今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

【要確認】プチプラコスメブームの火付け役【ハトムギ化粧水】が一部回収へ…

ナチュリエハトムギ化粧水に配合ミス!お手持ちのハトムギ化粧水をいますぐチェックしてください。
hatomugi

プチプラコスメブームの主役“ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)”に配合ミス!一部回収へ…

ニベア青缶との併用でニキビや肌荒れ効果絶大だと、昨今のプチプラコスメブームの主役となっていたナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)。リーズナブルな価格から「心置き無くバシャバシャ使える!」と、愛用している方も多いはずです。

そんなハトムギ化粧水に、配合ミスのニュースが入ってきました。製品の一部に「泡立ってしまう」、「違和感がある」といった問題が発生していた様子です。この度、問題の原因が判明し、製品の一部が回収されるとの事…。お手持ちの化粧水、大丈夫ですか?

一体、何がどう悪かったの!?

ナチュリエの公式サイトによると、判明した原因は“配合されるべきものとは異なる原料が配合されてしまった”との事。一体、どのような原料で、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

間違って配合された原料って?

問題発生の原因となった原料は“ラウレス硫酸Na”というもの。本来であれば、シャンプーやボディソープなどに配合されている界面活性剤の一つです。

ハトムギ化粧水に配合されるべき“グリセリン”と“ラウレス硫酸Na”を誤って配合してしまったため、製品の泡立ちや、違和感などの問題が起こってしまった様子。

健康被害は?

問題となった製品を使用した場合、どのような健康被害が生じるのでしょうか?

懸念される健康被害

  • お肌の赤み
  • お肌のカサつき
  • 軽い肌荒れ

上記でもお話しした通り、この度誤って混入した“ラウレス硫酸Na”は、本来シャンプーやボディソープなどに配合される原材料です。メーカーによる安全性テストにより、重篤な健康被害を引き起こす恐れはない事が分かっています。

万が一なんらかの肌トラブルに見舞われた場合は、使用を中止し、速やかに水で洗い流してください

ハトムギ化粧水愛用者は今すぐ製品をチェック!

回収対象商品は“ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)”の一部です。全てではありませんが、お使いの製品が回収対象であるかのチェックはしておきましょう。化粧水ボトルの底面に記された“ロット番号”から確認できます

回収対象ロット番号

  • M15S
  • M16S
  • M17S
  • M18S
  • M19S
  • M21S
  • M22S
回収対象ロットに該当する場合、カスタマーセンターへ問い合わせてください

回収・交換のお問い合わせ先

イミュカスタマーセンター
電話番号:0120-371367(月曜日〜金曜日(祝日を除く)の9:00〜17:30)
        
        

  関連記事

泡立てネットじゃ追いつけない!“パナソニック 洗顔美容器 濃密泡エステ”の凄さ3ポイント

パナソニックの洗顔美容器“濃密泡エステ”で、これまで以上に効果的なスキンケアを目 …

深まるほうれい線の進行を食い止めるには保湿とビタミンC補給がポイント

顔の印象を一気に老けさせるほうれい線。放置するとどんどん深くなっていきます。最近 …

自宅でも炭酸パックはできる?その正しい方法とは?

炭酸パックの効果と注意点について 炭酸が美容に良いことは、すでにみなさんもご存知 …

目が小さく見えるのは蒙古ひだが原因!?整形なしでデカ目にするマッサージ方法とは

蒙古ひだを改善するマッサージとは?そのやり方は? みなさんはメイクをするとき、ど …

まるで老人のような印象を与える恐ろしいしみ…紫外線対策、美白ケアだけじゃ防げないものも…

しみには種類があることを知ってますか? 顔の印象を変えてしまうしみ、一気に老けて …

「伊勢志摩サミット公式お土産にも認定!」思わず誰かに見せたくなる!おもしろ系パックが話題

「パック姿は誰にも見せられない」のは過去の話! 今は見せたくなる時代です お江戸 …

ペーストより肌にやさしい石けん洗顔で、正しく上手に洗顔!

さまざまなバリエーションの中から自分にあった洗顔石けんを選ぼう “洗顔は石けん派 …

汗によるメイク崩れを防止させて夏美肌を目指そう!

汗によるメイク崩れを食い止める方法、汗をかきにくくする裏技とは? 夏は出会いのシ …

RIZAP(ライザップ)が監修した美顔器!エステナードLIFTYの表情筋エクササイズでハリを取り戻そう

週2回、1回約5分の使用でハリが戻る!話題の美顔器についてご紹介 毎日きちんとス …

シミになりやすい時期がある?生理前は紫外線に注意!

肌が敏感になる生理前は紫外線の影響も受けやすい 春から夏にかけては紫外線を気にし …