今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ウォーキングでホルモンバランスを整えて美肌力×体力アップ!

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

年齢とともに衰えて行く体力と美肌力。特に40代になると疲れがなかなか取れなかったり、夜更かしができなくなったり、年齢を感じることも多いですね。

40代から体力が落ちる原因には「ホルモンバランス」が大きく影響しています。それを防止するためにお薦めなのがウォーキング。30代のうちからウォーキング習慣を身につけておくと、身体の内側から若さを保つことができ、衰え予防に有効です。

ウォーキングの基礎知識

ダイエットや基礎体力作りでも大人気のウォーキング。有酸素運動なので脂肪燃焼効果が高く、代謝力アップに効果があります。

同様のスポーツであるジョギングはスピードがウォーキングよりも速く、また、ウォーキングではどちらか片足が必ず地面についているのに対して、ジョギングは両足が一瞬でも地面から離れるという違いがあります。その分消費カロリーは大きいのですが、無理をすると身体に負担がかかることもあります。

それに対しウォーキングは、身体や心臓への負担も少なく、誰でもいつからでもはじめられます。またので、忙しいアラサー、アラフォー世代でもOK。運動が苦手という方でも大丈夫です。

なぜウォーキングがホルモンバランスに効果的なのか

女性のホルモンバランス

女性は生理や出産など、常に女性ホルモンの影響をうけており、それがダイレクトに体調や肌の調子に影響します。40代半ばになると卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少します。それにより脳がエストロゲン分泌を促すホルモンを分泌、ホルモンバランスの乱れが起こります。

最近では、30代でも更年期症状があらわれるプレ更年期の「若年性更年期障害」も増えてきています。

更年期の症状には個人差もありますが、ホットフラッシュやのぼせ、多汗やめまい、むくみ、冷え、また身体のだるさや倦怠感、疲れやすさなどがあります。

更年期障害だけでなく、睡眠不足やストレス、食生活の乱れや運動不足、またPCやスマホ時間の増加による姿勢の悪化や目の疲れなどが、ホルモンバランスの不調を招きます。特に骨盤のゆがみは子宮を圧迫し、ホルモン分泌を低下させます。

ウォーキングとホルモンバランスの関係

歩くことで“神経の反射板”といわれている足の裏が刺激され、様々な神経が活発に働き出します。脳も刺激を受けて活性化し、以下のようなホルモンが分泌されます。

β-エンドルフィン:痛みやストレスを麻庫させる働きを待ち、歩きはじめて15分ほどで分泌されます。気分をハイにし、免疫細胞の活動が活発になります。

ドーパミン:脳に高揚感や達成感をもたらす快感ホルモンで、歩き始めてから約25分後に分泌されます。やる気を高めます。

セロトニン:歩き始めてから約40分後に分泌されるホルモンで、充足感や幸福感をもたらし、気持ちをリラックスさせます。

こうした効果によって、自律神経が整えられ、ホルモンバランスの乱れを解消することができるのです。

歩くことで骨盤の血行が促進されるので、女性ホルモンの分泌もスムースになります。女性ホルモンにはコラーゲンを増やし、肌のターンオーバーを促進し、美肌を作る効果があります。また、コレステロール値を下げたり、強い骨を作るといった作用もあります。

ウォーキングの美肌・健康効果

ホルモンバランスの調整以外でも、以下のような美容健康効果があり、身体の内側から美や若さ、心身の健康を保つことができるのです。

血行促進

足の裏を刺激→背骨や骨盤を含む体のさまざまな部位を刺激し、血液循環を改善します。それによって血色のよい美しい肌をゲットできます。冷えやコリも解消できます。

老廃物の排出

汗をかくことで身体にたまった不要な水分や老廃物を排出。むくみが解消され、毛穴の汚れも流されます。

肌の再生力アップ

激しい運動では活性酸素が生じてしまい、身体にダメージを与えますが、穏やかな有酸素運動のウォーキングでは、体への負担が少なく、活性酸素に対する抵抗力を高めて、肌のターンオーバーのサイクルを正常化し、肌の再生力を高めます。

脂肪燃焼によるダイエット効果

歩きはじめてから約15~20分くらいで脂肪燃焼が開始され、不要な脂肪をエネルギーに変えるのでダイエットやメタボ対策に効果があります。

効果的なウォーキング方法

1時間以上歩こう

脂肪が燃え出すのが歩き始めて20〜30分からなので、1時間以上歩くことで効果が高まります。

自然の中を歩こう

五感で四季の変化を感じることができ、飽きずに続けやすいと思います。緑が多い場所なら森林浴効果もあってリラックスできます。

無理はしない

ウォーキングはできるだけ続けることが大切です。調子がよくても無理をせず決めた時間を守りましょう。

水分補給を忘れずに

脱水症状を避けるために、水分はこまめに補給しましょう。冬場でも汗はかいているので水分補給は欠かせません。

服装と専用アイテム

服装は季節や天候、体調等に合わせて快適に歩けるものを選びましょう。できれば専用の靴があると足に負担がかかりません。帽子やタオルも忘れずに。もちろんUVケアも!

        
        

  関連記事

糖分を賢く&美味しく使って、美肌やダイエット効果を味わおう

見逃せない!美容効果の高い甘味料の種類と効果 糖分は大切なエネルギーの1つで、特 …

短期間の断食で体の中から若返る!

断食でエイジングケア・ダイエットだけじゃない断食の効果 最近、20代の若い女の子 …

鍛えないヨガ、“リストラクティブヨガ”とは?

体力がなくても、時間が割けなくても、リストラクティブヨガなら続けられる! 出典: …

フルーツ青汁で美しくダイエット!青汁が苦手な人こそチャレンジを!

青汁=マズイというイメージを払拭するのがフルーツ青汁! 青汁が注目されるようにな …

カラダと美容のプロが選ぶ“究極の抗酸化”「ハイドロゲンEX」

還元力抜群の「マイクロクラスター水素」が、カラダの隅々まで強力抗酸化×デトックス …

ダイエットに!自分磨きに!意外な自撮りの効果とおすすめのアプリ

手軽にできる自撮りを最大限に活用して最高の自分を目指そう♪ スマートフォンやSN …

さつまいもがダイエットに役立つ!おいしく食べて痩せよう!

さつまいもといえば、秋の味覚として定番の食材です。そんなさつまいもがダイエットに …

豆腐ダイエットで健康的な美ボディを目指そう!豆腐ダイエットの効果的な方法は?

みなさんは豆腐ダイエットをご存知でしょうか。無理なくダイエットしたい方にとてもお …

腰回りの肉を解消するのにヨガが効果的!30歳以上は要チェック!

若い頃に比べると年をとってからぜい肉がつく部分が変化した…と感じる方も多いでしょ …

黒豆ダイエットで痩せるのはなぜ?効果的に痩せるための方法とポイントとは?

ダイエットを助けてくれる栄養素が多く含まれた豆類。この豆類を食事に取り入れること …