今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

乾燥しているのに何故?繰り返すほっぺニキビの原因を知ろう

ほっぺニキビの原因を知ってつるんとした頬を手に入れよう
857a9d4ad98f4785b7c120b3b0e8220a_s
頬は基本的に皮脂分泌が少なく、乾燥しやすい部分です。それなのにニキビができてしまうのは何故なのでしょうか? 実際にほっぺニキビに悩まされている方は、どんなお手入れをすればニキビが治るのがわからず困っている方も多いと思います。ここでは、ほっぺにニキビができてしまう原因を知り、どんなお手入れをすれば頬ニキビを治すことができるのかを考えていきましょう。

頬にできるニキビの原因と対処法とは?

頬にできるニキビの原因は実にさまざまです。外的要因だけでなく内的要因も考えられるため、原因によってはスキンケアを見直すだけでなく体調を整えることも必要となります。ほっぺニキビの原因と、それに応じた対処法をご紹介します。

ホルモンバランスの乱れ

本来なら乾燥しやすいはずの頬がベタついたりニキビができてしまうのは、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。女性ホルモンの1つである「エストロゲン」には皮脂分泌を抑制して肌をサラサラに保ち、ニキビを防いでくれるという働きがあります。

しかし、なんらかの原因でホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌の増えて毛穴つまりを起こしやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れを整えるには?

ホルモンバランスが乱れてしまう原因にもさまざまなものがあるのですが、

  • 栄養の偏り
  • 睡眠不足
  • ストレス

などが大きな原因として挙げられます。女性ホルモンはとても繊細で、睡眠不足が続いたりストレスを受け続けているとすぐにバランスが崩れてしまいます。悩みがある時に生理が遅れたり早まったりするのもこのためです。また、栄養が偏っていると女性ホルモンを作る材料が足らなくなり、バランスが崩れてしまいます。

生活習慣を見直してホルモンバランスが整うような生活をしましょう。

生理不順や生理痛が重くて辛いなど、ホルモンバランスの乱れが考えられるような症状がある時は婦人科を受診してみましょう。低用量ピルなどのホルモン剤治療をして肌がキレイになった女性も多いので、一度検討してみてくださいね。

乾燥が原因で皮脂分泌が増えている

皮脂は肌内部の水分の蒸発を防ぐ役割をしています。しかし、頬は皮脂分泌が少ないので乾燥しやすいのです。すると、乾燥した肌からこれ以上水分が逃げないようにするため、皮脂分泌が促されて皮脂量がアップ、ニキビができやすくなってしまうのです。

また、乾燥していると肌細胞が傷つきやすく、ターンオーバーが上手くできなくなり、角質が積み重なって毛穴をふさいでしまいます。

保湿ケアを徹底する

乾燥が原因の皮脂分泌過多の場合、大元の原因である乾燥を改善するために保湿が一番重要なケアとなります。ニキビやベタつきがあると軽めの保湿で済ませがちですが、それでは余計に乾燥が悪化して逆効果。化粧水でしっかり水分を補って、乳液やクリームでフタをしてあげましょう。

ただし、皮脂分泌が多いところへ油分を与えすぎるとニキビが悪化してしまうので、油分の多い乳液やクリームは肌がベタつかない程度に調整してくださいね。

胃腸や肝臓の調子が悪い

胃炎や便秘、毎日お酒を飲んで肝臓に負担をかけるのも、ほっぺニキビの原因の一つです。胃腸は食べ物の消化・吸収をするところ。胃腸の働きが低下していると、食べ物の栄養をきちんと吸収することができず、肌の再生に必要なタンパク質やビタミンなどの栄養が不足してしまいます。

また、肝臓は体内の毒素を分解する臓器。肝機能が低下すると体内のデトックスが上手くできなくなり、血液中をのって肌に毒素がたどりつくと肌細胞が老化し、肌荒れやニキビの原因となってします。

体調が悪い時は病院へ

胃腸のトラブルが長引いていたり、健康診断で肝臓の値が悪かったり毎日お酒を飲んでいる場合、スキンケアだけではニキビを治すのは難しいです。もし体調が悪いのならそれが頬ニキビの原因となっている可能性を考え、まずは病院へ行って内臓に異常がないか調べて不調があれば治療をしましょう。

枕やメイク用品の汚れ

枕や布団などに染みん込んだ汗や皮脂が酸化すると雑菌が繁殖し、顔に付くとニキビの原因になります。また、メイクする時に使うファンデのパフを洗わずに放置しているとあっという間に雑菌が繁殖します。さらに、ファンデには油分がたくさん含まれており、酸化した油分は肌を痛めてニキビの原因を作ってしまいます。

肌に触れる物は清潔に保つ

枕などの寝具やメイク用品など、肌に触れるものはできるだけ清潔に保ちましょう。枕カバーはできるだけ数日おきに取り換えるか、汚れが肌に付かないように枕の上にタオルをひくというのもおすすめです。また、ファンデのパフも2~3日おきに中性洗剤で洗い、清潔なものを使うようにしましょう。

        
        

  関連記事

スキンケアする時間がなくて肌の老化が怖い

時間がない時は手軽で便利なオールインワンタイプの基礎化粧品を使おう Q.子育てに …

白目をキレイにするギーとは? その方法は?

PCやスマホと向き合っている時間が多くて、目が慢性的に疲れている、充血が取れなく …

出来れば併用したい…ボディ用日焼け止めは顔にも使えますか?

日焼け止めはボディ用と顔用で使い分けるほうが良い Q.ボディ用の日焼け止めを顔に …

お肌をうるうるに! 保湿成分を学んで賢く保湿しよう

保湿成分の役割、どのくらい知っていますか? 化粧品にはたくさんの成分が含まれてい …

お花見の季節の美白ケアはサエルにお任せ

紫外線は右肩上がりに増加中!敏感肌用の美白ケアラインで美肌を守りましょう 出典: …

糖尿病の治療薬メトホルミンに寿命を伸ばす働きが!効果・効能は?

メトホルミンとは糖尿病の治療薬です。非常に広く利用されており、糖尿病患者にとって …

目元の年齢的なトラブルはこんなにいっぱい!おすすめのケア方法とは?

たるみ、シワ、クマが気になったらアイケアアイテムでお手入れしよう 目元がパッと明 …

美白とブライトニングの違いとは?それぞれの特徴を紹介

どちらも同じ意味だと思っている人も多い美白とブライトニングの違いについて 肌を白 …

更年期障害の治療「ホルモン補充療法」で肌や髪の若返り効果が!

目次1 アンチエイジング治療で人気の「ホルモン補充療法」とは?2 ホルモン補充療 …

乾燥しないための洗顔方法『泡洗顔』のやり方をチェック!

いよいよ冬本番!泡洗顔でうるおい美肌をキープ 紅葉で色づいた葉も散り始め、風の冷 …