今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

食べ過ぎた…でも、太るかどうかは次の日次第!食べ過ぎた次の日におすすめの食事メニューとは?

「ダイエットをしているのに食べ過ぎてしまった」と、後悔をしたことのある人は多いのではないでしょうか。しかし、食べ過ぎたからといってすぐに太るというわけではありません。

もし、食べ過ぎてしまったとしても、摂取した食事が脂肪になる前に素早くリセットできればいいのです。

今回は、食べ過ぎた翌日に行いたい素早くリセットするための効果的なダイエット方法と、その際に気をつけるべき点、食べ過ぎた次の日のむくみを改善する方法、食べ過ぎ防止対策などを紹介していきます。

食べ過ぎた時に覚えておきたい点

わたしたちが摂取したカロリーはその場で燃えてしまう食事誘導性熱産生というカロリー以外は、腸でエネルギーとなります。そして食べ過ぎた分が糖分となり、肝臓に蓄えられます。

しかし、この蓄えている量が多過ぎると、それは脂肪となり蓄積されてしまいます。

ですから、食べ過ぎた分が肝臓に残っている間で素早く燃やしてしまうのが太らないためのカギとなります。食べ過ぎた時は、後日の2、3日で食事の量を減らすことや、運動するなどして、調節することが大切です。

食べ過ぎた次の日体重計に乗ったら体重が増えていてショックを受けたという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

しかし安心してください。体重が増えてしまっても、食べたものすべてがエネルギーとして吸収されているわけではありません。

食べ過ぎた次の日に体重が増えてしまったのは、主に食べ物にふくまれる水分が原因です。水分は数日経つと、体から出ていくため体重は元にもどります。

食べ過ぎた翌日に効果的なダイエット方法

前日食べ過ぎたからといって、翌日の食事を抜くことはお勧めできません。しかし、食事メニューと量には気をつける必要があります。

なるべく野菜を中心とした食事を心がけることが大切です。そして、できれば夕食は極力少なめにしましょう。

また、その際におすすめの食材として、キャベツや大根などの野菜にふくまれる水溶性食物繊維は腸での脂肪吸収を抑える働きがあるので、積極的に摂取していきましょう。

その他の方法としては、食べ過ぎたと感じた時から18時間だけ何も食べず断食するというダイエット方法も効果的です。前述でも説明しましたが、食べ過ぎてしまったエネルギーは糖に変えられ肝臓に蓄積されます。

しかし、その量が多すぎると脂肪に変えられてしまいます。その脂肪になるまでの時間が18時間だと言われているので、この18時間にプチ断食を行ってリセットすると良いでしょう。

さらに、食べ過ぎた翌日は体が重く感じることがありませんか。

そのような時は意識的に体を動かすことを心掛けましょう。階段を使うようにしたり、バスを使わず歩いてみたり、キツくない有酸素運動を取り入れながら代謝を促進させ、消費カロリーを増やすことで脂肪の蓄積を防ぐことができます。

食べ過ぎた翌日のむくみ改善方法とは?

食べ過ぎると体内には余分な水分が蓄えられ、体がむくんでしまいます。 このむくみを解消するためには水分をしっかり摂り、水分の代謝を促すカリウムが豊富な食品を食べることが効果的です。

カリウムが豊富に含まれる食材としては納豆、わかめ、芋類、アボカド、大豆、ほうれん草、にんじん、パイナップル、キウイ、グレープフルーツ、などがあげられます。これらを積極的に食べて、体内の余分な水分や老廃物をしっかり排出しましょう。

他にも、むくみ改善する手軽な方法として、足湯があります。この足湯で身体を温めることで、血流やリンパの流れを良くすることができます。また、リンパを流すためのマッサージも即効性があるため効果的です。

さらに、蒸しタオルで顔全体を包み込むように温めると、顔全体の血行が促進されて、余計な水分が排出されていきます。そして、仕上げに冷水で洗顔して肌を引き締めることで血管が収縮し、血の巡りが良くなるのでより早くむくみが解消されます。

食べ過ぎを防ぐために

そもそも食べ過ぎを防ぐことさえできれば、こんなに思い悩まずに済みますよね。では、食べ過ぎを防ぐためにどのようなことができるのでしょうか。

方法はいろいろとありますが簡単にできる方法として、食前に無糖の炭酸水を飲むことです。炭酸によってお腹が膨らみ、食べ過ぎを防ぐことができます。

また食前にきな粉牛乳を飲むと、お腹の中できな粉が膨らむため、満腹感を速く感じることができるので食べ過ぎ予防の効果が期待できます。

さらに、食事の際にゆっくりとよく噛んで食べることにより満腹中枢が刺激され、満腹感を感じることができるので食べ過ぎ予防につながります。

後悔しなくても大丈夫

体重が一時的にでも増加してしまうとガッカリしてしまい、食べてしまった自分を責めて後悔してしまいがちです。しかし、体の作りをきちんと理解していれば、もし食べ過ぎてしまったとしても取り戻すことが出来るので後悔する必要はありません。

後悔ばかりしているとストレスもたまってしまい、ダイエットもなかなかうまくいきません。ですから、食べ過ぎてしまっても翌日にしっかりとリセットして、自分で体重をコントロールしていきましょう。

        
        

  関連記事

捨てるのも放置ももったいない!使い捨てカイロでダイエット!

冬のお供“カイロ”に、ダイエット効果や美肌効果があるのをご存知ですか? 目次1 …

岩盤浴が美容やダイエットにいいって本当?効果的な利用方法は?

みなさんは、岩盤浴に行った経験はありますか?興味はあるものの、まだ岩盤浴が未経験 …

おいしく食べて痩せたい人におすすめ!餃子ダイエットとは?

餃子が好きな人は見逃せない!餃子ダイエットについてご紹介します。 ダイエットを成 …

縄跳びダイエットのメリット・デメリットと気になる効果とは?

色々なダイエットを試しても、下半身を引き締めて細くするのはとても難しいと感じてい …

無理なく実践!便秘改善にもおすすめの半日断食ダイエット

何日も断食するのが難しいという方にもおすすめの半日断食ダイエットについてご紹介し …

肉を食べて痩せるって本当?肉食ダイエットの正しい方法と抑えておきたいルールとは?

“お肉はダイエットの敵”“肉は太る”と思っている人も多いのではないでしょうか?し …

気になる腰回りの贅肉の落とす方法はある?つけないためには何をしたらいい?

脂肪のつき方は男性と女性では異なります。また、女性は年齢を重ねるにしたがって、下 …

ホットヨガは普通のヨガとどこが違うの?ホットヨガの美容効果とは?

ヨガよりも美容効果が高い?ホットヨガの美容効果がスゴイ 女性の習い事として定着し …

顔痩せの科学的根拠ってどこにあるの?年齢肌を感じさせない小顔になる方法を伝授

顔痩せをするなら科学的根拠のある方法を見つけて効率的に実践しましょう。 モデルさ …

骨盤スクワットがダイエットに効くのはなぜ?効果を出すためのポイントと行う際の注意点。

「骨盤が歪んでいる人は太りやすい」、「骨盤の歪みは不調の原因になる」など、骨盤が …