今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

「ステアリン酸コレステロール」は油分との親和性が高い保湿成分

エモリエント効果で肌を柔らかくしてハリや弾力をキープ
a92d1734b3919c5872afebb2a1a1c27e_s
スキンケアで不可欠な保湿成分にはさまざまな種類があり、その組み合わせで質感や効果は変わってきます。「ステアリン酸コレステロール」も保湿成分の1種で「スフィンゴ脂質」と同じく、セラミド以外の細胞間脂質に類します。

コレステロールという名称があるのでちょっとピンと来ないかもしれませんが、水分保持力はさまざまな保湿成分の中でもトップレベルの高さとなっています。

ステアリン酸コレステロールとは

ステアリン酸コレステロールは、その名称が示す通り、コレステロールとステアリン酸の化合物です。

ステアリン酸は体を動かすためのエネルギー源である「飽和脂肪酸」の一つであり、動物性・植物性脂肪で最も多く含まれる飽和脂肪酸でもあります。抗酸化作用と抗菌効果があり、石鹸や化粧品にもよく用いられています。水と油を乳化させる作用もあり、肌を保湿します。

コレステロールは、食品関係でメタボの原因のように扱われることが多く、マイナスイメージが強いかもしれませんが、細胞を包む細胞膜の原料として必須要素で、生きていく上で不可欠な脂質の一種です。

その化合物であるステアリン酸コレステロールは、淡黄色をしたペースト状の物質で、わずかながら特徴的なニオイを持っています。肌の一番上の角質層に含まれる脂質との相性が非常によく、高いエモリエント効果を発揮します。

ステアリン酸コレステロールの役割

ステアリン酸コレステロールもセラミドと同じく水を挟み込み、肌の水分蒸発を抑えて維持します。

エモリエント効果

保湿力はセラミドと比べると低めではありますが、脂質の膜でうるおいをキープするエモリエント効果で、他の保湿成分の中ではバツグンの保湿力の高さとなっています。

乳化安定作用

脂質とのなじみがよいことから、油と水を熔解させる乳化安定作用があり、他の油脂性成分と一緒に使用すると、肌を柔らかくしてハリや弾力をキープすることが可能です。また、他の油脂性成分と配合することで、脂っぽさを抑えて使用感がさっぱりとするのも特徴の1つです。

他にも、香料の香りを長く維持したり、色素を溶かし込む働きもあります。

特にアレルギー報告はなく安心な成分ではありますが、角質層の脂質との親和性が高く肌になじませてしまうことから、香料など一緒に配合されている成分によってはアレルギーや肌荒れの恐れもゼロではありません。肌が弱い方は成分チェックはしっかり行ってくださいね。

ステアリン酸コレステロールを配合している化粧品

ステアリン酸コレステロールは、保湿効果の高さと、オイル成分とのなじみがよいことからいろいろな化粧品の油性基剤として配合されています。

乳液やクリームなどにもよく配合されていますし、柔軟に形を変えやすく付着性が向上するので、口紅やリップクリームなどのスティック製品などにも多く使用されています。

セラミドやヒアルロン酸は良く知られていますが、ステアリン酸コレステロールも、保湿効果の高い化粧品を選ぶ時の要チェックポイントとして覚えておいてくださいね。

        
        

  関連記事

話題!デンマーク発のデオドラントアイテム デトランスα

海外でも評価されているデトランスαについてご紹介します。 ↓公式サイトはこちらか …

オーラルケアだけじゃない!こんなにあったリステリン裏技

マウスウォッシュひとつでボディケアから掃除まで 目次1 消毒液として生まれたマウ …

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分 アンチエイジングの …

梅雨シーズンでも、お肌は乾燥している?インナードライとは!

梅雨〜夏でも、お肌は保湿を求めています 「乾燥シーズンが終わったからか、お肌がプ …

敏感肌はちょっとの日焼けがシミになる!?紫外線対策でシミを予防

敏感肌こそ紫外線対策が必要な理由とは アトピーやアレルギー体質の方は化粧品や気候 …

安くて効果大!100円ショップで必ず買いたい美容アイテム5つ

日頃の生活用品のみではなく、実は美容アイテムの優れものも多い100円ショップ。買 …

業界最高レベルの濃度!「エテルノ濃縮プラセンタ」で乾燥しがちな季節もうるうるで過ごそう

1本の70%がプラセンタという驚異の美容ドリンクについてご紹介! 「最近肌にハリ …

美白成分に迷ったらビタミンCがオススメ!

シミ、くすみ、そばかすはビタミンCでケア 美白化粧品を選んでいる時、美白有効成分 …

表情ジワ?乾燥ジワ?あなたのシワはどったいのタイプ?

表情ジワと乾燥じわの見分け方と予防、改善方法 30歳を超えると急に気になってくる …

化粧品でトラブルが起きたらどうしたらいい?

化粧品のトラブルはメーカーと皮膚科医に相談するのが一番 Q.化粧品でトラブルが! …