今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

そのブツブツもしかして化粧品による肌トラブル?原因や対策が知りたい!

たかが肌荒れと放置するのはNG!化粧品による肌トラブルについてご紹介します。
d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s
キレイになるために化粧品を使っているはずが、それが原因で肌の状態が悪化し、肌トラブルに繋がってしまうこともあります。化粧品を変えたら急に肌質が悪くなった、痛みや腫れが起きてしまったという場合には化粧品による肌トラブルかもしれません。

また、肌に良いはずの化粧品であったとしても使い方を間違ったために肌トラブルが起きてしまうこともあるので注意しましょう。もちろん、自分の肌に合わない化粧品を選んでしまった場合には肌トラブルが起きるリスクも高まってしまうので、自分の肌に合った化粧品選びをすることが何よりも重要になります。

ただ、実際に使ってみないとどれが自分の肌に合っているかというのはなかなかわかりませんよね。そういったこともあり、化粧品には「お肌に合わない場合は使用をおやめください」といった注意文が書かれています。

注意しなければならない肌トラブル

化粧品による肌トラブルは様々なのですが、赤みやかゆみ、ほてり、腫れ、痛みといった症状が現れた場合には直ちに使用を中止した方が良いです。他にも、それまでになかったような小さなブツブツができてしまったり、何らかの異常を感じる場合には医療機関を受診しましょう。

肌の状態を改善するために原因を突き止めることも大切です。

例えば、肌がヒリヒリする、かぶれたかもしれないと感じているのであれば肌のバリア機能が低下していることも疑ってみましょう。空気が乾燥する季節や体調などの関係で肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激に痛みを感じてしまうこともあります。

また、小麦や乳、そば、卵、花粉、ハウスダストなどにアレルギー反応を起こし、肌トラブルに繋がってしまう場合もあるので、自分のアレルギーを正しく理解し、注意していくことも大切です。

それまで使っていた化粧品で突然肌トラブルが…

249ce0d5d2c510a135cd6756b54bfd43_s
こういったケースは珍しくありません。それまでは何の問題もなく使っていたのに、突然肌への刺激を感じるようになったという方もいます。

これは空気が乾燥している季節で肌のバリア機能が低下していたり、ダイエットや寝不足が原因で体調が乱れていることも大きな原因です。

様々な原因が重なってそれまで使っていた化粧品が合わなくなってしまうことも考えられるので、無理に続けるのではなく、改めて化粧品選びをやり直した方が良いかもしれませんね。

また、アレルギー反応が起きてしまったケースも考えられます。それまで使っていた化粧品に含まれる成分に対しアレルギーが起きてしまうことは珍しくないのですが、これはある日突然起きてしまうこともあるのです。

こういった場合は敏感肌用の化粧品を使うなどして、肌にやさしいものを選んでいくと良いでしょう。

化粧品による肌トラブル対策

広範囲に症状が現れてしまうと対処が大変なので、まずはその化粧品が自分に合っているのかパッチテストをしてみましょう。パッチテストのやり方はとても簡単で、上腕の内側に化粧品を塗り、48時間後に反応を見るというものです。

ここで問題がなければ顔に使っても大丈夫である可能性が高いので、敏感肌の方やアレルギー肌の方は必ず実践した方が良いでしょう。

他にパッチテスト済みやアレルギーテスト済みといった記載がされている商品を選ぶのもおすすめです。すべての方にアレルギーが起こらないわけではないので注意しなければなりませんが、こういったことが一切書かれていないものよりは安心して使えるでしょう。

特に注意しておきたいのは香料や旧指定成分と呼ばれるものが含まれている化粧品です。香りの良い化粧品を使いたいという方も多いかと思いますが、肌トラブルが起きやすい方は無香料のものを選択した方が良いですね。

旧指定成分とは?

1980年(昭和55年)に厚生省は、102種類の化粧成分をアレルギーを引き起こす可能性があるものとして、表示を義務付けました。これを「指定成分」(現在は旧指定成分)とよばれています。

また、目の周りや口の周りにかぶれが起きてしまったという場合には、化粧水や乳液、クレンジングだけでなく、アイシャドウやリップクリーム、歯磨き粉などが原因である可能性も考えられます。

肌に異常があるとすぐにスキンケアアイテムを疑う方が多いかと思いますが、他にも目薬やシャンプーなどが原因で肌トラブルに繋がってしまうこともあるため、肌に異常が現れた場合にはこういったものにも注目してみましょう。

それから、化粧する際に使っているパフやブラシが汚れており、これが肌トラブルの原因になってしまうケースもあります。キレイに見えても目に見えない汚れなどが付着している事が多いため、定期的に新しいものに交換したり洗ったものを使いましょう。

        
        

  関連記事

自宅でも炭酸パックはできる?その正しい方法とは?

炭酸パックの効果と注意点について 炭酸が美容に良いことは、すでにみなさんもご存知 …

トレンドカラーを着こなすなら、肌の透明感がポイント!

今年の春は淡くて優しい色合いのペールトーンではなく、はっきりとした鮮やかなビビッ …

糖尿病の治療薬メトホルミンに寿命を伸ばす働きが!効果・効能は?

メトホルミンとは糖尿病の治療薬です。非常に広く利用されており、糖尿病患者にとって …

美白化粧品でシミは消えない?今あるシミはどうやってケアしたら良いの?

シミ予防の美白化粧品は日常ケアに、今あるシミはハイドロキノンでケア Q.美白化粧 …

歯医者よりコスパ良!【薬用オーラパール】でホワイトニングと歯周病予防!

老舗企業から登場した実力&信頼度ピカイチの【薬用オーラパール】で、歯の …

Function of beautyのオーダーメイドシャンプーが話題!

出典:www.functionofbeauty.com 髪質というのは一人一人個 …

色気を漂わせるレディに仕上げるなら、2016年はマットな大人リップで決まり

ハリウッドでも人気のマットを体験してみて グロスでつやつやした唇もジューシーで魅 …

自まつ毛をもっと印象的にするには育毛がオススメ!

毎日のメイクでダメージを受けて抜けがちなまつげを、しっかり育毛するにはどうしたら …

一生残るかも?ニキビ跡の恐怖、どう対処すべき?

大人のニキビ跡はターンオーバーだけでは間に合わない 大人の悩みの1つ、ニキビ。思 …

ヘルシーグロー肌ってなに?最旬トレンドのメイクを紹介!

ヘルシーグロー肌でナチュラルに美しく健康的な肌を目指す 2016年の肌トレンドと …