今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

シワはファンデで隠れない!厚塗りよりも薄付けが肝心だった?!

男性のウケの悪いほうれい線はしっかり対策しましょう
3a0fddae3883b50bc6b4e606df1abcac_s
年齢を重ねると目立ってくるほうれい線。朝にはムラなくメイクしたはずが気づくとほうれい線にそってファンデーションがヨレて溜まっていたということはありませんか?メイク崩れが恥ずかしいだけでなく年齢を感じさせてしまいます。ほうれい線に溜まってしまうファンデーションの対策についてお話しますね。

ほうれい線対策は基礎化粧から始まってる?!

ほうれい線にファンデーションが溜まってしまう理由は、実はメイクの崩れなのです。つまり、メイクをきちんと行えばほうれい線も目立たなくなる、ということ。
メイクを行う前の段階として大切なのは、基礎化粧です。ここを怠るとメイクは崩れてしまいます。
そのためにはまずは保湿。化粧水をたっぷり使って肌をもちもちにしてあげましょう。化粧水の量の目安は、つけたあと肌がひんやりするくらいです。ひんやりもちもち肌ができれば化粧水の段階はおしまいです。
次に、せっかく潤ったお肌をキープするためにクリームか乳液を使います。ほうれい線のできる口元はとくに乾燥しやすいパーツ。ベタベタしない程度に乳液やクリームをつけて、水分を閉じ込めてあげてくださいね。

  • ほうれい線のファンデ溜まりを防ぐには基礎化粧を見直そう
  • 化粧水は惜しみなく肌がひんやりするまでつける
  • 乳液やクリームでその後の水分キープも大事

意外と重要な下地、ムラになってない?

基礎化粧が終わったら次にするべきは化粧下地です。化粧下地は、肌をメイクから守るのと同時に、ファンデーションと肌をなじませて密着させる効果があります。
化粧水、乳液、化粧下地と、あまりたくさんつけすぎるとヨレや崩れの原因になるのでは?と
思われるかもしれませんが、間違ったつけ方をしなければ大丈夫です。
この場合の間違ったつけ方とは、ムラになるつけ方をしていたり、下地が少なかったりということ。
ほうれい線のまわり、口元、目元などヨレやすかったりファンデーションがたまりやすい場所は、なるべく密着させるようにして、指で軽くたたくようにつけるのがいいですね。さいごに手の平でおさえて押し込むようにするのも効果的です。三角や六角形のスポンジでムラなくつけるのもいいでしょう。

  • 下地はムラなく惜しみなくつける
  • しっかり密着させない塗り方は崩れの原因に
  • ファンデが溜まりやすいところはより密着させて

気になるところは薄づけが大切!厚塗りは禁止です

基礎化粧と下地も終わり、肝心のファンデーションのつけ方をご紹介します。
ここで気をつけたいのは、ほうれい線を隠そうとしないこと、ほうれい線の部分にファンデーションを厚く塗ってしまわないことです。厚く塗ればそのぶん笑ったときなどにシワができてヨレやすくなってしまいます。
シワはファンデーションでは隠れません。目元や口元などの気になるところは薄く塗るというのが大切です。少し塗りすぎたかな、と感じたら清潔なスポンジでオフして、薄付けにとどめておきましょう。

  • ファンデーションは厚く塗りすぎないのがポイント
  • シワやヨレが気になるところほど薄く塗る

まとめ

良くも悪くもメイクひとつで印象が変わるのが女性の楽しいところです。基礎化粧はしっかり・化粧下地はムラなく、ファンデーションは薄づきにということを守って、ほうれい線にヨレをつくらないメイクで若々しい印象をつくりましょう。

        
        

  関連記事

見逃せない!年齢肌に悩む女性が注目しているオイル美容はマルーラオイル!

これから確実に注目を浴びるオイルといえばやはりマルーラオイルでしょう。目元、口元 …

お金もかからずとにかくカンタン!白湯を使った美容法

手軽に作れる白湯を使った美容法が話題です。やり方や効果をご紹介します。 白湯が健 …

24時間使えるフェイスパウダー!マキアージュ“スノービューティーⅡ”の予約受付がスタート

塗って寝たほうが綺麗になれる!?昨年の大人気アイテムが今年も登場! 出典:www …

シワ対策に!ベリル アドバンスドリンクルセラムは、海の至宝成分で根本ケア

コラーゲン不足と乾燥、シワの二大原因を肌の内側から確実に解消 「ネットショップ大 …

サンスターのヴァイトロジーリンクルエッセンスで乾燥による目の下のシワはなくせる?

大人の女性なら誰もが1度は目の下のシワをどうにかしたいと思ったことがあるのではな …

シミを隠したいならコンシーラー使って!上手な選び方教えます

メイクの順序もシミを隠すのに大事です 年齢によってどうしてもできてしまう顔のシミ …

意外とみんな気にしてる…歯磨きでも消えない口臭の解決策は?

口臭の原因、対策法を紹介します 「毎日歯磨きしてるのに、なぜか口臭がキツくなる! …

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …

炭酸洗顔で血行&ターンオーバーを活性化、肌を再生して美肌へ

炭酸洗顔って痛くないの? ここ数年の炭酸ブームで、さまざまな炭酸アイテムが増えま …

脱・香水ブス!失敗しない香水の選び方・付け方について

香水選びで失敗しないためのポイントや、TPOをわきまえた付け方について紹介します …