今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

マンネリした夫婦にときめきを取り戻す5つの方法

夫婦のマンネリを解消する方法とは?
4895357c0ff97a1c2404d1ebef01acbb_s
長く夫婦生活を送っていると、どうしても最初の頃のようなときめきは感じなくなってきますよね。マンネリ化せずいつまでもずっと仲良くしていたい、ときめきを忘れずにいたいと思っている方にぜひ試してほしい5つ方法をご紹介します。

たまにはかわいくワガママを言ってみる

主婦業や育児をしていると、ついつい旦那さんに対して母親のように接していませんか? そんなあなたの母性に旦那さんは甘えすぎているのかもしれません。たまには恋人時代のようにかわいいワガママを言ってみましょう。

一緒に歩いている時に「手をつなぎたいな」と言ってみたり、体調が悪い時は「ごめんね、今日の夕ご飯は何か買ってきて」とお願いしてみてください。後者の場合、疲れた体を休めることもできますし、「今日は外食の気分なの」と言って外に食事に行くのも良いと思います。

感謝の気持ちを忘れない

ちょっとしたことでも感謝することを忘れないのも夫婦のマンネリ化を防ぐために大切なことです。

一緒にいる時間が長いと相手が好意でしてくれていることもだんだん当たり前に感じてしまい、つい感謝することを忘れてしまいがちなので初心に帰るつもりで旦那さんが何かしてくれたら「ありがとう」と言ってみてくださいね。

一人の時間を持つ

のんびり買い物をするもよし、趣味に打ち込むもよし、とにかく一人になれる時間を持ちましょう。

ずっと一緒にいると相手の悪い面の方が目に付きやすくなり、ささいなことでもついイライラしてしまいます。同じ空間にいると相手に気を遣うから疲れちゃうんですよね。一人でのんびりする時間があると息抜きや気分転換ができますし、すっかり忘れていた旦那さんの良いところにも気付けるかもしれません。

記念日にお祝いをする

マンネリを解消するために有効なのが、記念日を忘れずにちょっとしたお祝いをするということ。結婚記念日やお互いの誕生日など、手の込んだものではなくてもちょっとしたプレゼントやケーキがあるだけで特別な感じがしてときめきを思い出すことができます。

また、記念日を口実にいつもは行かないようなお店にデートに行くのもおすすめです。メイクや服装も全く違う雰囲気にすると旦那さんもうれしいと思います。

オシャレに気を使う

家事や育児が忙しいと自分にかける時間はあまりなくなってしまいますよね。気が付くと肌も服装も一気に老け込んでいたという女性も多いのではないでしょうか?

普段からばっちりヘアメイクを整えておかなくても良いですが、たまには恋人同士だった時のように華やかなメイクやファッションを楽しんでみてくださいね。

実際に結婚生活が始まると、だんだんお互いがすぐそばにいることが当たり前になってときめくことが減っていきます。最近マンネリだなと思ったら、今回ご紹介した方法をどれか1つでも試してみてくださいね。

        
        

  関連記事

いつまでも一緒にいたい!結婚記念日の呼び方は?

年数ごとに呼び方がある結婚記念日について調べてみました。 結婚して何年経っても結 …

今すぐ使いたい!夫を喜ばせる魔法の言葉3つ!

いつまでも仲むつまじい夫婦であるためのキーワードを紹介します。 いくら人生のパー …

「あれ?もしかして…」浮気を疑うべき夫の変化とは?

携帯が見られなければ、浮気の証拠は掴めない!?そんなことはありません! ご主人を …

ちょっとまった!離婚の前に知っておきたいお金の話【慰謝料・養育費編】

離婚をすることになったらお金についても考えることが大切 離婚を決意するタイミング …

旦那がムカつく!旦那への不満やストレス発散におすすめの方法

旦那から受けたストレスは家の外で解消がおすすめ 新婚だった頃はどんなことでも幸せ …

浮気が原因の離婚で旦那の浮気の証拠を確実につかむ方法

旦那の浮気を疑っているのであれば、証拠集めから始めましょう 浮気が原因で離婚に至 …

夫婦で会話や食事をしない…もしかしてうちって仮面夫婦?

仮面夫婦になっていないかチェックしてみよう 3組に1組が離婚すると言われています …

離婚成立!その前に知っておきたい離婚後必要な変更届け

旧姓に戻るだけでも、さまざまな名義変更が! 離婚には労力が必要です。やっとの思い …

決断したら、損をしないで賢く離婚しよう!知っておきたい財産分与について

財産分与の基本は二等分、専業主婦でも共有財産がある 離婚の理由はさまざまだと思い …

なかなか人には聞けない…いまどきの離婚事情、離婚理由

法的には離婚できない理由もあるので要注意! 「いざ結婚してみたら全然違った」「こ …