液体窒素を使った治療は綿棒のようなものの先を液体窒素で凍らせ、いぼを除去する方法です。いぼが肌の奥にまで根を張っている場合にはレーザーを使った方法に比べて治療が完了するまでに長い期間がかかってしまうこともあります。

痛いのは嫌という理由から内服薬を希望する方もいますが、ここで使われるのはヨクイニン(ハトムギ)です。ただ、こちらの方法は効果が得られやすいいぼの種類が限られているため、自分の場合は内服薬でいぼを改善できるのか確認した上で取り入れる形になるでしょう。

        
        

  関連記事

クレンジングの基本~種類とメリット・デメリット~

クレンジングでメイクをしっかり落としてうるおう肌へ 1日のメイクをキレイに落とし …

いますぐ使い始めたい!ハトムギ化粧水のすごすぎる効果5つ

安くて良いものってたくさんありますが、ハトムギ化粧水はその中でも群を抜いてお勧め …

美白とブライトニングの違いとは?それぞれの特徴を紹介

どちらも同じ意味だと思っている人も多い美白とブライトニングの違いについて 肌を白 …

こんなオールインワンが欲しかった!ライスパワーの底力を実感

あのライスパワーを配合したオールインワンが登場し、さらに簡単なケアで美肌を手に入 …

ちょっと待った!その乾燥、間違ったW洗顔が原因かも?

間違ったW洗顔をしていませんか?今すぐチェック W洗顔とは「クレンジングを使って …

化粧下地で美肌を作る!肌タイプに合わせた下地選び

流行のナチュラル風メイクをするなら下地作りがポイント! 年齢を重ねれば目立ってく …

地黒でも白くなれる?おすすめの美白対策紹介

もともと肌が黒いからといって諦めないで!美白ケアをすれば肌は明るくなります!! …

たるみ、ほうれい線、二重あご…肌のひきしめだけに特化した美顔器「NEWAリフト(ニューアリフト)」

見た目年齢に大きく影響する「たるみ」に集中ケアできる家庭用美顔器 ↓公式サイトを …

夏が終わったら化粧水・乳液を切り替えて夏の肌ダメージをリセット!

夏用の化粧水・乳液を秋に使っているとダメな理由3つ 夏になるとさっぱりタイプや皮 …

湿気が目立つ日のスキンケア、あなたは大丈夫?覚えておきたい落とし穴とは?

梅雨時期など湿気が多い日に実践したいスキンケア方法ってなんだろう? 梅雨時期や湿 …