今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

目元のシワを自分で作っていませんか?シワを作る5つの悪い習慣

ちょっとしたひと手間で目のシワが変わります
30ecc71d7a6631e4f5424d4abf96ca82_s
鳥の足跡のような目尻のシワやクマみたいに目の下できたシワ、みつけた時はショックですよね。乾燥しやすい時期はシワもちろんできやすく、お風呂に入った後はつるつる肌でもすぐにカサカサシワシワに…。そうならないためにも、シワを作ってしまうNG習慣をチェックしましょう。

乾燥するのは皮膚が薄いから…乾燥の影響を受けやすいんです

まず、なぜ目の周りにシワができるのかを説明しましょう。目の周りを自分の手で触ってみるとわかりますが、まぶた、目の下、目尻などは皮膚がとても薄いのです。皮膚が薄ければ水分を含む量も少なくなって、ちょっとした空気の感想で皮膚もカサカサになってしまいます。
口の周りも同じで、年を重ねると目の周りと口の周りはシワができやすいですよね。

自分からシワを作っている?!NG習慣5つ!

それでは、乾燥のほかにもシワを作ってしまう習慣についてみてみましょう。これらの習慣をやめれば目元の乾燥や劣化を遅らせることができる可能性大です。

保湿はしっかりしてる?

さきほども書いたように、目元は他のパーツより乾燥しやすくなっています。たしかに、仕事から帰って十分なスキンケアをする余裕がなかったり、子育てで忙しくて自分のケアがおろそかになったりしてしまいますよね。
忙しいなかでも保湿する方法としては、こっくり系の化粧水をスプレー容器に入れてお風呂上がりやメイクオフ後はまずシュッとひと吹きすることです。これまでだったら放っておいて乾燥させていた肌に潤いを与えてあげましょう。

メイク落としでこすっている?

女性ならアイライナー、アイシャドウ、マスカラなど、アイメイクは基本ですよね。これらをメイク落としだけでこすって落とそうとすると、目元にとても負担がかかります。しかし落とさないわけにはいけないので、アイメイクをしっかりするのであれば落とすときも一手間をかけましょう。
ポイントメイク用でアイメイクもスルッと落ちるメイク落としや、アイメイクだけをクレンジングシートで先に落としておくなど、手間はかかりますが効果はしっかりありますよ。

目を疲れさせていませんか?

仕事ではパソコン、家ではスマートフォンなど、現代人は目を酷使しています。これもシワの元です。じっと同じ画面を見つめていると、目元の血行が悪くなります。血行が悪くなれば、周辺の皮膚などが劣化していくので、シワやたるみができやすくなってしまうんですね。
休憩時間に遠くを眺めたり、最近はPCの画面をみるとき用のメガネもあって疲れ目対策になります。

日光を浴びてない?

顔の日焼け対策、体の日焼け対策はバッチリな人でも、目はノーマークだったりします。目も目元ももちろん日焼けをします。若い頃に日焼けサロンなどで皮膚を焼いていた人は知っているかもしれませんが、日焼け後の皮膚はとても敏感で傷みやすくなっています。
目元の日焼けを防ぐためには、サングラスが有効です。色の付いていないサングラスでもUVカットのものであれば効果はちゃんとあるので、ファッションを選ばずサングラスをする習慣をつけましょう。

若い頃と同じアイケアをしていない?

年齢によってメイクのポイントカラーなどを変えるように、ケアの方法も変えていかなければいけません。とくに、目元は年齢の影響が出やすい部分です。若い頃は化粧水、美容液、乳液というライン使いだったものにアイクリームを追加しましょう。予防として使い始めるのもいいですが、初めはいつもの美容液やクリームを重ねづけしたりする程度でもいいですね。どうしても目元の乾燥が気になる場合は、血行をよくしたり保湿メインの専用クリームを使ってみてくださいね。

まとめ

目元のケアNG習慣と改善方法をチェックしてみました。ひとつでも習慣にしてしまっている人は要注意です。気づいたときが始めどきです、目元にいい習慣を心がけてくださいね。

        
        

  関連記事

シャンプーも年齢に応じたものを使おう

シャンプーでしっかりエイジングケア エイジングケアというと、ついフェイシャルケア …

そのブツブツもしかして化粧品による肌トラブル?原因や対策が知りたい!

たかが肌荒れと放置するのはNG!化粧品による肌トラブルについてご紹介します。 キ …

声も老化する?マイナスインパクト大な老け声をなくそう!

簡単にできる声のエイジングケアで声の若さをキープ! Q.最近、若いころと声が変わ …

コントゥアリングは海外セレブ発祥の立体メイク!写真映えすると話題に

SNSに写真をアップする際にもおすすめ!コントゥアリングとは? 近年はFaceb …

乳化作用で肌の栄養を浸透させ老廃物を排出、肌バリア効果もある「リン脂質」

密着力、保湿力、浸透力を発揮し、スキンケアをサポート 「リン脂質」という言葉を知 …

更年期障害の治療「ホルモン補充療法」で肌や髪の若返り効果が!

目次1 アンチエイジング治療で人気の「ホルモン補充療法」とは?2 ホルモン補充療 …

化粧水が浸透しない?角質ヘドロが溜まっているのかも

古い角質を除去して、しっかり保湿&美容成分補給しよう! 「最近化粧水が浸透しない …

梅雨など湿気の多い時期に髪で悩みんでいる女性必見!広がりやうねりを抑える方法

梅雨や湿気の多い時期に対策となるヘアケア術のこと 梅雨の訪れや湿気が気になる時期 …

見た目年齢マイナス5歳が叶うラウディのBB&CCクリームで手軽&キレイにベースメイク!

わずか30秒で見た目年齢に差をつける! 時短メイクに役立つということでBBクリー …

頭皮と顔の密接な関係、ケアすれば美しさも2倍に!

若返りには頭皮ケアが大切 実は最近とても気になっているのが、母の頭です。私よりも …