今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

高い美白効果と抗酸化作用で、肌を老化からガードする「エラグ酸」

植物性ポリフェノールの力で安心、安全に美白ケアしよう
ce97dd4d524b90810474a3d59fb96ede_s
エラグ酸は、ザクロやイチゴ、ラズベリーなどに含まれる、天然ポリフェノールの一種です。もともとはガンの発生を抑制する効果があることから注目されていた成分です。

サプリメントや食品添加物を含め幅広く活用されており、美容面でも高い抗酸化作用とシミ・ソバカスを防ぐ美白効果で、人気の高い成分となっています。

エラグ酸とは

エラグ酸は1831年にフランスで発見されました。日本では1996年に厚生労働省が医薬部外品として認可、その後2003年には食品添加物としても利用が許可され、エラグ酸の安全性についても広く確認されました。

エラグ酸は天然のポリフェノールの一種で、ザクロや、イチゴ、クランベリー、ラズベリー・ナッツ類やタラなどに含まれています。天然成分で刺激が少なく副作用の心配がないのも高ポイントです。

強い抗酸化作用があり、ガンを抑制する効果や糖尿病の予防、抗炎症、抗菌・抗ウイルス効果があります。美白成分として厚生労働省に認可を受けている成分でもあります。医療分野でも使われている成分なので安心ですね。

エラグ酸の役割

エラグ酸は強い抗酸化作用を持っていて、

  • 美白効果
  • アンチエジング効果
  • ガンを予防・抑制する効果
  • 抗菌・抗ウイルス効果
  • 糖尿病を予防する効果

が認められています。

美白効果

エラグ酸の美白効果は、「肌の漂白剤・ハイドロキノン」と並同じレベルともいわれています。シミやソバカス、色素沈着を防ぐ働きがあることから、1996年に美白成分として厚生労働省の認可を受けています。

エラグ酸はメラノサイトに存在するチロシンをメラニンに変換する「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑えます。それによってメラニン色素が作られにくくなるため、シミの予防だけでなく、できてしまったシミも薄くする効果があるとされています。

アンチエイジング効果

エラグ酸の持つ抗酸化作用は、老化の一因とされている血液中の過酸化脂質の生成を抑え、活性酸素を除去して、肌の酸化=老化を防ぐ働きがあります。

過酸化脂質が関係する高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながります。

ガンを予防および抑制する効果

ガン細胞にも多くの過酸化脂質が多く見られますが、抗酸化作用のあるエラグ酸にはガン細胞の増殖を抑える効果があります。

抗菌・抗ウイルス効果

エラグ酸は体の中にウイルスが侵入するのを防ぎます。

糖尿病を予防する効果

糖尿病の原因の一つである、インスリンの分泌を阻害し血糖値を上昇させるホルモン「レジスチン」の分泌を抑えます。

エラグ酸を配合している化粧品

エラグ酸は、医薬部外品の美白系化粧品に多く配合されています。植物から取れるので同様に高い美白効果をもつハイドロキノンよりも安全性が高く、多くの人が安心して使えます。

現時点では化粧品にエラグ酸を配合する場合には制限があり、高濃度のものを使うことはできません。その分ハイドロキノンより効果は減じますが、安全性はより高いと言えます。

もしベリー系のアレルギーがある場合は、使用を控えるか、または必ずパッチテストをしてから使用してくださいね。

エラグ酸はローション、乳液、美容液やマスクなどで使用されていますが、比較的新しい美白成分であることや、低濃度のものしか許可されていないためか、それほど多くの化粧品に配合されている成分ではありません。ただし、手作りのコスメ用素材として販売されているので、自分で美白化粧水を作ってみるのもいいかも。

ポリフェノールはビタミンCと一緒に使用すると効果が増すので、エラグ酸配の合化粧品を使用する場合は、ビタミンC(誘導体)も配合されているかどうかをチェック、相乗効果を狙いましょう。

        
        

  関連記事

酵母発酵エキスのパワーで揺らぎやすい肌を改善へ…アルケミーのスキンケア

目次1 植物のパワーをさらに引き出す独自の酵母発酵エキス2 揺らぎを感じ始めたに …

紫外線の季節到来!絶対焼かない紫外線対策の基本を覚えよう

シミ・シワ予防と美白の基本はUVカット対策から! 春になり、日差しもだんだんと温 …

高価な美容液を使わなくても”すっぴん美人”に! ヒントはクレンジングの見直しにありました

ダブル洗顔不要の美容液クレンジングでしっとり・もちもち肌になろう! 30代後半か …

【お口のニオイが気になる方必見】なたまめ茶を飲むだけで口臭対策に! 

口臭対策にはなたまめ茶がおすすめ!手軽に飲めるのも魅力 口臭のせいで自分に自信が …

美人肌を作るならファンデーションは春夏用と秋冬用を使い分けるべき!

ファンデは春夏用から秋冬用に変えた方が良いの? ファンデーションには春夏用と秋冬 …

肌の老化は8割が光老化が原因!『ビューティーボタニカル』で内側からエイジングケア

『ビューティーボタニカル』で、外側と内側のダブルエイジングケアをスタートさせよう …

すべすべの「桃肌」は血行と代謝促進から!

美肌をつくる生活習慣を意識しよう 女性が理想とするのは赤ちゃんのようにぷるぷると …

オルチャンメイクのトレンド!水光肌(ムルグァンピブ)で注目を浴びるうるツヤ肌へ

いままでのマットで人工的な肌とうってかわってうるおいとツヤを重視した肌感。肌が一 …

すかすかまつ毛がふさふさまつ毛に大変身

もうまつ毛のことで悩まない 少し前まで、まつ毛の量で悩んだことはないのに、最近、 …

お肌の善玉菌を増やす整菌スキンケア「ヒューマンフローラ」とは?

乾燥、肌荒れ、敏感肌などの原因、悪玉菌を減らす新しいスキンケア きちんとスキンケ …