今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

「1.3BG」は、低刺激で安全性の高い防腐剤としてさまざまな化粧品で活躍中

保湿性と抗菌力が特徴、さらりとべたつかないテクスチャーもポイント
4c40fd9c9ab0e3579515dc2bc84744ee_s
「1.3BG」は、別名「1.3-ブチレングリコール」または「ブチレングリコール」とも呼ばれ、抗菌力の高さから、多くの化粧品に防腐剤として配合されている成分です。「BG」とだけ表記される場合もあります。

1.3BGとは

1.3BGはアルコールの一種で保湿作用を持った抽出溶剤です。成分的にはグリセリンと近いのですが、グリセリンよりもさらさらしたテクスチャーです。また刺激が少ないので、敏感肌の人でも安心して使うことができる成分となっています。

1.3BGは大きく分けて、主にサトウキビを原料とした「植物由来」のものと、「鉱物由来」のものに分かれます。ただし表示が義務付けられていないため、化粧品に表記される場合は植物由来でも鉱物由でも区別なく「1.3BG」と表示されます。

鉱物油や鉱物由来と聞くと、「油焼け」(紫外線によってシミになりやすい)などのマイナスイメージを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、近年では昔に比べて精製技術がぐっと進化しているので、肌への刺激もほとんどなく、安全性が高い原料となっており、植物由来のものと大差はありません。

ただ、どんな成分でもアレルギー症状には個人差があるので、敏感肌の方は使用前に必ずパッチテストをしてくださいね。

1.3BGの役割

1.3BGは肌に低刺激で、保湿と抗菌ができることがポイントです。40%BGで抽出したエキスは1年間保存可能と言われており、安全に使える防腐剤として多くの化粧品に活用されています。

抗菌効果

もともと化粧品には「パラペン」が防腐剤として使われることが多かったのですが、アレルギーを引き起こす可能性のある「旧表示指定成分」の1つに認定されているため、パラペンを使用しない「パラペンフリー」が主流となってきています。1.3BGはパラペンに代わる防腐剤として重宝されているのです。

パラベンと比較すると1.3BGの抗菌力は弱めなので、他の防腐剤と組み合わせて配合するのが一般的です。ちなみに1.3BGだけでパラペンと同じだけの抗菌力を発揮させる場合、10%以上配合しなければならず、肌への安全性が確保できないとされています。

保湿効果

保湿効果はグリセリンと近く、よく比較もされますが、1.3BGのほうがさらっとしていて、べたつかないのが特徴となっています。

香りの維持

もう一つ特徴的な効果として、香りを長持ちさせる効果もあります。アロマテラピー系の化粧品に配合することで、長期間香りを楽しみながら使用することができます。

低刺激

プラセンタエキスのようなエキス抽出系の化粧品は、エタノールを使って抽出するため肌への刺激が強い場合がありますが、1.3BGを使って抽出することで肌への刺激を軽減することが可能です。

1.3BGを配合している化粧品

1.3BGは非常に多くの化粧品に使われていますが、代表的なものとしては、保湿系の化粧水、乳液、クリーム、美容液、パックやUVケア化粧品、またハミガキにも配合されています。

1.3BGを配合することでビタミンCの酸化による変色・変質を防ぐことも可能なので、美白化粧品にも配合されています。また低刺激性および安全性の高さから無添加化粧品の防腐剤としても活用されています。

        
        

  関連記事

ボトックス、光治療、レーザー治療、その効果は?

美容皮膚科のエイジングケアってどう? Q,ケアしても消えないシワに悩んでいます。 …

女性の薄毛「びまん性脱毛症」とは?早めの対策がオススメ

多くの女性を悩ませているびまん性脱毛症についてご紹介します。 薄毛の問題に悩んで …

夏から秋へ メイク落としも保湿力の高いものに切り替えて肌を乾燥から守ろう!

メイク落としを夏から秋で切り替えた方が良い理由とは? 暑い夏から涼しい秋へ移る頃 …

魅力的なクリアな瞳の決め手は透き通った白目だった

老けて見える白目の濁りの原因とケア方法とは? お肌の美白はバッチリ!という女性は …

シワ対策に!ベリル アドバンスドリンクルセラムは、海の至宝成分で根本ケア

コラーゲン不足と乾燥、シワの二大原因を肌の内側から確実に解消 「ネットショップ大 …

ちょっと待った!その乾燥、間違ったW洗顔が原因かも?

間違ったW洗顔をしていませんか?今すぐチェック W洗顔とは「クレンジングを使って …

オールインワン型乳液!ラウディのクリーミィモイストミルクとは?

あえて、化粧水以外をまとめたクリーミィモイストミルクでお手軽スキンケア! エイジ …

乾燥は一番の大敵!肌が乾燥する原因とは?

間違ったフェイシャルケア、続けていませんか? 顔の若々しさを決めるのは、ぷるっと …

お肌で活躍する美肌菌、大事に育ててアンチエイジング!PMKなら美肌菌を培養してトリートメントできる!

肌で活躍する細菌がいる! 菌活という言葉もあるように、細菌の営みは本当に興味深い …

目立ちやすい鼻ニキビ、どうしてこんなところにできてしまうの?

大人になっても鼻ニキビができる理由とは? 鼻や小鼻にできるニキビは顔の中央なだけ …