今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

乳化作用で肌の栄養を浸透させ老廃物を排出、肌バリア効果もある「リン脂質」

密着力、保湿力、浸透力を発揮し、スキンケアをサポート
13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s
「リン脂質」という言葉を知らなくても「レシチン」は知っている、という方多いのでは?レシチンはリン脂質の一種で、脂質の代謝を活性化し、血中の悪玉コレステロールを抑制する効果があることから、ダイエット効果も認められている栄養素として有名ですよね。

レシチンの最大の特徴は、水溶性の栄養素と脂溶性の栄養素を混ぜ合わせて分解し、エネルギーに変える「乳化作用」ですが、これはリン脂質そのものの特徴でもあります。

リン脂質とは

「リン脂質」は脂質とリン酸が結合した脂質の1つで、細胞膜の重要な成分でもあります。リン脂質は他の脂質とは異なり、エネルギー源になると同時に体内で様々な働きを行っています。身体の中では脳髄、神経細胞に存在し、遺伝子情報や肉体の再生活動にも関わっています。

天然の状態では数種のリン脂質が混ざり合って「レシチン」という形で存在しています。レシチンは人間の体内にあるリン脂質として最も多く、人間の体を構成する細胞のすべての細胞膜を構成している主成分でもあります。

天然の原料から抽出されたものとしては大豆レシチンや卵黄レシチンが有名で、食品の乳化剤としても活用されています。安全で副作用の心配がない成分ですが、天然成分なので不安定で酸化しやすい、というデメリットがあります。大豆アレルギーや卵アレルギーの方も要注意です。

天然のレシチンの不安定さを補うために水素レシチン、水酸化レシチン、水添レシチンなどが開発されていますが、全て合成界面活性剤で、食品への使用は禁止されています。肌への安全性も100%ではないので注意が必要です。

リン脂質の役割

リン脂質は水と油をなじませる乳化作用=エモリエント作用が高く、肌の水分と皮脂をなじませて皮脂膜を作るサポートをします。乳化作用は細胞内に栄養素を取り入れ、同時に細胞内からは老廃物を排出する役割も持っています。

他にも

  • 肌へのなじみがよく、肌への密着力が高い
  • セラミドと同じく、保湿力が高く、水分を細胞レベルで閉じ込めて肌にキープする
  • 肌への浸透作用があり、成分を肌内部に浸透させる

といった効果から、基礎化粧品には不可欠な成分の一つとなっています。

リン脂質が減少するとターンオーバーが乱れ、肌の水分が失われやすくなって、肌が乾燥しがちでバリア機能も低下します。それによってシミやシワを含めた肌トラブルが出やすいというマイナス循環に陥ってしまいます。一度減少すると回復が難しい成分なので、化粧品などで安定させることが必要です。

リン脂質を配合している化粧品

リン脂質は、乳化分散剤や湿潤剤、安定剤や酸化防止剤としてマーガリンやマヨネーズ、ドレッシング、チョコレートなど食品にも利用されています。

アイテムとしては、乳液やクリーム、口紅、リップスティックなどに配合されています。安全性が高いので、無添加化粧品に配合される場合も多いです。

        
        

  関連記事

くすみ除去に絶大な効果あり!ホエイで透明感をアップしよう!

ラクトフェリンやラクトグロブリンなどの良性たんぱく質で美肌洗顔 最近、よく目にす …

美白成分に迷ったらビタミンCがオススメ!

シミ、くすみ、そばかすはビタミンCでケア 美白化粧品を選んでいる時、美白有効成分 …

保湿成分の役割を大きくわけて3つ 肌に合った保湿で効果的なエイジングケアを!

セラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子は全く違う性質の保湿成分 アンチエイジングの …

自まつ毛をもっと印象的にするには育毛がオススメ!

毎日のメイクでダメージを受けて抜けがちなまつげを、しっかり育毛するにはどうしたら …

ストレスによる肌の疲れを感じている人がポーラのRED B.Aを選ぶべき5つの注目点

働く女性や家事を頑張る女性に是非試してほしいポーラ RED B.Aについてご紹介 …

コンブチャで、最新のアンチエイジング「菌活美容」をはじめましょう!

日本でも実は実績ある“あの”発酵飲料を、手軽に美味しく! マドンナやミランダ・カ …

本当に若々しい年齢不詳美人になるにはパーソナルカラーの活用を!

「若づくり」と「若さ」の勘違いって、どこから生まれるの? スキンケアやファッショ …

化粧品でトラブルが起きたらどうしたらいい?

化粧品のトラブルはメーカーと皮膚科医に相談するのが一番 Q.化粧品でトラブルが! …

レヴール・メルサボンの生コスメはシャンプー・ボディウォッシュ!

酸化を抑えたシャンプー・ボディウォッシュなら生コスメがおすすめ 生コスメと呼ばれ …

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …