今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

乾燥しないための洗顔方法『泡洗顔』のやり方をチェック!

いよいよ冬本番!泡洗顔でうるおい美肌をキープ

36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s

紅葉で色づいた葉も散り始め、風の冷たさが身にしみる冬になってまいりました。冬と言えば『乾燥』が付き物。スキンケアをした直後はうるおっていても、時間がたつごとに乾燥してカサカサシワシワ・・・。ファンデもポロポロ取れていく・・・。本当に困ります。

冬は特に念入りに保湿ケアをしたい季節ですが、肌を乾燥から守るには洗顔方法も重要です。洗顔はスキンケアの基本。乾燥しないための洗顔方法をチェックしてみましょう。

うるおい美肌を作る洗顔方法

・洗顔は美肌作りの基礎
肌は排泄器官です。汗、皮脂、古い角質などを排出し、新しい皮膚へ生まれ変わることでうるおいとハリのあるキレイな肌を保っています。

洗顔によって肌表面に付着した汗などの排せつ物を洗い流すことで正常なターンオーバーを促します。また、メイク汚れや空気中の雑菌が肌に付いたものを落とす役割もあります。

正しい洗顔方法で汚れをスッキリ落とした肌は化粧水の浸透も良くなり、今までよりうるおいやハリを感じられるようになります。逆に汚れが落ち切っていなかったり洗浄力が強すぎると肌荒れや老化の原因になります。

汚れは落として潤いをキープする洗顔方法

洗顔料には色々な種類があります。フォームタイプ、ジェルタイプ、泡で出るタイプ、固形石けんが代表的です。今回は一般的な泡立てて使うタイプの洗顔料について、乾燥しない洗顔方法をご紹介します。

・乾燥しないための洗顔方法は『泡洗顔』
洗顔料を泡立てて使うものが多いのは泡のクッションによって肌を傷めずに汚れを落とせるからです。キメ細かい泡は毛穴の奥につまった汚れも吸着してくれるので、ゴシゴシ擦らなくてもメイク汚れや毛穴のつまりも取り除いてくれます。

強く擦ると角質を無理にはがして乾燥の原因になるだけでなく、メラニンを発生させてシミやくすみを引き起こすので絶対にNG。

泡洗顔は『肌をこすらず負担をかけない』が目的のシンプルな考え方のとっても簡単なスキンケア。今日からでも取り入れられるうるおい美肌テクニックなので早速実践してみましょう。

泡洗顔の方法

泡立てネットでできるだけキメ細かい弾力のある泡を作る

弾力泡を作るコツは少量ずつ水を加えていくこと。一気にたくさん水を含ませてしまうと弾力のない水っぽい泡になってしまうので要注意。りんご大の泡があれば顔全体を覆った泡洗顔ができます。

泡を顔に乗せて軽く押し付けるように洗う

泡洗顔の最大のポイントが洗い方。泡に汚れを吸着させるイメージで、できるだけ手はふれずに泡を肌に押し付けるようにして汚れを落としていきます。摩擦によるストレスを与えないことで乾燥から肌を守れます。

泡を残さず洗い流す

泡が残りやすい生え際やあごまでしっかり泡を洗い流します。この時もできるだけ手でふれないように、ぬるま湯を肌にかけるように洗い流すとより摩擦の負担を減らせます。

どうでしょう?とても簡単ですぐに実践できるスキンケアですよね。

基本的には今お使いの洗顔料で泡洗顔を始めればOKです。ただし、30歳になっても20歳の時と同じ洗顔料を使っているような場合には洗顔料から見直しが必要です。

若い頃は皮脂量の分泌が多く、洗顔料も皮脂を取り除く効果が高い処方になっています。皮脂量も年齢とともに少しずつ減少していくため、肌に状態にあった洗顔料を使用しましょう。

また、洗顔後に肌がつっぱる、ヒリヒリするという場合は洗顔料が肌に合っていないからです。肌に優しい洗顔料に変えてみましょう。

        
        

  関連記事

間違った塗り方は逆効果!リップクリームの正しい使い方

唇を乾燥から守ってくれる便利なアイテム、りっぷクリームの正しい使い方とは? 唇の …

どうすれば古臭くならない?今っぽい太眉を作るポイント

太眉にすると老けた印象になってしまう…という方のために太眉をおしゃれに描くポイン …

紫外線で髪バッサバサ!今からできるヘアケアは何?

お肌の紫外線対策はバッチリ!…でも、髪は?日焼けした髪に出来るアフターケアを紹介 …

デリケートゾーンの悩み…もしかしたら女性器の老化が原因かも?

女性に是非知っておいてほしい女性器の老化についてご紹介します。 女性器などデリケ …

50代以上のアンチエイジングはインナービューティーが重要!

年代別アンチエイジング・50代以上はインナービューティーを極めよう 30代、40 …

塩洗顔でつるすべ美肌実現!めざせ・毛穴レス・ニキビレス美人!

塩で顔を洗う?塩洗顔で知っておきたい効果と注意点 “つるつる美肌になれる!”と、 …

意外と年齢が出てしまう首元のエイジングケア

フェイシャルケアと同じくらい手間をかけることがポイント! 仕事で疲れて帰ってきて …

老け顔になんてしたくないから!夏場の肌疲労はためずに解消!

危険!肌の疲れが老け顔を作る 体に疲れがあるように肌にも疲れがあります。それを「 …

柔軟、ふき取り、収れん化粧水、しっかり使い分けできてますか?

保湿だけじゃない!角質を落としたり毛穴を引き締めたり、進化する化粧水たち 化粧水 …

ニキビ跡に効果的な美白化粧品は?跡になってしまっても美白可能!

一度できてしまうとなかなか改善することができないニキビ跡に有効なケアは? ニキビ …