今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

朝から甘いものを食べても痩せられるって本当?朝スイーツダイエットのこと

カップケーキを食べて、朝スイーツダイエットしよう!

ダイエットの基本は、食事制限と運動です。そのため、甘いもの好きの女性が、ダイエット期間が長くなると、スイーツを食べられないストレスが高じてやけ食いしてしまい、リバウンドするというケースが後をたちません。

ですが、もしスイーツを食べてもよいダイエットがあるとしたら、試してみたいと思いますよね?

そこで今回は、朝スイーツダイエットを紹介したいと思います。朝スイーツを食べて痩せられるのはなぜなのか、理論を知ったうえで実践してみてくださいね。

朝スイーツを食べてダイエットできるのはなぜ?

イスラエルのテルアビブ大学ウルフセン医学研究所に在籍している研究員である、D・ジャクボウィッツ博士が驚きの研究成果を発表しました。それは、「カロリー制限の範囲内であれば、朝食にデザートを食べる女性は、食べない女性に比べて痩せる」というものです。

間食といえば、昼食と夕食の間である15時のおやつが一般的です。ですが、3回の食事におやつが加わると、4食になってしまいます。その結果、1日の摂取カロリーが高くなってしまうのです。

朝食をスイーツに置き換えて食べる

その点、朝食にスイーツを食べるようにして、朝食全体のカロリーコントロールをすることで、効率よくダイエットをすることができるのです。朝スイーツダイエットのポイントは、カロリー計算をして、朝食をスイーツに置き換えることです。

成人女性の1日の摂取カロリーの目安は、1400キロカロリーといわれています。そこから、昼食と夕食の分の摂取カロリーを引き、残ったのが朝食で食べてよいカロリー数です。

その範囲に収まるスイーツであれば、何を食べても構いません。もちろん、スイーツの量を減らせば、朝食のデザートとして楽しむこともできます。

ダイエットにおすすめの朝スイーツとは?

でも、糖質も脂質も高いはずのスイーツを食べて、どうしてダイエットができるのでしょうか。

女性に嬉しいダイエット方法

まず、甘いもの好きの女性にとって、スイーツを食べることで、心身ともに満足できることがあげられます。朝スイーツダイエットは、毎日甘いものを食べることができるので、ストレスを感じにくいダイエット方法です。

また、クリーム系のスイーツはお腹が満足することが多く、朝食や夕食の量が減ったという女性も少なくありません。

朝スイーツダイエットの効果を引き出すコツ

とはいえ、朝スイーツダイエットの効果を最大限に引き出すためには、何を食べるのかも重要です。朝食には、カップケーキやドーナツがおすすめです。満腹感を得やすいので、1日中、空腹感なく過ごせるはずです。

また、食事前に100グラムのダークチョコレートを食べると、脂っこいものが食べたくなくなるという研究報告もあるようです。

スイーツの中には、フルーツを使ったものも多くありますが、メロンやアボカド、バナナが入ったものを食べるのがおすすめです。

メロンやアボカド、バナナにはポタシウムの含有量が多いので、利尿作用があります。それが、体内に蓄積されている余分な水分を排出してくれるのです。

朝スイーツダイエットを行うからには、より効果の高いスイーツを選ぶようにしましょう。

より効果を出すために、手作りしたいカップケーキレシピ

朝スイーツダイエットのために、毎日スイーツを購入するのは、費用がかかりますよね。さらにダイエット効果を引き出すためにも、家でカップケーキを手づくりしてみてはいかがでしょうか。

簡単にできるカップケーキの作り方

オーブンがなくても、電子レンジで簡単にできて、カロリーの低いカップケーキのつくり方を紹介しておきましょう。

1人前をつくる材料は

  • ホットケーキミックス大さじ1杯
  • おからパウダー大さじ1杯
  • 卵1個
  • ハチミツ大さじ1杯
  • ココナッツオイル小さじ1杯
  • くるみを適量

マグカップにホットケーキミックスとおから、ハチミツ、卵、ココナッツオイルをすべて入れ、かき混ぜます。十分に混ざったら、好みの量のくるみを小さく割り入れ、さらに混ぜます。それを電子レンジに入れて、500ワットで1分30秒温めれば出来上がりです。

おからが腸内環境を整えてくれる

おからの不溶性食物繊維が便秘改善を促すほか、大豆が腸内の善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます。また抗酸化値が高いくるみには、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

カロリーオフをしながらも、健康的にダイエットするために必要な栄養分がきちんと含まれているのです。

ストレスのない朝スイーツダイエットにチャレンジしてみよう!

とはいえ、朝スイーツダイエットに成功するためには、1日の摂取カロリーを守ることが大切です。クリームタップリのホールケーキを朝食で食べてしまえば、昼食や夕食のカロリーや量を減らさなければいけなくなります。

他の食事にも気をつけよう

そして、スイーツに油分や脂質が多いことを考えると、ほかの食事でたんぱく質やミネラル、ビタミンをしっかり摂るよう、食べるメニューも配慮しなければなりません。

とはいえ、スイーツを我慢せずにダイエットできるのであれば、ストレスが少ない分、長続きさせることができるはずです。ぜひ、朝スイーツダイエットで、理想体重を目指してみましょう。

        
        

  関連記事

人気のグリーンスムージーとは?何に良いの?グリーンスムージーについて徹底調査

目次1 グリーンスムージーとは何か1.1 グリーンスムージーとは?1.2 グリー …

ちょっと待ってちょっと待ってお姉さん! このムダ肉に気をつけよう!

笑われちゃう前に、お肉が付きやすい場所を要チェック! 女性なら誰だって「オバサン …

乳酸菌がたっぷりの水キムチダイエットが話題!作り方&効果を紹介

辛い物が苦手でも大丈夫!水キムチを活用したダイエット法紹介 水キムチと言われても …

雑誌で話題!簡単手軽に痩せられるわき腹つかみとは

道具を使わずに実践できるわき腹つかみダイエットを紹介します。 わき腹つかみといえ …

食べる順番を変えるだけで痩せられる?それってどうして?痩せたい人におすすめの食べる順番!

今となってはとてもポピュラーなダイエット方法として、食事制限やキツイ運動をしなく …

湯船に塩を入れるだけ!?塩入浴で得られるメリットと注意点とは?

デトックス効果のある塩入浴を習慣にしよう! 湯船につかる習慣をもっていると、全身 …

ダイエット、アンチエイジングと貧血の密接な関係

疲労感、だるさ、朝起きられない。むくみ・・・それ貧血が原因かも アンチエイジング …

骨盤スクワットがダイエットに効くのはなぜ?効果を出すためのポイントと行う際の注意点。

「骨盤が歪んでいる人は太りやすい」、「骨盤の歪みは不調の原因になる」など、骨盤が …

今なら間に合う!夏までに痩せられるダイエットジム6選

夏まで後もうすぐです。皆さん今年の夏の計画はちゃんと立てていらっしゃいますでしょ …

CMでおなじみのライザップが提唱する低糖質食事法とは?

ライザップの低糖質食事法ってどんな効果があるの? 画像出典:低糖質レシピ | R …