今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

よりよいスキンケアのために、知っておきたい化粧品と医薬品の違い

chigai
ネット通販をはじめ、コンビニやドラッグストアなど、いろいろな場所で化粧品が買えるようになりましたね。デパートや化粧品専門店のように専任の販売員がいるお店もありますが、セルフで買うケースも多いと思います。

化粧品の中には「薬用化粧品」というのもありますが、普通の化粧品との違いをご存知ですか?そもそも化粧品と医薬品、医薬部外品の違いって?基本的なことですが、自分で化粧品を選ぶ際に大切な判断ポイントなので、改めてしっかり押さえておきましょう。

「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」って?

level
スキンケア用品は「医薬品医療機器等法(旧薬事法)」という法律によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のいずれかに分類され、それぞれの効果・効能の範囲が明確に規定・規制されています。体への有効性や安全性に関わるため、違反があると罰せられます。

化粧品

人の身体を清潔にしたり、見た目を美しくしたり、皮膚や毛髪等を良好に保つために、身体に使う、美容目的のものとされています。いわゆる基礎化粧品、 メイク用品、ヘアケア用品などが該当します。

2001年に規制緩和が行われ、厚生労働省の許認可が不要となり、メーカーの判断で開発できるようになりました。成分面では厳しく定規定され、全成分の表示が義務づけられているので、どのような成分が配合されているのかが明確になりました。

どちらにしても成分的には効き目が強いものもあり、副作用などのおそれもあるため用法を守って使うことが必要です。

医薬部外品

医薬品に準ずるものとして、医薬品と化粧品の中間的な存在です。厚生労働省が許可した有効成分が一定基準で配合されていますが、医薬品ほどではなく、人の体に対する対する作用が穏やかで、治療ではなくあくまで予防を目的としたものです。医師の処方の必要はありません。

なお「薬用」というのは医薬部外品で認められている表示であり、「薬用化粧品」や「薬用石鹸」等は、医薬部外品に該当します。

医薬品

一言でいえば「お薬」のことで、病気の治療や予防を目的とし、配合されている有効成分の効果・効能が認められています。

病院で医師が処方してくれる医療用医薬品と、薬局・ドラッグストアで市販されている風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、点眼薬、滋養強壮剤などのOTC医薬品があります。医療用医薬品は医師の指示通りに活用することが求められ用量も決められています。OTC医薬品は薬剤師などのアドバイスをもとに自分の判断で購入できます。

化粧品と薬用化粧品では何が違うの?

化粧品と薬用化粧品の一番の違いは、「有効成分」を記載することができるかどうかです。有効成分とは、医薬品医療機器等法で効果・効能が認められている成分のことです。

  • 医薬品:効能効果を期待する主剤の薬剤
  • 医薬部外品:「肌あれ・にきびを防ぐ」「日焼けによるシミやソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌ができる」等、既に薬事法で規定され、さらに効果が法的に認められた効果成分に限定

薬用化粧品には、化粧品としての期待効果にプラスして、上記のような美白、デオドラントなどの効果を持つ有効成分が含まれています。シミを予防して美肌を保つトラネキサム酸や、保湿効果のあるヒアルロン酸などが有名ですね。

その商品が化粧品か医薬部外品かは「有効成分」の明記があるかどうかで判断が可能です。化粧品では「有効成分」という文言が使用できず、医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果が認可されていないため、パッケージなどに記載することはできません。もし効果・効能を広告表現で使った場合誇大広告となり、法律で罰せられたり回収処分が行われます。

注意が必要なのは、厚生労働省が認可した成分以外で、美白などの効果・効能がある成分が配合されているケースです。広告の表現だけでは実際のはたらきを判断するのは難しい場合も。

いずれにしてもスキンケア用品を購入する場合は、分類の表示や、成分チェック、効果・効能を確認して選んでくださいね。

        
        

  関連記事

自まつ毛をもっと印象的にするには育毛がオススメ!

毎日のメイクでダメージを受けて抜けがちなまつげを、しっかり育毛するにはどうしたら …

シワはファンデで隠れない!厚塗りよりも薄付けが肝心だった?!

男性のウケの悪いほうれい線はしっかり対策しましょう 年齢を重ねると目立ってくるほ …

話題!デンマーク発のデオドラントアイテム デトランスα

海外でも評価されているデトランスαについてご紹介します。 ↓公式サイトはこちらか …

ケシミンでシミは消える?シミ予防&改善に効果的な成分とは

小林製薬から出ているケシミンの働きや、シミの予防・改善についてご紹介します。 で …

「ステアリン酸コレステロール」は油分との親和性が高い保湿成分

エモリエント効果で肌を柔らかくしてハリや弾力をキープ スキンケアで不可欠な保湿成 …

見た目年齢+10歳!? マリオネットラインでブルドッグ顔にならないために!

たるみを防いで、表情筋を鍛える習慣をつけよう 「マリオネットライン」-なんだか可 …

すかすかまつ毛がふさふさまつ毛に大変身

もうまつ毛のことで悩まない 少し前まで、まつ毛の量で悩んだことはないのに、最近、 …

スクラブ洗顔で古い角質も一掃、透明感のあるつるすべ素肌へ!

つぶが肌を傷つけないか心配だけど…? 古い角質を除去するのには絶大な効果を誇る「 …

紫外線対策フードで体の中から美白しよう!

食べるだけで美白できる紫外線対策フードとは? 紫外線対策と言えば日焼け止めを思い …

オーガニック・自然由来・ノンケミカル・無添加化粧品。何が違う?

最近は食事のみならず肌に直接触れる物や化粧品までオーガニックや無添加にこだわる女 …