今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

水泳はダイエットに効果がある?結果を出すためのポイントとは?

ダイエットをするうえで、運動は欠かせないファクターです。そして、運動をしなければならないのであれば、より効果の高いものに取り組みたいと思うのは当然のことです。

そんなときにおすすめしたいのが、「水泳」です。

そこで今回は、水泳にはどんなダイエット効果があるのか、その消費カロリー、水泳によるダイエットで効果をあげるポイント、水泳しても痩せない理由などについて、お話ししたいと思います。

理論を知ってから、実践してみてくださいね。

水泳にはどんなダイエット効果があるの?消費カロリーは?

なぜ、水泳にダイエット効果があるかというと、消費カロリーを増やすことができるからです。

プールに入ると水圧がかかるので、動くだけでも陸上より大きなエネルギーが消費されます。そのエネルギーをつくるために、脂肪が燃焼されるのです。

そして、プールの水温は体温より低めに設定されています。そのため、体温を一定に保つために、身体がエネルギー消費量を増やしてくれます。

年配の方が、プールで泳がずに歩いている光景を見たことがあるひとも多いと思いますが、激しく泳がなくても、そうした運動を毎日続けていれば、十分にダイエット効果が見込めるのです。

さらに、泳ぐことで全身の筋肉が水圧で圧迫されたり、刺激を受けることで、血流を促進します。それによってマッサージ効果があるので、基礎代謝のアップや体外に老廃物を排出する働きをサポートしてくれます。

水泳は全身運動ですし、インナーマッスルを鍛える意味でも効果が高いです。インナーマッスルを鍛えると、基礎代謝が上がるので、より痩せやすい体質になっていきます。

ジョギングやウォーキングと比べると、身体にかかる負荷が少ないことも、おすすめのポイントです。

では、泳ぎ方によって、消費カロリーはどれくらい違うのでしょうか。

女性が30分間泳いだ場合の消費カロリーの目安:泳ぎ方別

  • 平泳ぎ・・・246キロカロリー
  • クロール・・・191キロカロリー
  • 背泳ぎ・・・164キロカロリー
  • バタフライ・・・273キロカロリー
  • 水中ウォーキング・・・180キロカロリー

水泳ダイエットで効果をあげるポイントとは?

水泳は有酸素運動だと思い込んでいるひとも多いのですが、実は泳ぎ方によっては無酸素運動にもなります。

ダイエットを成功させる場合には、脂肪燃焼を促す有酸素運動と、脂肪の分解をサポートする無酸素運動を組み合わせることが大切です。

そこで、水泳ダイエットの効果をあげるためには、プールに入る前にきちんと準備体操を行い、脂肪を燃えやすくすることを徹底しましょう。もちろん、ケガの予防のうえでも重要です。

次に、プールに入る前に、無酸素運動である筋トレを行っておくことをおすすめします。筋トレで脂肪分解を促しておくと、その後に泳ぐことで脂肪燃焼の効果をアップすることができます。

そして、水泳でダイエットしたいときには、ゆっくりとしたスピードで、長く泳ぐのが基本です。ダイエットの効果を引き出したいなら、週に2~3回、1回45~60分程度泳ぐのがおすすめです。

距離としては、500~600mを目安に、泳ぐようにしましょう。また、1回20分以上継続で泳ぐと、脂肪燃焼が始まります。

水泳しても痩せないのはなぜ?その注意点は?

とはいえ、ダイエットを目的に水泳を始めたのに、痩せないひとがいるのも事実です。ですが、それには必ず原因があります。

食べ過ぎ・飲み過ぎ

原因の一つ目は、消費したカロリー以上に、食べていることです。摂取カロリーが消費カロリーより高ければ、当然痩せることはありません。

泳いだ後に糖分の多い清涼飲料水を飲んだり、たくさん食べてしまえば、当然ダイエットはできません。

身体が冷えている

二つ目は、身体が冷えてしまうことです。プールに長時間入っていることで身体が冷えると、体温をあげるために皮下脂肪を溜めようとします。

そのため、泳ぎ続けるのが難しいときには、水中ウォーキングをするなど、常に身体を動かすことを意識しましょう。また、水泳の後は湯船にしっかりつかることをおすすめします。

食生活も見直して、より効果を上げよう!

水泳を続けることで、基礎代謝があがったり、脂肪の燃焼効率がアップするなど、よいことがたくさんあります。

とはいえ、水泳を続けるだけでは、ダイエット効果に即効性があるとはいえません。同時に食生活を見直すことが、とても大切です。

1日3食、栄養のバランスがとれた食事を心がけるとともに、筋肉の元になるたんぱく質の摂取を心がけましょう。その際、肉や乳製品を摂りすぎるとカロリーオーバーになりやすいので、魚や大豆製品などを上手に取り入れてください。

また、水泳はお腹がすくスポーツともいわれているので、食べ過ぎに十分注意するのもポイントです。食事のときには、野菜サラダを真っ先に食べるなど、食べ方も工夫するとより効果的です。

水泳との相乗効果で、ダイエットを成功させましょう。

        
        

  関連記事

正しい睡眠でホルモンコントロール!太りにくいアンチエイジング体質へ

睡眠で太るホルモン、痩せるホルモンをコントロール アンチエイジング、ダイエットや …

麻ひもダイエットってどんなダイエット?どんな麻ひもを選んだら良いの?効果的な方法とは?

この時期、薄着になる夏に向けてダイエットを考えている人も多いのではないでしょうか …

『スマート黒しょうが+生酵素』なら、大人が痩せにくい原因にダイレクトアプローチ!

10代と同じダイエット法が通用しなくなってきたら…!『スマート黒しょうが+生酵素 …

腰回りの肉を解消するのにヨガが効果的!30歳以上は要チェック!

若い頃に比べると年をとってからぜい肉がつく部分が変化した…と感じる方も多いでしょ …

「ラジオ体操」は大人にこそオススメ!意外と知らない若返り&健康効果

目次1 毎日3分のラジオ体操で体のアンチエイジングができる!2 ラジオ体操に期待 …

踊るのが苦手でも大丈夫!クーガーダンスダイエット

簡単な動作でダイエット効果が期待できるクーガーダンスについてご紹介します。 体を …

痩せメタボ対策に!防風通聖散で本気の脂肪撃退!ダイエットにも役立つ漢方薬の特徴紹介!

生漢煎 防風通聖散の効果やお得な購入方法などについてご紹介します。 ↓うわさの漢 …

お腹の脂肪を落とすならサプリがおすすめ!イチオシのダイエットサプリ3つ

若い時は食べ過ぎてもすぐに戻っていた体重が、年齢を重ねるうちにだんだん落ちにくく …

鍛えないヨガ、“リストラクティブヨガ”とは?

体力がなくても、時間が割けなくても、リストラクティブヨガなら続けられる! 出典: …

黒烏龍茶がダイエットに効果的な理由とは?効果的な飲み方と覚えておきたい注意点!

いろいろなお茶を取り入れて行なうダイエットは数多くあります。その中でもプーアール …