今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

気がついたら背中の肉がタップリ!背中の肉を落とす方法はあるの?

自分の背中を見ることはできません。そのため、写真や鏡に映った自分の背中をみたときに、たっぷり肉がついていることに気がついて、愕然とする女性もいるのではないでしょうか。背中に肉がつくと、とたんに老けて見えるので、何とかしたいと思いますよね。

また、1年ぶりに春物のワンピースを着ようとしたら、背中のファスナーが上がらないという経験をしたひともいるはずです。

Tシャツの上からでも、背中のはみ肉はすぐにわかりますから、後ろ姿だけだと、実年齢より10~20歳年上に見られているかもしれません。

では、どうして背中に肉がついてしまうのでしょうか。その理由もさまざまです。

そこで今回は、背中に肉がつきやすくなる原因や、肉ついてしまった贅肉を落とす方法、背中に贅肉をつけないためにはどうしたらいいのかについて、お話しします。

早い時期から背中の贅肉に目を向けて、きちんとケアすれば、いつまでも洋服を着こなせるスタイルを保てます。

また、背中は一度贅肉がついてしまうと、なかなか落ちない部分でもあります。見えない部分だからこそ、日ごろから気にかけて、ケアをすることが大切です。

できることからすぐに始めて、背中美人を目指してみませんか?

背中に肉がつきやすくなる理由とは?

まず、背中に贅肉がついてしまう理由について、説明しておきましょう。

加齢によるもの

まず、加齢によるものです。背中の筋肉は、年齢を重ねると衰えてしまいます。

そのため、運動習慣がある、あるいはエクササイズをしているなど、背筋を鍛えていなければ、どんどんたるんでしまうのです。

見た目はスマートなのに背中がたるんできた、高いところにあるものをとるのが辛いと感じる、普段から運動やエクササイズの習慣がないひとは、自分の背中をチェックしてみることをおすすめします。

姿勢によるもの

次に、姿勢が悪いことです。特に、猫背のひとは注意が必要です。

猫背になっていると、背中が歪むだけでなく、筋肉を使わなくなります。すると、背中の脂肪が増えていってしまうのです。

さらに、猫背になると血行が悪くなるので、脂肪が燃焼しにくく、老廃物と絡み合い、脂肪からセルライトになって蓄積されてしまいます。

歩くときに首が前に出てしまう、デスクワークをしている、パソコンを長時間使う、肩こりがひどいひとは、背中に贅肉がついているかもしれません。

背中の肉を落とす方法はあるの?

では、ついてしまった背中の贅肉を落とす方法はあるのでしょうか。

エクササイズで背中の贅肉を落とす方法

緩んでいる肩甲骨を閉めるエクササイズがおすすめです。

  1. 顔を正面に向けたまま、首を横に倒し、30秒キープする。終わったら、反対側も同じように行う
  2. 両腕を肩の上がる高さまで上げて、手のひらを上に向ける
  3. ひじを90度に曲げ、そのまま後ろにひき、肩甲骨を下げる
  4. 肩甲骨を下げ、背骨に近いところに寄せたら、5秒キープする
  5. これを10回、くり返す

さらに背中の肉を落とすために、次のエクササイズも加えます。

  1. 両手を肩に置き、ひじを大きく回す動作を、前5回、後ろ5回行います。
  2. 両手を腰にあて、肩を思いきり上げる。息を吸いながら、そのまま3秒キープする
  3. 3秒かけて息を吐き、肩を思いきり下げる
筋トレで背中の贅肉を落とす方法

筋トレでも、背中の肉を落とすことができます。

  1. 床にうつ伏せに寝る
  2. 2秒かけて、上半身と下半身を同時に上に持ち上げ、2秒かけて再び床に下ろす
  3. この動作を15回くり返す。最後は上がった状態のまま15秒キープする

背中に肉をつけない方法はあるの?

