今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

髪とコラーゲンには切ってはならない重要なつながりが!

コラーゲントリートメントで髪質に良い変化を!
251cea7296738e4fbf0de3f00a7a973d_s
コラーゲンはたんぱく質の一つで、人体全体に存在し細胞と細胞を結びつける接着剤のような役割を果たしています。コラーゲンは女性が美しく輝くため、また健康な状態で人生を過ごす為に必要不可欠な成分で、最近では化粧品からサプリメントや食料品まで幅広く使われています。髪用のコラーゲントリートメントは加水分解したコラーゲンを原材料の一つとして配合しているトリートメントで、使い続けると健康でふんわりとしたツヤ髪が蘇ってきます。

コラーゲンを体内に入れれば肌はプルプル・しっとり状態になるとよくいわれるのですが、髪への効果も同じなのですね。

コラーゲンが髪の健康に欠かせない

髪の成分はたんぱく質ですから、勿論コラーゲンも存在しています。食物から摂取したコラーゲンなどの栄養分は体中に巡りますが、体の重要な命に係わる部位で優先的に消費されます。髪は直接命に係わる部位ではないので優先順位が低い事や、コラーゲンが歳を重ねるごとに減少することから、栄養不足気味となり抜け毛などが生じてきます。

コラーゲンが必要なのは髪ばかりではなく、むしろ頭皮です。

頭皮の下の真皮は殆どがコラーゲンで出来ており、コラーゲンが不足すれば頭皮も乾燥し硬い状態になってしまいます。健康な髪が育つ為に健康な頭皮を作るには、真皮のコラーゲン不足は許されません。コラーゲンが充分に供給されている真皮は頭皮を柔らかくして毛乳頭が育つ栄養たっぷりの土台となり、健康な髪が育つようになります。

加水分解コラーゲンはとても優秀なコラーゲン

コラーゲントリートメントの成分として含まれる加水分解コラーゲンは主に牛や豚などの動物の骨・皮のコラーゲンを、酸やアルカリ、酵素などを使って加水分解して得られたコラーゲンで、分子量がとても小さく髪や頭皮に浸透しやすい、また、高純度で安全性も高いなどの特徴があります。

また、加水分解コラーゲンが、髪の構成成分である細胞膜複合体(CMC)に浸透すると髪の水分量が増え、ゴワツイテいた髪も潤いのある柔らかくてふわりとした髪へと変化します。髪がふんわりとしていたら見た目にも若いし、ヘアースタイルが決まるとオシャレも楽しめます。これもアンチエイジング効果ですね。コラーゲントリートメントにデメリットがあるとすれば・・・アレルギー体質の方は注意が必要だという事くらいですね。

自家製コラーゲントリートメントはどう?

粉末コラーゲン(市販もされていますし通販でも入手できる)を、自分がいつも使っているトリートメントに混ぜるといとも簡単に自家製コラーゲントリートメントが出来上がります。健康な髪をキープしたいなら定期的に使い続けた方が良いです。

まとめ

髪も、又髪を育てる頭皮にもコラーゲンは重要な成分です。コラーゲンが不足すると髪は痩せてしまいますし、そもそも健康な髪は育ちません。加水分解されたコラーゲンは分子がとても小さくなっているので髪にも頭皮にも浸透しやすく無駄なく栄養として吸収されていきます。

加水分解コラーゲンの入ったコラーゲントリートメントを継続的に使うと頭皮も髪も健康になり、高齢になると増えてくる薄毛の予防にもなります。

        
        

  関連記事

美顔ローラーにEMSを搭載!美肌&引き締めにトルネードRFローラー

おうちにいながらハンドエステを実感!顔も体もケアできるトルネードRFローラーをご …

そのスキンケア勘違いかも!炎症が肌にもたらす老化現象とは?

シミ、シワを作る勘違いスキンケアをチェック! 突然ですが、スキンケアを何のために …

口コミで評判の優秀プチプラクレンジング3選

コスパも機能も超優秀!一度は試したいクレンジング クレンジングは肌にぴったり密着 …

ポーラ オーラルホワイトエッセンスで自宅でオーラルエステしよう!

週1回のスペシャルケアでより美しく若々しい口元を! 口元はその人の第一印象を左右 …

今年こそ!!バイバイ「ワキ汗」!!

皆さん一度は自分の「汗」について悩んだ経験があるのではないでしょうか?「ワキ汗が …

今すぐなんとかしたい!ブツブツ汚肌の原因と対策は?

角栓、ニキビ、クレーターは、毛穴の開きの改善で一網打尽にできる!? 突然ですが、 …

一気に老け顔の原因になってしまう肝斑の原因と対策とは?

突然気づくぼんやりしたシミ。もしかしたらそれはシミではなく肝斑かもしれません。メ …

髪がパサついていると老けて見える! 夏のダメージを修復する方法

髪のパサつきは男性にはNGサイン、モテません! 天使の輪が出たつややかな髪は女性 …

インドア派の人も注意! 室内にいても日焼けすることがある

生活焼けとは?絶対焼かない紫外線対策 日差しが強くなる春から夏にかけて、紫外線対 …

新年のご挨拶申し上げます

明けましておめでとうございます。 はじめましてのみなさまも、いつもお越しいただい …