今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

夏本番!強い陽射しを避ける日傘を買う前のチェックポイント

日傘選びに悩んだら、こんなポイントに注目!
67c7605bb293aca6451f7b323ca3cd48_s
帽子や日焼け止めのほかに、定番のUVケアアイテムといえば日傘ですよね。最近ではさまざまなカラーやデザインのものがあり、日傘選びにも迷ってしまうかもしれません。せっかく日傘を買うのなら、好きなカラーやデザインを選ぶだけでなく、しっかりUV対策や暑さ対策になるものを選びたいと思いませんか?夏場の外出で強い味方になってくれる、日傘を選ぶときに気をつけたいポイントをいくつかご紹介します。

UVカット率・遮光率に注目!

日傘を選ぶときのメイン基準となるのが、UVカット率と遮光率です。UVカット率は、その名の通り紫外線をカットしてくれる数値で、UVカット率が高ければ高いほど、日焼けしにくい日傘ということになります。遮光率は、可視光線、つまり目に見える太陽光を遮ってくれる数値で、遮光率が高ければ高いほど、影が濃くなって強い陽射しを防ぐことができる日傘ということです。

とにかく日焼けを防ぎたいという場合は、UVカット率の高さを優先させるとよいでしょう。強い陽射しを浴びるのを防ぎ、暑さ対策として使いたい場合は、遮光率の高い日傘を選ぶことをオススメします。

遮光率は、99.99%以上で遮光1級、99.80%以上99.99%未満で遮光2級、99.40%以上99.80%未満で遮光3級という基準があります。この基準では、99.39%以下のものは、なんと「遮光性なし」という等級になっているんです。1%未満の違いでも、遮光率にはかなりの違いが出てくるので、強い陽射しをしっかり防ぎたいという場合には、遮光率100%の日傘を選んでみてください。

日傘の色に注目!

黒に近い濃い色のほうが、日焼けを防ぐ効果が高そうですよね。しかし、UVカット加工された生地は、どんな色のものでもUVカット効果を発揮してくれるのです。いろいろなカラーが入ったかわいい柄のものでも、淡い色合いがきれいなものでも、UVカット加工さえされていれば、紫外線を防ぐことができるんです。

そして、遮光効果が高いと思われている黒い日傘は、逆に日光の熱を吸収しやすく、布地そのものが熱くなってしまいます。せっかくの日傘でも、表面が真っ黒なタイプは、暑さ対策にならないことがあるんです。

黒を選ぶなら、傘の内側が黒くなっている日傘を選びましょう。実は日傘を差していても、地面からの照り返しで、下からの紫外線を多く浴びています。その照り返しを吸収してくれるのが、内側が黒くなっている日傘です。内側が黒なら遮光率も高くなり、照り返しも防いでくれるため、暑さやまぶしさの対策にもなります。

逆に注意したいのは、傘の内側が白やシルバーなど、明るく光沢があるタイプの日傘です。内側の色が明るく光沢があると、照り返しの紫外線を顔や首などに集中させてしまっているようなもの。日傘の内側は黒か、暗めのカラーになっているものを選びましょう。

「UVカット加工」と「UVカット素材」の違いに注目!

aa1b7e2b2be89534b00ccb88d8c05bd8_s
似ているようでまったく違うのが、日傘の「UVカット加工」と「UVカット素材」です。UVカット加工は、製品になった日傘や日傘に加工する前の生地に対し、紫外線吸収剤などを吹き付けて加工したもの。UVカット素材は、日傘に使われた生地そのものに紫外線吸収剤を練り込んで作られています。

UVカット加工の日傘はあとから加工されているため、肌に塗る日焼け止めと同じように、時間経過とともにUVカット効果が減っていってしまいます。日傘によって異なりますが、一般的には2年から3年程度でUVカット効果がほとんどなくなってしまうので、定期的に買い換えることが必要です。

UVカット素材の日傘は、UVカット効果自体にはあまり変わりがなく、日傘としてのUVカット効果は長持ちします。

手持ちの日傘を差していても、日焼けすることが増えてきたという場合、もしかしたらUVカット効果がすでに弱くなってしまっているのかもしれません。数年で買い換えてデザインの違いを楽しみたいというときには「UVカット加工」、同じ日傘を長く愛用していきたいなら「UVカット素材」と、それぞれ使い分けてみるとよいかもしれませんね。

日傘にどんな効果を求めるのかによって、選ぶタイプやデザインも異なります。よりUVカット効果や遮光効果を求めるなら、レースデザインのような光を通すものより、厚手の生地で作られたタイプがオススメ。最近では明るいカラーでも、しっかりUVカットできる日傘も増えてきています。暑い夏を乗り切るために、日傘を買う前のチェックポイントを頭に入れながら、お気に入りの1本を探してみてくださいね。

        
        

  関連記事

いぼの種類と原因について。基本的な治療方法は?

なぜいぼはできる?種類などについて詳しくご紹介します。 美肌を心がけていたとして …

オーラルケアだけじゃない!こんなにあったリステリン裏技

マウスウォッシュひとつでボディケアから掃除まで 目次1 消毒液として生まれたマウ …

知らなかった!シャンプーはこうして選ぶのが正しかった!

普段なんとなく選んでしまう人も多いシャンプー。実は自分にあったものを選ばないとト …

夏が終わったら化粧水・乳液を切り替えて夏の肌ダメージをリセット!

夏用の化粧水・乳液を秋に使っているとダメな理由3つ 夏になるとさっぱりタイプや皮 …

髪は女の命!女性の薄毛を予防していくつになっても若々しく

女性の薄毛の対策と予防は頭皮環境が重要 薄毛や抜け毛の悩みというと男性のイメージ …

【保存版】化粧品は最後まで使い切れる!試す価値ありの裏技や変身術を大紹介

使いきれない、合わない化粧品を最後まで使う方法や有効活用する方法を紹介! 化粧品 …

30代、40代は意識しておきたいほうれい線の原因と対策法

今すぐはじめよう!全身対策から簡単表情筋ストレッチまで イラストで女性を描く時、 …

深まるほうれい線の進行を食い止めるには保湿とビタミンC補給がポイント

顔の印象を一気に老けさせるほうれい線。放置するとどんどん深くなっていきます。最近 …

プラセンタで美肌作り!働きや期待できる効果、取り入れる時のポイントは?

美容の分野で注目されているプラセンタについてご紹介します。 プラセンタといえば、 …

老け顔の三大原因「重力・筋力低下、血行・リンパ、乾燥・水分不足」を徹底排除しよう

いつまでも若々しい美魔女が増える一方で、実年齢以上に老けて見えてしまう老け顔の悩 …