今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

シミを隠したいならコンシーラー使って!上手な選び方教えます

メイクの順序もシミを隠すのに大事です
a92d1734b3919c5872afebb2a1a1c27e_s
年齢によってどうしてもできてしまう顔のシミ。気にすればするほど過剰にカバーしてしまって、メイクの刺激でシミが濃くなってしまうこともあるのです。できてしまったシミを、メイクでカバーして新しいシミや濃いシミを作らない方法をお教えしますね。

まずは下地が重要!メイクから肌を守ろう

メイクの前のまず大事なのが化粧下地です。下地を使わずにファンデーションを塗ってしまうのはもってのほか。肌に優しい下地をしっかり使うことがシミを隠す第一歩なのです。
そもそも下地はなぜ使う必要があるかというと、メイクを直接肌に触れさせないためです。メイクは肌にとって刺激が強いので、肌とメイクの間にカバーできる膜を作る必要があります。もともとの肌をきちんと保護して、すでにあるシミを濃くしないようにしてからメイクでシミ対策をする必要がありますね。

コンシーラーをつける順番はファンデの後が鉄則です

シミをメイクで隠すベースメイクといえばファンデーションとコンシーラーを使います。どちらを先に使えばカバー力が増すかというと、実はファンデーションのほうなのです。シミを隠したい気持ちが先に立ってコンシーラーでまずシミをかくしている人も多いと思いますが、それは間違いなのです。
まずは、ファンデーションで肌の土台をしっかり作ります。それでもシミが目立つ部分にコンシーラを使い、パウダーでなじませるとうまくシミをカバーできますよ。
つまり、まとめると次のようになります。

  • 肌に優しい下地でメイクとの間に膜を作ってあげます
  • ファンデーションをムラなく塗り、ベースを作ります
  • コンシーラーでシミの気になる部分を隠します
  • フェイスパウダーでファンデーションとコンシーラーの境目をなじませてあげましょう

タイプは大きく分けて2種類あるけど、どうちがうの?

コンシーラーを選ぶとき、シミの濃さによってタイプを使い分ける必要があります。コンシーラーにはタイプが2つあり、クレヨンのようなかためのタイプと、リキッドタイプのものがります。かためのタイプの方がカバー力が強いので、濃いシミを隠したければクレヨンのようになっているスティックタイプを選ぶと良いでしょう。
一方、目の下のクマなどを隠したければ、ヨレることが少ないリキッドタイプのものをおすすめします。かたいタイプのものだとしっかり塗ることになるので、目の周辺などの動きがある部分はヨレやすいのです。

  • 濃いシミにはかたいスティックタイプの方がカバー力があります
  • 目立たないシミ、ヨレやすい部分にはリキッドやクリームタイプのものを選びます

どんなコンシーラーを使うか迷ったら、まずおさえるのはこの2点ですね。

悩んだときの色の選び方は肌の色より濃く!

重要なのはカバー力もですが、どんな色を選ぶかということでも仕上がりに違いが出ます。まず第一に重要なのは、コンシーラーを塗った部分が浮かないことです。
おすすめは、2色のカラーを混ぜて自分の肌の色に近くすることですが、ちょうどいい色がなければ肌の色より濃いめの色を使うとよいでしょう。ファンデーションの上に塗ってコンシーラーでシミをカバーし、パウダーでなじませるので、少し濃いくらいがちょうどよくなるのです。

まとめ

きれいな肌をめざすならメイクで隠しておきたいシミですが、最初はなかなかコンシーラーの使い方にもコツがいります。ベッタリと塗るのではなくシミの部分にポンポンと点をつけるようにしてからなじませるとうまくいくので試してみてくださいね。

        
        

  関連記事

インドア派の人も注意! 室内にいても日焼けすることがある

生活焼けとは?絶対焼かない紫外線対策 日差しが強くなる春から夏にかけて、紫外線対 …

おしゃれな子はもう始めてる?ブラジリアンワックスで見えないところの脱毛にもこだわろう

デリケートゾーンのムレやかゆみの軽減にも! 最近では専門店もあり、日本にも浸透し …

毛穴の汚れがごっそり取れる「オロナインパック」のやり方と効果とは?

オロナインでどうして毛穴がキレイになるの?その理由を徹底解剖 出典:otsuka …

汗によるメイク崩れを防止させて夏美肌を目指そう!

汗によるメイク崩れを食い止める方法、汗をかきにくくする裏技とは? 夏は出会いのシ …

原因不明の不調、実は顔のゆがみが原因かも!

見た目が気になるだけではなく、体の不調にもつながる顔のゆがみについて調べてみまし …

口臭が気になって自信が持てない!そんなときにおすすめのレーザー手術のこと

口臭は、自分で気づきにくいものです。そして、他人から口臭を指摘されると、とても気 …

老ける原因『アンチエイジング・シンドローム』とは?

アンチエイジングを気にしすぎていない?ケアしすぎると老化する!? 『美魔女』と呼 …

くすみ除去に絶大な効果あり!ホエイで透明感をアップしよう!

ラクトフェリンやラクトグロブリンなどの良性たんぱく質で美肌洗顔 最近、よく目にす …

美肌作り&時短メイクにも役立つ便利アイテム「BBクリーム」を徹底比較!

BBクリームの特徴や人気の商品についてご紹介します。 肌の悩みは人それぞれですが …

花粉症でお肌が敏感になったと感じたら「つつむ」でケア!

敏感肌に傾きがちな花粉症に季節にオススメのスキンケアをご紹介 出典:decenc …