今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

食べ過ぎた…でも、太るかどうかは次の日次第!食べ過ぎた次の日におすすめの食事メニューとは?

「ダイエットをしているのに食べ過ぎてしまった」と、後悔をしたことのある人は多いのではないでしょうか。しかし、食べ過ぎたからといってすぐに太るというわけではありません。

もし、食べ過ぎてしまったとしても、摂取した食事が脂肪になる前に素早くリセットできればいいのです。

今回は、食べ過ぎた翌日に行いたい素早くリセットするための効果的なダイエット方法と、その際に気をつけるべき点、食べ過ぎた次の日のむくみを改善する方法、食べ過ぎ防止対策などを紹介していきます。

食べ過ぎた時に覚えておきたい点

わたしたちが摂取したカロリーはその場で燃えてしまう食事誘導性熱産生というカロリー以外は、腸でエネルギーとなります。そして食べ過ぎた分が糖分となり、肝臓に蓄えられます。

しかし、この蓄えている量が多過ぎると、それは脂肪となり蓄積されてしまいます。

ですから、食べ過ぎた分が肝臓に残っている間で素早く燃やしてしまうのが太らないためのカギとなります。食べ過ぎた時は、後日の2、3日で食事の量を減らすことや、運動するなどして、調節することが大切です。

食べ過ぎた次の日体重計に乗ったら体重が増えていてショックを受けたという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

しかし安心してください。体重が増えてしまっても、食べたものすべてがエネルギーとして吸収されているわけではありません。

食べ過ぎた次の日に体重が増えてしまったのは、主に食べ物にふくまれる水分が原因です。水分は数日経つと、体から出ていくため体重は元にもどります。

食べ過ぎた翌日に効果的なダイエット方法

前日食べ過ぎたからといって、翌日の食事を抜くことはお勧めできません。しかし、食事メニューと量には気をつける必要があります。

なるべく野菜を中心とした食事を心がけることが大切です。そして、できれば夕食は極力少なめにしましょう。

また、その際におすすめの食材として、キャベツや大根などの野菜にふくまれる水溶性食物繊維は腸での脂肪吸収を抑える働きがあるので、積極的に摂取していきましょう。

その他の方法としては、食べ過ぎたと感じた時から18時間だけ何も食べず断食するというダイエット方法も効果的です。前述でも説明しましたが、食べ過ぎてしまったエネルギーは糖に変えられ肝臓に蓄積されます。

しかし、その量が多すぎると脂肪に変えられてしまいます。その脂肪になるまでの時間が18時間だと言われているので、この18時間にプチ断食を行ってリセットすると良いでしょう。

さらに、食べ過ぎた翌日は体が重く感じることがありませんか。

そのような時は意識的に体を動かすことを心掛けましょう。階段を使うようにしたり、バスを使わず歩いてみたり、キツくない有酸素運動を取り入れながら代謝を促進させ、消費カロリーを増やすことで脂肪の蓄積を防ぐことができます。

食べ過ぎた翌日のむくみ改善方法とは?

食べ過ぎると体内には余分な水分が蓄えられ、体がむくんでしまいます。 このむくみを解消するためには水分をしっかり摂り、水分の代謝を促すカリウムが豊富な食品を食べることが効果的です。

カリウムが豊富に含まれる食材としては納豆、わかめ、芋類、アボカド、大豆、ほうれん草、にんじん、パイナップル、キウイ、グレープフルーツ、などがあげられます。これらを積極的に食べて、体内の余分な水分や老廃物をしっかり排出しましょう。

他にも、むくみ改善する手軽な方法として、足湯があります。この足湯で身体を温めることで、血流やリンパの流れを良くすることができます。また、リンパを流すためのマッサージも即効性があるため効果的です。

さらに、蒸しタオルで顔全体を包み込むように温めると、顔全体の血行が促進されて、余計な水分が排出されていきます。そして、仕上げに冷水で洗顔して肌を引き締めることで血管が収縮し、血の巡りが良くなるのでより早くむくみが解消されます。

食べ過ぎを防ぐために

そもそも食べ過ぎを防ぐことさえできれば、こんなに思い悩まずに済みますよね。では、食べ過ぎを防ぐためにどのようなことができるのでしょうか。

方法はいろいろとありますが簡単にできる方法として、食前に無糖の炭酸水を飲むことです。炭酸によってお腹が膨らみ、食べ過ぎを防ぐことができます。

また食前にきな粉牛乳を飲むと、お腹の中できな粉が膨らむため、満腹感を速く感じることができるので食べ過ぎ予防の効果が期待できます。

さらに、食事の際にゆっくりとよく噛んで食べることにより満腹中枢が刺激され、満腹感を感じることができるので食べ過ぎ予防につながります。

後悔しなくても大丈夫

体重が一時的にでも増加してしまうとガッカリしてしまい、食べてしまった自分を責めて後悔してしまいがちです。しかし、体の作りをきちんと理解していれば、もし食べ過ぎてしまったとしても取り戻すことが出来るので後悔する必要はありません。

後悔ばかりしているとストレスもたまってしまい、ダイエットもなかなかうまくいきません。ですから、食べ過ぎてしまっても翌日にしっかりとリセットして、自分で体重をコントロールしていきましょう。

        
        

  関連記事

海外セレブも注目!ピラティスにはどんな効果があるの?

ピラティスは美しいボディラインを作るエクササイズ 最近、目や耳にすることが増えた …

食事を改善してるのにどうして痩せないの?その理由と知っておきたい食事ダイエットの正しい方法。

「食事を改善しているのに痩せるどころか太ってしまった」など、苦労をしながら我慢を …

湯船に塩を入れるだけ!?塩入浴で得られるメリットと注意点とは?

デトックス効果のある塩入浴を習慣にしよう! 湯船につかる習慣をもっていると、全身 …

ニゲラから採取されるスーパーフード「ブラックシード」が話題!

驚きの効果がたくさんの種子を持つニゲラについて紹介 ニゲラは地中海沿岸・南西アジ …

ちょっと待ってちょっと待ってお姉さん! このムダ肉に気をつけよう!

笑われちゃう前に、お肉が付きやすい場所を要チェック! 女性なら誰だって「オバサン …

すご~い!おいしく食べて太りにくい、鯖缶の魅力発見

栄養素がたくさん入っていて低いカロリー 鯖缶というとカレーに入れて鯖カレーなどに …

背中のはみ肉を何とかしたい!つきやすくなる原因と効果的な落とし方は?

陽気がよくなるのはうれしいことですが、薄着になると自分の体型を直視せざるをえなく …

おいしく食べて痩せたい人におすすめ!餃子ダイエットとは?

餃子が好きな人は見逃せない!餃子ダイエットについてご紹介します。 ダイエットを成 …

嬉しい効能がいっぱい♪話題の豆乳ヨーグルトで腸内美人を目指そう

理想の健康食として話題の豆乳ヨーグルトは本当にすごい万能食品だった 今、理想の健 …

今なら間に合う!夏までに痩せられるダイエットジム6選

夏まで後もうすぐです。皆さん今年の夏の計画はちゃんと立てていらっしゃいますでしょ …