今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

大人の女性に試してほしい!やさしく香る練り香水の魅力

ほのかないい香りがいつでも楽しめる、大人のフレグランス「練り香水」
82e5e08150d5864e8d84e311f49b3c35_s
いい香りでいるのは好きだけど、普通の香水だとつけすぎないか心配…。香水は好きだけど、お気に入りの香りがすぐ飛んじゃう!香水をよく使う女性にとって、一度は通る悩みかもしれません。そんな女性にオススメしたいのが「練り香水」です。液体の香水と比べると種類は少ないものの、パッケージのかわいらしさや持ち運べる便利さから、ずっと愛用しているという人も多いんですよ。

練り香水と普通の香水はどう違う?

練り香水とは、その名の通りオイルやワックスを練って作られたフレグランスのことです。一般的によく知られる液体の香水は、アルコールをベースに作られていますが、練り香水のベースとなっているのは、ホホバオイルやミツロウ、ワセリンといった、肌につけても安全性が高いものです。

練り香水と液体香水の大きな違いは、この原材料の違いにあるのですが、原材料による大きな違いは揮発性にあります。アルコールは揮発性が高く、揮発するときに香りが出るようになっているため、液体香水は香りもわかりやすく鮮やかです。一方の練り香水に使われているオイルやワックスは、アルコールと比べると揮発性が低く、液体香水のようにつけてすぐに香りが立ちのぼるものではありません。その代わり、おだやかな香りが長続きしやすいという特徴があります。

使い方は、基本的に液体香水と同じです。手首や足首、耳元、ウエスト、首筋など、体温が高くなりやすい肌に、指で取った練り香水を直接塗ります。強く香るものではないので、誰かに気づいてほしいなというときには、2~3時間おき程度に塗り直すとよいですよ。

大人の女性にピッタリ!練り香水のメリット

ほのかな香りが長時間続くのが、練り香水の大きなメリットとご紹介しました。そのほかにも練り香水のメリットをいくつかご紹介します。

手軽に持ち運べる!

練り香水はほとんどが小さな容器に入っているものです。だから化粧ポーチにそっと忍ばせて、好きなときに好きな香りを楽しめます。アトマイザーのように、替え容器にわざわざ詰め替える必要もありません。

つけすぎの心配なし!

練り香水は元々やさしく香るものばかりなので、液体香水のようにつけすぎて、逆に臭くなってしまう心配がありません。また、つける量も少しずつ調節できるので、ほのかな香りを楽しみたい人から、フレグランス初心者さんにもピッタリです。

肌にやさしい!

練り香水の主な原料は、肌の保湿にも使われるもの。だから肌に塗っても安心ですし、ネイル周りにつければ、やさしく香りながら指先の保護もしてくれます。

練り香水ならではのこんなアレンジも

f7e137e078e6221c57be380c4c0a2600_s
液体ではない練り香水だからこそできる使い方もたくさんあります。

毛先につければ髪が揺れるたびにほんのり香るヘアワックス代わりになりますし、無香料のハンドクリームと混ぜて使えばお気に入りの香りで癒やしのマッサージタイムに。また、肌にやさしい成分で作られているので、寝る前のフレグランスとしてもオススメ。お気に入りの香りに包まれたら、ゆっくりと眠ることができそうですね。

体以外なら、ハンカチやカーテンなどの布製品、便せんや封筒、ノートなどの紙製品につける方法もあります。カーテンは開け閉めするたびにふわっと香り、ハンカチならカバンを開けるたびにほんのりとしたいい香りが楽しめ、手紙につければ相手に好きな香りをほのかに届けることができるんです。ただ、つける量によっては布や紙に染みこんでシミになることもあるので、目立たないところで試してから使ってみてください。

香りに飽きてしまった、肌に合わなかったという場合は、そのまま置くだけでルームフレグランスとしても使えます。フタを開けなくてもほのかに香りますし、フタを開けておけばふんわり香るルームフレグランスになりますよ。

カンタン!手作り練り香水の作り方

練り香水は、実はカンタンに手作りすることができます。本来はミツロウやシアバターなどで作るのが一般的ですが、ドラッグストアなどで手軽に購入できる白色ワセリンを使った方法をご紹介します。

材料
  • お好みのエッセンシャルオイルや液体香水
  • 白色ワセリン
  • 小さいクリーム用の容器
  • ワセリンを取り出すスパチュラ(なければウッドスティックや爪楊枝で代用できます)
作り方
①用意した容器の8分目くらいまでワセリンを入れます。

②容器に移したワセリンの上から、好きなエッセンシャルオイルや液体香水を10滴ほどたらします。

③爪楊枝やスパチュラを使って、ワセリンとオイル・香水がなじむまで混ぜ合わせたら完成です。

好きな香りの練り香水がない、お気に入りの香りを練り香水として持ち歩きたいというときにもピッタリなので、ぜひ試してみてくださいね。

ほのかに香るからこそ、長く楽しめるのが練り香水の魅力です。キツすぎず、やさしい香りのある生活を楽しんでみませんか?

        
        

  関連記事

いぼの種類と原因について。基本的な治療方法は?

なぜいぼはできる?種類などについて詳しくご紹介します。 美肌を心がけていたとして …

赤ニキビってどんな状態?赤いニキビのケア方法とは?

赤ニキビは適切なお手入れで早く治そう 1つでもできてしまうと鏡を見るたび憂鬱にな …

お疲れ肌に朗報です!POLAの顔エステなら精密な肌診断で自分にピッタリのトリートメントができる!

美白化粧品のパイオニア「POLA」の顔エステとは? 夏の間に蓄積された紫外線ダメ …

そのブツブツもしかして化粧品による肌トラブル?原因や対策が知りたい!

たかが肌荒れと放置するのはNG!化粧品による肌トラブルについてご紹介します。 キ …

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違いとは?肌に優しい日焼け止めはどっち?

日焼け止めには2種類ある それぞれの特徴とは? 日焼け止めに含まれる紫外線をカッ …

キューティクルエッセンスの新・ヘアケア発想で、シャンプータイムが変わる!

キューティクルケアで翌朝のヘアスタイルが決まる!時間がたっても大丈夫 @suje …

乾燥してるわけじゃないのに髪がパサついてフケがでるのはどうして?その原因と改善する方法とは?

冬は肌と同じで髪も乾燥しやすくパサつくと感じる人も多いはず。でも、冬じゃないのに …

40代のスキンケア キレイな人は何をしている?

40代からは肌悩みに合わせた+αのスキンケアを始めよう Q.20代のころから洗顔 …

気になるそばかすの効果的な改善方法が知りたい

子供の頃はチャームポイントだったそばかすも、大人になってからだと悩みの種に。そん …

脱汚肌!すっぴんで勝負できる素肌美人をめざせ

ノーメイクの時鏡を見たくない、汚肌の悩み解決しよう 最近よく目にする「汚肌」。美 …