今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

コンシーラーの上手な使い方をチェック!美肌に見せるポイント

コンシーラーがなかなかうまく使えないという方のためにコンシーラーの上手な使い方をご紹介します。
82789085a2663381ae3b7d9e6d2f7ef5_s
コンシーラーといえば、肌の悩みをカバーしてくれる嬉しいアイテムではありますが、使い方を間違えてしまうとおかしく見えてしまうこともあります。ただニキビ跡やシミの上に重ねているという方も多いかもしれませんが、正しい使い方をマスターした上で使いましょう。

買ってみたものの使い方がよくわからないという方のためにもコンシーラーの上手な使い方についてご紹介します。

コンシーラーを使う順番

どのようなベースメイクをするかによってコンシーラーを使うタイミングが違ってきます。

まず、リキッドファンデーションを使っている方の場合、ファンデーションを塗ってからコンシーラーを塗り、フェイスパウダーで仕上げましょう。下地やコントロールカラーを済ませてからファンデーションを塗り、コンシーラーを使うのが一般的です。

パウダーファンデーションを使っている方は先にコンシーラーを使い、パウダーファンデーションで仕上げます。こちらも下地やコントロールカラーを済ませた後にコンシーラーを使うと良いですね。

注意したいこととして、パウダーファンデーションを使っている方は、コンシーラーを塗った部分を避けてファンデーションを塗る必要があります。重ねてしまうと浮いてしまったり、そこだけ色が濃くなってしまうこともあるので気をつけましょう。

コンシーラーの上手な使い方について

どういった悩みに対してコンシーラーを使うのかによって使い方は違ってきます。

クマ

目の下のクマに悩んでいるという方も多いですよね。目の下は皮膚が薄いため、やわらかいタイプのコンシーラーが向いています。

ブラシにコンシーラーを取ったら目の下にコンシーラーを乗せていくのですが、横方向に乗せるのではなく目の下から頬に向かって短い線を何本か書くようなイメージで塗っていきましょう。

最後にスポンジや手を使って全体を馴染ませます。

しみやニキビ跡

特に頬にできることが多いのですが、その場合は硬めのコンシーラーを使いましょう。やわらかいタイプのものを使ってしまうとピンポイントでカバーすることができず、隠しきれません。

ポイントは、ブラシに取ったコンシーラーを一度手の甲につけて量を調整するということ。そのままつけてしまうと一部分に色が乗りすぎてしまいます。

隠したいシミやニキビ跡の上のみに塗るのではなく、それよりも一回り大きめにコンシーラーを乗せましょう。あとはコンシーラーの周りを肌となじませて完成です。

くすみ対策

小鼻の横や口元のくすみにもコンシーラーが活躍します。ブラシなどでコンシーラーを取り、手の甲で量を調整しましょう。あとは指やスポンジを使って周りの肌となじませていくだけです。

ほうれい線

ほうれい線があると年を取って見えてしまいますが、コンシーラーの上手な使い方を知っておけば目立たなくできます。やわらかいタイプの液状コンシーラーをブラシにとり、手の甲で量を調整しましょう。

ここでのポイントともいえるのが、肌より一段階明るい色を選ぶということ。これにより光でほうれい線を飛ばすことができます。

あとはほうれい線の上に乗せていくのですが、線をなぞるように塗るのではなく、ほうれい線から頬に向かって何本か線を書くような形でコンシーラーを塗り、スポンジで叩いてなじませていきましょう。

注意しなければならないこととして、コンシーラーを塗った部分を指やスポンジでなじませ過ぎるとせっかくのカバー力が弱まってしまいます。何度もトントン叩き過ぎるのではなく、適度になじませましょう。

コンシーラーの注意点

厚く塗ってカバー力を出そうとする方もいますが、これはおすすめできません。化粧崩れに繋がってしまうこともあるので、コンシーラーとファンデーションをうまく使い分けましょう。

下地がしっかりしていないとコンシーラーも崩れやすくなってしまうので、まずは下地を塗った上でコンシーラーを使うことが大切です。

コンシーラーの上手な使い方を身に着けるとファンデーションは薄く塗るだけで十分カバー力が出てくるので、取り入れてみましょう。

        
        

  関連記事

「ホワイトヴェール」は紫外線対策の新常識!日焼け止めは飲む時代へ

世界最先端UVケア成分「ニュートロックスサン」を配合、日焼けを全方位的に防ぎます …

胸元の気になるポツポツ…胸ニキビができる原因と対処法

目指せツルツルのデコルテ!胸ニキビの予防法 鎖骨の下から胸の谷間、いわゆるデコル …

シャンプーも年齢に応じたものを使おう

シャンプーでしっかりエイジングケア エイジングケアというと、ついフェイシャルケア …

唇のたてジワが原因でモテない?男性が二度見する唇を作ろう

モテない原因を作る唇のたてジワとの決別方法 唇がカサカサする…と感じるのは冬だけ …

基礎化粧品、ポイントメイクからハミガキまで幅広い活用の「PG(プロピレングリコール)」

「PG(プロピレングリコール)」は肌ダメージに注意が必要な「表示指定成分」 化粧 …

目元のシワを自分で作っていませんか?シワを作る5つの悪い習慣

ちょっとしたひと手間で目のシワが変わります 鳥の足跡のような目尻のシワやクマみた …

なかなか手強い周期ニキビを撃退する方法とは?

いつも決まった時期にできる周期ニキビの原因やケアについて。 なぜかいつも決まった …

プチプラ&高品質といえばやっぱりオルビス!基礎化粧品から健康食品まで大公開!

オルビスというブランドから出ている魅力的な商品情報などについてご紹介します。 オ …

深まるほうれい線の進行を食い止めるには保湿とビタミンC補給がポイント

顔の印象を一気に老けさせるほうれい線。放置するとどんどん深くなっていきます。最近 …

輸血で若返るって本当!?最新のアンチエイジング美容法が話題

年をとると体の中では様々な変化が起きます。体内の組織や血管も加齢によって徐々に衰 …