今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

目元のむくみ対策&予防法!効果的な改善方法は?

目元のむくみが発生してしまったらこれで対策!むくみの原因などもご紹介します。
b71020f2831f41cae08f9a4627e328e6_s
まぶたがむくんでしまうと顔全体のイメージが変わってしまいます。朝起きて鏡を見た瞬間に気持ちも落ち込んでしまいますよね。メイクでごまかそうとしてもなかなかうまくいかず、結局諦めて出かけているという方も多いのではないでしょうか。ですが、まぶたのむくみが発生する原因や対策を知っておけば、すっきりとした顔で出かけることができるようになります。

自宅で簡単にできるセルフケアの方法をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

まぶたのむくみが発生する原因は?

大きな原因ともいえるのが、塩分の取りすぎです。様々な食品に塩分が含まれていますが、塩分を摂り過ぎると体はそれを薄めるために汗や尿といった水分を外に出さないように働きます。

すると、体内の様々なところで水分がたまり、むくみの原因に繋がってしまうのです。普段から塩辛いものを食べているという方はできるだけ塩分の摂取量を抑えるように心がけてみましょう。

それから、お酒の飲みすぎもまぶたがむくむ大きな原因になってしまいます。これは、お酒を飲み過ぎると脳の中枢機能が正常に働かなくなるといった理由のほか、アルコールによる血管内の脱水作用を危険と判断した身体が血管内に水分を取り込むということが関係しているのです。

お酒を飲む際に味の濃いつまみを食べる方も多いですが、これは塩分の過剰摂取にも繋がってしまうため、様々な理由でお酒の飲みすぎはむくみに繋がると思うといた方が良いでしょう。

また、ホルモンバランスの変化によってまぶたのむくみが発生してしまうこともあります。女性は生理前と生理中にホルモンバランスが乱れやすいので、この時期は注意していたとしてもまぶたのむくみが発生してしまうことがあるのです。

まぶたのむくみ解消法

血行が悪くなってしまうということもまぶたのむくみが発出する大きな原因であるため、血流改善をしてあげましょう。すぐに実践できて効果的なのが、金属でできたスプーンを使ってまぶたを冷やしたり温めたりするということです。まず、40度程度のお湯と氷を入れた水を用意しておきましょう。スプーンをお湯に入れて温めたらまぶたに5秒ほど置きます。続いてスプーンを氷水で冷やし、同じく5秒ほどまぶたに置くという動作を繰り返してみてください。

これでむくみが取れなかった場合にはマッサージも取り入れてみると良いですね。

まず、人差し指から小指までの両方を使い、鎖骨のくぼみ部分を5秒間押します。次に人差し指と中指を使って鎖骨を挟み、外側から内側へ向かってなぞっていきましょう。最後に人差し指と中指を使い、鎖骨の中央部分から脇の下へ向かってなぞります。

この動作を左右交互に3回ずつ行うと脇の下のリンパが流れやすくなり、体内に溜まっている余分な水分や老廃物が排出されやすくなるのです。

他には、顔のリンパを流れやすくするマッサージもあります。中指を使ってあごの下部分と鎖骨の凹んだ部分、耳たぶの裏を押していきましょう。次に、目の周りを外側から内側に向かってなぞり、耳の下のリンパ節に流していきます。

これらを左右同時に3回行いましょう。

また、ツボ押しも効果的です。眉毛の内側の端に少しくぼんでいる部分がありますよね。ここには攅竹(さんちく)というツボがあります。

それから、目頭から鼻に向かって少し斜め上の部分にも同じくくぼみがあり、こちらは晴明(せいめい)というツボです。どちらも目元のむくみを取るのに効果的なツボであるため、左右同時に3秒から5秒ほど3回ずつ押してしていきましょう。

即効性でいうとスプーンを使った血流改善やマッサージの方が効果的ではありますが、ツボ押しも取り入れていくと良いですね。

        
        

  関連記事

デリケートゾーン&全身のニオイケアができる『ラブフル』のキャンペーンがスゴイ

デリケートゾーンのニオイ・痒みケアに好評な『ラブフル』は、ワキガや足のニオイケア …

SUISPAは家庭で本格的な酵素バスが楽しめる!美容や健康対策に役立てよう

水素だけでなく美容成分も配合したSUISPAに注目! 美容系の雑誌などで水素が取 …

今すぐ使いたい!ベビーパウダーの驚くべき万能コスメっぷり!

赤ちゃんだけに使うのはもったいないほど高機能なベビーパウダーの魅力をご紹介。 赤 …

50年の歴史を持つシーボン.の魅力、ホームケア×サロンケアで美肌度アップ!

出典:株式会社シーボン   シーボン.は1966年に誕生して以来、50 …

ペーストより肌にやさしい石けん洗顔で、正しく上手に洗顔!

さまざまなバリエーションの中から自分にあった洗顔石けんを選ぼう “洗顔は石けん派 …

保湿剤として人気の「グリセリン」、粘度が高く重めのテクスチャーが特徴

吸湿性が強い分、活用方法や取り扱いには注意が必要! 「グリセリン」は保湿剤として …

はやく治したい!お尻ニキビができる原因と改善方法

痛みを伴ったりすると日常生活にも支障が出るお尻ニキビの原因と対策方法をご紹介しま …

目が小さく見えるのは蒙古ひだが原因!?整形なしでデカ目にするマッサージ方法とは

蒙古ひだを改善するマッサージとは?そのやり方は? みなさんはメイクをするとき、ど …

出来れば併用したい…ボディ用日焼け止めは顔にも使えますか?

日焼け止めはボディ用と顔用で使い分けるほうが良い Q.ボディ用の日焼け止めを顔に …

【保存版!】乾燥から全身を守るポイント、赤ちゃんのようなうるぷる肌になるには!?

「えっ!乾燥がシワやシミの原因なの!?」乾燥は老化のサイン!シワやシミになる前に …