今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ベビーフード置き換えダイエットはリバウンドが少ないって本当!?

市販のベビーフードを効果的に活用するために

2017年1月、テレビ番組で紹介されたことで注目を集めているダイエット方法に、「ベビーフード置き換えダイエット」があります。

タレントの春香クリスティーンさんがチャレンジし、1週間で3.1kgのダイエットに成功したことを、覚えているひとも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いま話題のベビーフード置き換えダイエットとは何か、その効果、おすすめのメニューなどについて、お話ししたいと思います。

正しい方法を覚えて、ぜひ実践してみてください。

ベビーフード置き換えダイエットって何?

ベビーフード置き換えダイエットは、ダイエット関連の書籍を30冊以上書いている、岡クリニックの院長である岡部正さんが提唱する、ダイエット方法の一つです。

ベビーフードとは

そもそもベビーフードは、赤ちゃんの離乳食としてつくられた食べもののことをいいます。市販されているベビーフードのメニューは豊富ですが、すべて赤ちゃんが消化しやすいように調理されており、薄味でやわらかくなっています。

このベビーフードを食事に置き換えるのが、ベビーフード置き換えダイエットとなります。

市販されているベビーフードを使うため、準備に手間もかかりませんし、ほかのダイエット食品と比べると、費用も安く抑えることができます。

また、市販されているベビーフードは、100gあたり50~60キロカロリーになっているものが多く、消化がよいので胃腸に負担もかかりません。胃腸を酷使しているひとにとっては、しっかり休ませる機会をつくることにもつながるのです。

ベビーフード置き換えダイエットの効果とは?

そもそも成人女性は、1日に2,000キロカロリーが必要だといわれています。それを、ベビーフード置き換えダイエットにすることで、1,200~1,400キロカロリーの摂取にとどめると、痩せることができます。

また、赤ちゃんのためにつくられているベビーフードは、栄養バランスが整っていることも特徴です。そのため、ベビーフード置き換えダイエットをすることで、健康的に痩せることができるのです。

ベビーフードに置き換える方法

ベビーフード置き換えダイエットの方法ですが、3食のうち2食をベビーフードに置き換えるという、シンプルな方法です。残る1食は、自分の好きなものを食べることができます。より効果を引き出したいなら、朝と夜をベビーフードにして、昼だけは好きなものを食べるのがおすすめです。

その際、気をつけてほしいのが、ベビーフードを食べる量です。瓶詰のベビーフードであれば、14個が上限で、合計1,000キロカロリーを超えないように注意しましょう。

豊富な味のバリエーション

またベビーフードは、バナナプリンやフルーツミックス、ももとリンゴのジュレなど、デザートのバリエーションも豊富です。ベビーフード置き換えダイエットであっても、甘いものを食べたいときには、こうしたデザートを1つチョイスしておくと、ストレスが溜まりにくいかもしれません。

ベビーフード置き換えダイエットにおすすめのものは?

ベビーフード置き換えダイエットを行う場合、自分で離乳食をつくるという方法があります。ですが、栄養バランスのよい離乳食をつくるのは、なかなか手間がかかるものです。そこで、市販されているベビーフードを上手に活用することをおすすめします。

市販の中でも一押ししている商品

市販されているベビーフードの中でもおすすめなのが、和光堂のお弁当シリーズです。これは、ごはんとおかずがセットになっているので、組み合わせを考えなくてよいというメリットがあります。また薄味がストレスに感じるひとの場合は、キューピーが販売している「すき焼き風煮込み」や「トマト煮込みハンバーグ」「鶏レバーと野菜のトマト煮」などを食べるとよいかもしれません。

ダイエットはしたいものの、食事をベビーフードに変えるのが難しいと感じている場合は、間食で食べるおやつをベビー用のビスケットやゼリーに換えるだけでも、カロリーダウンが簡単にできるのでおすすめです。

また、市販されているベビーフードは、離乳食の時期に合わせて、固さも調節されています。噛みごたえのあるものを食べたいときには、12カ月用のベビーフードを選ぶとよいでしょう。

置き換えるときの注意点

ただし、本来はベビーフードは赤ちゃんのためにつくられているものなので、ベビーフード置き換えダイエットに批判的な目を向けるママがいるのも事実です。買い占めなどは行わないように、配慮してください。

昼食メニューでは食物繊維を意識して摂ろう!

ベビーフード置き換えダイエットは、朝食と夕食をベビーフードに置き換えるのが基本です。ベビーフードは栄養のバランスがよいとされていますが、実はタンパク質と食物繊維はそれほど多くありません。

そのため、通常の食事をするときには、これらを補うメニューを意識して食べる必要があります。野菜や大豆製品、魚など、カロリーが低めのメニューをチョイスして、不足しがちなタンパク質や食物繊維を摂り、健康的なダイエットにつなげてくださいね。

        
        

  関連記事

レモネードダイエットがハリウッドセレブにも流行中!?気になる効果を教えて

レモネードダイエットの正しい進め方とは ハリウッドセレブが実践しているダイエット …

すだちで美容&アンチエイジング!効果・効能、取り入れ方は?

すだちといえば酸味がある果実で、焼き魚に合わせたりうどんなどに絞って活用する方法 …

酵素ドリンク×水素が摂れるボディリドックスで美容&健康対策!

ボディリドックスで水素ボトルをお得にゲット!美しく健康に。 近年、美容や健康にこ …

鍛えないヨガ、“リストラクティブヨガ”とは?

体力がなくても、時間が割けなくても、リストラクティブヨガなら続けられる! 出典: …

水泳はダイエットに効果がある?結果を出すためのポイントとは?

ダイエットをするうえで、運動は欠かせないファクターです。そして、運動をしなければ …

BOOCS(ブックス)ダイエットでストレスなくダイエット!

我慢をせずに痩せたいならBOOCS(ブックス)ダイエット! 痩せたいと思ってはい …

歪んだ股関節に効くストレッチとその効果とは?知っておきたいコツとポイント!

歩いている時や運動をしている時、股関節に痛みを感じたり違和感を覚えたりしたことの …

大人の女性のダイエットには栄養たっぷりで低カロリーな『おから』がおすすめ

おからの驚くべきダイエット効果と美容効果 女性にとって永遠の課題の一つ『ダイエッ …

手・脚パンパン問題や顔ムクムク問題は『するっと小町』で解決できる!?

むくみ改善の効果が評判の『するっと小町』について、配合成分やメリット、リーズナブ …

軽い筋トレで効果抜群!加圧トレーニングとは?

日本発祥の新しいトレーニング法「加圧トレーニング」とは? 最近はジムに通ってダイ …