では、背中に肉をつけないためには、何をしたらよいかも、お話ししておきましょう。

姿勢を改善する

まず、猫背を改善することです。仕事でパソコンに向かう以外にも、スマホや携帯ゲーム機を見るために前かがみになることが多いと知らず知らずのうちに猫背になってしまいます。

猫背が習慣化すると、筋力低下により背中に贅肉がつきやすくなるだけでなく、腹部にも脂肪がついてしまいます。

そのため、椅子に座るときにも、背もたれにもたれかからず、良い姿勢をキープすることを意識しましょう。

身体を常に真上に引き上げようと思う、意識が大切です。椅子に座るときにも、なるべく浅く座ることを心がけてください。

ストレッチを習慣にする

そして、ストレッチを習慣化することです。エクササイズや筋トレを続けるのが難しいのであれば、肩を片方ずつ大きくぐるぐる回すだけでも、効果があります。

その際は、肩甲骨がしっかり動いていることを確かめたうえで、左右ともゆっくり10回ずつ行います。すると、滞っているリンパや血行の流れがよくなるので、デスクワークの合間にするのもおすすめです。

また、ひじを曲げて脇を閉め、両腕を後ろにゆっくり、これ以上ひけないというところまでひきます。二の腕と背中の筋肉に効いていると感じられることが、大事なポイントです。

自分が続けやすいストレッチを毎日継続すると、背中に贅肉がつきにくくなります。まずは、試してみることから始めてみましょう。

自分の背中に注意を払って対処しよう!

背中に贅肉がつく原因の一つが、ハイヒールを履くことだと聞いたら、驚きますか?その場合は、猫背ではないのに、背中に贅肉がつきます。

これは、骨盤が歪んだことで、代謝が下がっていることが原因です。

ハイヒールを履き、膝が曲がった状態で歩くことが習慣になると、骨盤が歪んでしまうのです。

その結果、太ももの外側が硬くなってしまったり、脚が広がってO脚になると、おしりや腰、背中の筋肉も硬くなり、代謝が落ちてしまいます。

また、サイズの合わないブラジャーをつけて、上半身を必要以上に締め付けると、血流もリンパも滞ってしまいます。そのせいで代謝が下がり、老廃物がたまるようになると、背中に脂肪がつきやすくなります。

このように、いろいろな原因で背中に贅肉ができてしまいます。そして、一度背中についた贅肉を落とすのは、それほど簡単なことではありません。

自分で目視できる二の腕やお腹周りだけでなく、背中にも意識を向けて、きちんとケアすることを心がけましょう。

        
        

  関連記事

捨てるのも放置ももったいない!使い捨てカイロでダイエット!

冬のお供“カイロ”に、ダイエット効果や美肌効果があるのをご存知ですか? 目次1 …

嬉しい効能がいっぱい♪話題の豆乳ヨーグルトで腸内美人を目指そう

理想の健康食として話題の豆乳ヨーグルトは本当にすごい万能食品だった 今、理想の健 …

海外セレブも注目!ピラティスにはどんな効果があるの?

ピラティスは美しいボディラインを作るエクササイズ 最近、目や耳にすることが増えた …

フルーツ青汁で美しくダイエット!青汁が苦手な人こそチャレンジを!

青汁=マズイというイメージを払拭するのがフルーツ青汁! 青汁が注目されるようにな …

骨盤スクワットがダイエットに効くのはなぜ?効果を出すためのポイントと行う際の注意点。

「骨盤が歪んでいる人は太りやすい」、「骨盤の歪みは不調の原因になる」など、骨盤が …

置き換えダイエットの正しい行ない方とは?失敗を避けるために注意しておきたい点は?

ダイエットの方法として最近では定番になっている置き換えダイエット。運動するのが苦 …

手・脚パンパン問題や顔ムクムク問題は『するっと小町』で解決できる!?

むくみ改善の効果が評判の『するっと小町』について、配合成分やメリット、リーズナブ …

すだちで美容&アンチエイジング!効果・効能、取り入れ方は?

すだちといえば酸味がある果実で、焼き魚に合わせたりうどんなどに絞って活用する方法 …

ヨーグルトは朝より夜に食べるのがおすすめって本当?ダイエットもできるの?

食べ方に配慮してダイエットを成功させよう! ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸内 …

ダイエット、アンチエイジングと貧血の密接な関係

疲労感、だるさ、朝起きられない。むくみ・・・それ貧血が原因かも アンチエイジング …