今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

基礎化粧品、ポイントメイクからハミガキまで幅広い活用の「PG(プロピレングリコール)」

「PG(プロピレングリコール)」は肌ダメージに注意が必要な「表示指定成分」
730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s
化粧品の成分の中には、使用を気をつけた方がよいものもあります。「PG(プロピレングリコール)」はその1つです。保湿、防腐作用がありますが、一方で長期間使用すると肌トラブルのリスクがあります。

PG(プロピレングリコール)とは

PG(プロピレングリコール)は酸化プロピレリンによって化学合成された添加物です。もともとは、作業油や、自動車エンジンの冷却水の凍結を防ぐためのエンジンオイル等の「不凍液」として使用されていました。

表記では「PG」の他、「1,2-プロパジオール」「1,2-ジヒドロキシプロパン」という表記がなされることがありますが、すべて同じ成分です。

無色透明の液体でグリセリンに似ていますが、グリセリンより粘度が低く、使用感はさっぱりしています。ベタつかず使いやすいのもポイントとなっています。

PG(プロピレングリコール)の役割

抗菌作用があるため、化粧品や食品の防腐性を高めるための添加剤として古くから活用されてきました。また保湿効果、エモリエント効果が高いので、保湿剤や湿潤剤、保水剤としても活用されています。

ただし体質によってはアレルギー等、肌トラブルを起こす恐れがあることから「表示指定成分」の1つとなっています。

PG自体の分子が小さく皮膚への浸透力が非常に高いので、合成物質や石油系界面活性剤など肌にダメージを与える恐れのある成分が含まれている場合、それらの成分も皮膚内へ浸透させてしまう危険があるわけです。

食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器などを管理しているアメリカ食品医薬品局(FDA)では、

  • 皮膚炎
  • 赤血球の減少
  • 心臓や脳への障害

などが発生するリスクを報告していますし、ドイツなど発がん性物質として日用品への使用を禁止している国もあります。

日本ではPGの使用は現時点では禁止されていませんが、使用を自粛している化粧品メーカーもあるようです。

PG(プロピレングリコール)を配合している化粧品

PG(プロピレングリコール)は、化粧水、乳液をはじめ、各種クリーム類、ファンデーション、口紅、リップクリーム、マスカラなど幅広く使用されています。

またハミガキ粉、シャンプー、マウスウォッシュ、育毛剤などにも使用されています。ハミガキ粉がフタを閉めなくても固まらないのは、PGの効果のおかげです。

物質を溶かし込みやすいので溶解補助剤や可溶化剤としても使われています。

非常に多くの製品に使われている成分ではありますが、肌ダメージが気になる方は配合の有無には気をつけて活用してくださいね。現在では「1,3-ブチレングリコール」のほうがよく使われるようになってきているそうです。

        
        

  関連記事

ぽつぽつ・ザラザラの白ニキビを治すにはどうしたらいいの?

白ニキビとは?原因や解消法をチェック! 肌を触った時にザラザラする白ニキビが気に …

「ステアリン酸コレステロール」は油分との親和性が高い保湿成分

エモリエント効果で肌を柔らかくしてハリや弾力をキープ スキンケアで不可欠な保湿成 …

肌の潤いをアップさせたい人がアテニアのプリマモイストを選ぶべき5つの理由

乾燥肌の方からも人気があるアテニア プリマモイストの詳細をご紹介します。 出典: …

糖尿病の治療薬メトホルミンに寿命を伸ばす働きが!効果・効能は?

メトホルミンとは糖尿病の治療薬です。非常に広く利用されており、糖尿病患者にとって …

安くて効果大!100円ショップで必ず買いたい美容アイテム5つ

日頃の生活用品のみではなく、実は美容アイテムの優れものも多い100円ショップ。買 …

ダークチョコレートのカカオが持つアンチエイジングパワーがすごい!

ダークチョコレートがアンチエイジングに効果的だと海外で注目されています。ダークチ …

緊急美容警報!毎日の「ブルーライト焼け」は紫外線以上の深刻ダメージ!

最先端のブルーライト対策コスメで「ブルーライト色素沈着」から肌を守ろう! 今、美 …

いぼの種類と原因について。基本的な治療方法は?

なぜいぼはできる?種類などについて詳しくご紹介します。 美肌を心がけていたとして …

赤ちゃんから大人まで!やさしく乾燥を防ぐ「ベビーバター」が限定ラベルで帰ってくる!

髪の毛から指先まで全身しっとり保湿ケアできるオーガニックバーム 出典:www.j …

【レビュー】保険適用薬「ヒルドイド」に美容マニアが大注目!究極のアンチエイジングクリームと名高いその理由とは?

しみ、小じわ、乾燥…お肌のトラブルはとにかく保湿が肝心!医療関係者も認める高級ブ …