今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

表情ジワ?乾燥ジワ?あなたのシワはどったいのタイプ?

表情ジワと乾燥じわの見分け方と予防、改善方法

105773

30歳を超えると急に気になってくるのが『シワ』ですよね。かく言う私も目元の小じわが気になります・・・。目立つシワがあると人の年齢を大きく左右してしまうと言われており、シワがあるかどうかで若く見えるか老けて見えるかが決まると言ってもいいほどです。

シワの種類とケア方法

ファンデーションで隠せば隠すほど溝に入り込んで目立つ憎きシワには2種類あることをご存知ですか?ひとつは『表情ジワ』もうひとつは『乾燥ジワ』です。この2つのシワができてしまう原因や見分け方、対処法について見ていきましょう。

表情ジワ

表情ジワは無意識のうちにやっている表情のクセがシワになってしまったもの
例えば、イライラしている時に眉間にシワがよったり、笑った時にできる目尻のシワなどがそうです。

たまに「シワができるから笑わないの」という女性もいますが、表情筋を使わないとどんどん口角が下がって顔全体がたるんでしまうので逆効果です。むしろたくさん笑った方がシワの予防や改善には効果があります

肌がピチピチな時はすぐに元通りになる表情ジワは、保湿成分やハリ成分が年齢とともに減少するのにしたがって元に戻りにくくなり、やがて常にシワが残るようになります。

表情ジワの見分け方

表情ジワは表情筋と関係したシワなので、保湿をした直後でも目立つ深いシワや、指でシワを広げてもくっきりシワがわかるのが表情ジワです。

表情ジワの予防、改善方法

普段の表情の癖がついた表情ジワを予防、改善するには普段自分がどんな顔をしているのか知ることからはじめましょう。あまり笑わない人はほうれい線、イライラしやすい人は眉間やおでこのシワ、よく笑う人は目尻のシワなどが目立ちやすいと思います。

表情ジワを予防、改善するためには、意識して表情を変えるのが効果的です。
また、顔全体がたるんできている場合は積極的に笑うようにしたり、表情筋を鍛える簡単なストレッチや凝り固まった表情筋をほぐすマッサージを行うのがおすすめです。

表情ジワができる原因にはうるおいやハリ不足も大きく関わっているので、保湿成分やハリ成分がたっぷり配合されている化粧品や、アンチエイジング効果の高い化粧品を使うとより効果が実感しやすくなります。

年齢を重ねると色々な問題に直面することもあり、イライラしたりストレスをためがちになります。たまには時間を作って思いっきり趣味に打ち込んでみたり、自分へのご褒美にいつもよりちょっとリッチな化粧品を買ってみたり、心も体もリフレッシュしてあげてくださいね。

乾燥ジワ

うるおい不足、ハリ不足が原因で現れるシワです。忙しくてスキンケアが十分にできていない時や、肌の状態にあったスキンケアができていない時に現れます。放っておくと深いシワになってしまうので早めのケアが肝心。

肌のうるおいやハリを支える成分は体内で作られていますが、年齢とともに減少し徐々に乾燥やたるみが出てきます。これが乾燥ジワの原因です。紫外線の浴びすぎ、エアコンのききすぎによる乾燥、洗顔やクレンジング時の擦りすぎなど、外的要因で乾燥ジワができることもあります。

乾燥ジワの見分け方

乾燥ジワはスキンケアをした直後のうるおっている肌には出ないのが特徴です。
また、指でシワ部分を広げると消えてしまうものも乾燥ジワです。

乾燥ジワの予防、改善方法

乾燥ジワはその名の通り乾燥が大きな原因なので、まずは肌が乾燥してしまう原因を突き止めましょう。例えば、クレンジングや洗顔料の洗浄力が強すぎる、化粧水や乳液の保湿力が低いなど。

洗顔後、肌のツッパリや刺激を感じるなら洗浄力が高すぎます。自分の肌にあったクレンジングや洗顔料を選びましょう。また、スキンケア後数時間で乾燥してしまうのは化粧水や乳液が合っていません。こちらも保湿力が高いものへ変えましょう。

今お使いの化粧品に満足していて変えたくないという場合は、保湿力を高める美容液やクリームを追加したり、スキンケア効果の高いオイルを使用するのもおすすめです。目元、口元の乾燥する部分にだけクリームを重ねづけするもの効果的。

また、メイク中の乾燥が気になる方は保湿効果の高い下地を使用したり、リキッドタイプやエマルジョンタイプのファンデーションを使うと乾燥を防げます。

乾燥ジワは正しい保湿ケアをするだけで予防、改善できるシワなので、シワが気になりだした時にケアすればすぐ効果が現れます。お肌の乾燥サインだと思って、小さなシワも見逃さず適切な保湿ケアをしてあげましょう。

        
        

  関連記事

30代のアンチエイジングは食事と美白がキーワード!

年代別アンチエイジング・30代は食事と美白で差をつける アンチエイジングと一口に …

骨だけが原因じゃない!顔のエラの出っぱりを解消させるセルフケア

エラを解消させるポイントは、咬筋(こうきん)という筋肉のマッスル化を予防する事! …

塗るだけかんたんバストアップクリーム「クレセール」で理想の美バストに!

バストケアとスキンケアで理想的な美しいバストを目指す濃厚バストクリーム 胸が小さ …

高濃度美容液配合の「パルクレール美容液」でニキビ跡をケア

即効力と持続力、両方の効果で長年のニキビの悩みを解決に導く ケアしても繰り返しで …

大人気の化粧水SK-II。ピテラが導く驚異のロングセラー力と進化力

CMでも話題のエスケーツー。 「SK-II(エスケーツー)」は、P&G …

原因不明の不調、実は顔のゆがみが原因かも!

見た目が気になるだけではなく、体の不調にもつながる顔のゆがみについて調べてみまし …

パックタイプの美輝肌マスクで時短しながら楽々エイジングケア

働いてても肌のことは考えてあげたい、忙しい女性におすすめ そろそろエイジングケア …

界面活性剤はなぜ注意が必要だと言われるの?

界面活性剤は肌に悪いから使わない方が良い? 化粧品に含まれる界面活性剤はやっぱり …

やっちゃだめ!悪い習慣になりがちな頭皮にダメージを与える行為とは?

知らず知らずのうちに髪を傷つけているかも!注意したい行動を紹介。 毎日行っている …

顔汗をかく原因&止める方法は?困ったらサラフェがおすすめ!

顔汗をかきやすい方のために汗対策とおすすめ商品をご紹介します。 暑いわけでもない …