今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

縄跳びダイエットのメリット・デメリットと気になる効果とは?

色々なダイエットを試しても、下半身を引き締めて細くするのはとても難しいと感じている人は多いのではないでしょうか。

ふくらはぎや太ももに筋肉をつければいいと言われても、なかなかうまくいかずガッカリしたことがある人も少なくないようです。

今回は、全身を鍛えながら特に下半身の筋肉を鍛えるのに効果が高いとされている縄跳びダイエットの効果的な方法と、知っておきたいメリット・デメリットについてご紹介します。

縄跳びダイエットとは?

縄跳びダイエットとはその名のとおり、縄跳びをするというとてもシンプルなダイエットです。

多くのアスリートが体を絞るために縄跳びを使ってトレーニングしていますが、特にボクサーが縄跳びを使って減量に取り組んでいる姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

縄跳びはウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動の一つです。そして、消費するカロリーはウォーキングやジョギングよりも多いとされています。

跳ぶことによって脂肪を燃焼し、筋肉を増やすことで基礎代謝を上げ、痩せやすい体を作ることができます。

さらには食事制限などで行なうダイエットと違ってリバウンドの心配もありません。

縄跳びダイエットでどんな効果が期待できるの?

縄跳びは全身を使う運動なので、ふくらはぎや太ももだけではなく、お尻や二の腕痩せにも効果があります。

また新陳代謝を向上させる働きもあり、それによって体内の血流の流れが良くなるのでむくみの解消に繋がり、疲れのたまりにくい体質に改善することもできます。

さらに、どんな運動にも言えることですが、体を動かすことはストレス解消にもなり、体だけではなく心も元気にしてくれる働きがあります

縄跳びダイエットの具体的な方法とは?

まず、縄跳びをする前にウォーミングアップとして柔軟体操を行いましょう

いきなり縄跳びを始めると足を捻ったり、腰を痛めたりと怪我をする恐れもありますので、それらを予防するためにもしっかり体をほぐしてから取り組みましょう。

縄跳びダイエットは有酸素運動ですので、できれば20分以上行うのが理想的です。

しかし、最初から20分跳び続けるのは難しいと思うので、まずは1分間に60回跳ぶ程度の速さで3分間を目安に跳び続けましょう。

そして5分間の休憩を挟み、また3分間跳ぶ、それを毎日3セット繰り返します。

もし3分間跳び続けることが難しいという人は、まずは1分間行って3〜5分間の休憩を挟み、また1分間跳ぶ、それを毎日3セット行なうだけでも確実に体を鍛えることができます。

慣れてきたら徐々に跳ぶ時間を増やし、徐々に1セットずつ増やしていきましょう。

ここで注意しておきたいのは、あくまで体に負担のかからないように行なうということです。気分が優れない時や縄跳びをしていて具合が悪くなった時は無理せず休みましょう。

縄跳びダイエットに取り入れたい跳び方

では、ここからは縄跳びの様々な跳び方についてご紹介していきます。跳び方を工夫することで異なった部位を引き締めることができ、痩せたいところを集中的に鍛えることができます。

初めのうちは縄跳びに慣れるためにシンプルな“両足跳び”を行いましょう。そして、慣れてきたら片足だけで跳ぶ“片足跳び”を左右片方ずつ行います。

この片方跳びをする時、なるべく足を高く上げて跳ぶことを意識することで太ももの筋肉を鍛えることができ、下半身痩せに効果があります。

また高く跳んで一回のジャンプで二回縄を通す“二重跳び”も、太もも痩せに効果的な跳び方です。

さらに、縄を交互に振りながらジャンプする“交差跳び”は腕を使うことで二の腕の引き締め効果が期待できます。

このように様々な跳び方を試して自分の気になる部位を集中的に鍛え、徐々に自分のなりたい体型に近づくことができるでしょう。

縄跳びダイエットのメリット・デメリット

縄跳びダイエットのメリット

縄跳びダイエットのメリットは短い時間で行えるので、忙しい人でも生活に取り入れやすく挑戦しやすいということです。

また、縄跳びは100円均一ショップでも手に入れることのできるため、お財布に優しい器具ですし、どこか特別な場所へ行く必要はないので気軽にできるということもメリットの一つです。

縄跳びダイエットのデメリット

では、デメリットとしてはどんなものが挙げられるでしょうか。

その一つとして、室内では出来ないということです。しかし、コンクリートの上で行うと足に負担がかかってしまうので、かえって足を痛めかねません。

ですから行う場所は、なるべく土の上や芝生の上など、足に負担がかかりにくい場所を選びましょう。

そしてもう一つ女性として注意しておきたい点は、胸を固定していないと上下の動きが大きいため、胸が垂れてしまいバストラインが崩れるというトラブルを引き起こす可能性があるということです。

バストラインの崩れを防ぐためにも、縄跳びをする際はバストをしっかりと固定できるスポーツブラを着用することをお勧めします。

自分のペースで無理せずに

縄跳びダイエットは、自分に合った跳び方や方法を見つけることが大切です。無理せずに行うなら、継続して続けることのできる身近な有酸素運動がおすすめです。

普段あまり使うことのない下半身の筋肉を鍛え、美脚を目指すこともできる、女性にとっては魅力的なダイエット方法といえるでしょう。

無理せずに自分のペースで、できることから始めていきましょう。

        
        

  関連記事

ちょっと待ってちょっと待ってお姉さん! このムダ肉に気をつけよう!

笑われちゃう前に、お肉が付きやすい場所を要チェック! 女性なら誰だって「オバサン …

レッドスムージーで置き換えダイエットにチャレンジ!気になるその効果とは?

>>一日のうち一食だけ置き換えるだけ!すっきりレッドスムージー ダイエットは、女 …

朝から甘いものを食べても痩せられるって本当?朝スイーツダイエットのこと

カップケーキを食べて、朝スイーツダイエットしよう! ダイエットの基本は、食事制限 …

ダイエットに!自分磨きに!意外な自撮りの効果とおすすめのアプリ

手軽にできる自撮りを最大限に活用して最高の自分を目指そう♪ スマートフォンやSN …

アメリカで話題の“痩せる乳酸菌”配合!『スマートガネデン乳酸菌』の凄すぎるメリットとは

乳酸菌がしっかり腸まで行き届く!スマートガネデン乳酸菌が500円で購入できるお買 …

麻ひもダイエットってどんなダイエット?どんな麻ひもを選んだら良いの?効果的な方法とは?

この時期、薄着になる夏に向けてダイエットを考えている人も多いのではないでしょうか …

糖質制限もできる食事宅配サービスはダイエットを考えている女性におすすめ!

若いころは食事制限をするだけで簡単に落ちていた体重が、30代になってから落ちにく …

嬉しい効能がいっぱい♪話題の豆乳ヨーグルトで腸内美人を目指そう

理想の健康食として話題の豆乳ヨーグルトは本当にすごい万能食品だった 今、理想の健 …

痩せにくいのは季節のせい?じめじめした時期に注意したい梅雨太り

梅雨太りとはなに?予防と対策について 毎年梅雨の時期になるとなんとなく体がふっく …

結果にコミット?ライザップは他のジムと何が違うの?

ライザップは絶対痩せたい人にオススメのプライベートジム。>>公式サイトへ行く タ …