今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

痩せたいなら痩せ菌を増やすことが大切!痩せ菌を育てる食品ってどんなものがあるの?

痩せ菌を増やすためにすべきことは?

このところ、「痩せ菌」「デブ菌」という言葉を目にする機会が増えましたよね。これは同じような生活をしていても、痩せ菌を持っているかデブ菌を持っているかで、太りやすさが変わるというものです。そして痩せ菌は生活習慣によって増減するとされています。

そこで今回は、痩せ菌とは何か、持っていると身体にどんなプラスがあるのか、痩せ菌が多いひとの特徴、痩せ菌を増やす食品などについて、お話ししたいと思います。

痩せ菌って何?身体にどんなプラスがあるの?

では痩せ菌とは一体何なのでしょうか。それは腸内にいる善玉菌のことです。人間の腸には約300種類・100兆個の菌がいます。そのうち20%が善玉菌、10%が悪玉菌、残る70%が日和見菌というバランスが通常です。ですが生活習慣によって、このバランスは変化します。

腸内細菌のうち善玉菌と呼ばれるものは、「ビフィズス菌」や「乳酸菌」です。こうした善玉菌は腸内環境を整えてくれる働きがあり、ビタミンの合成や消化吸収を促すとともに免疫力を高めてくれます。

それに加えて肥満や老化の防止、健康の維持などの働きももっています。これは身体にとってとてもプラスなことです。

こうした善玉菌が腸内に多いと太りにくい体質になることから、「痩せ菌」と呼ばれるようになったのです。つまり腸内に善玉菌が多ければ痩せやすく、少なければ太りやすくなるということです。

そして痩せ菌は生活習慣を見直すことで、誰でも増やすことができます。同様に、いま痩せ菌が腸内に多くても食生活が悪化すると、悪玉菌というデブ菌が増え、太りやすい体質に変化します。

これは悪玉菌が腸内に増えると消化吸収や代謝が滞ってしまい、栄養を摂取してもエネルギーとして変換できないので脂肪として蓄えられてしまうからです。

合わせて老廃物や水分がきちんと排出されないことで体内にため込まれ、病気にかかりやすくなったり、老化を早めるという悪影響が及んでしまうのです。

痩せ菌が多いひとの特徴とは?

痩せ菌が多いひとには、共通する特徴があります。まずは自分が当てはまるかどうか、セルフチェックしてみてください。

毎日排便がある

まず1日1~2回の排便があることです。善玉菌が多く腸内環境が整っているひとは、毎日必ず排便があるものです。

2日に1回で、その周期がくり返されていれば問題はありません。しかし慢性的な便秘だったり、1日に何度も下痢や軟便が出る場合は注意が必要です。

便の量が適切

次に便の量がバナナ1本程度なことです。成人した日本人が1日に排便する量は、125グラムから180グラムといわれています。食物繊維が豊富な食生活を続けていると、200グラムから300グラム程度になることもあります。もしも、毎日排便していても量が少ないときには、悪玉菌が増えている可能性が高いです。

便の色が黄色っぽいのが正常

そして痩せ菌が多いひとの便の色は黄色っぽいのが普通です。茶色や黒に近い場合は脂質の摂りすぎなどにより、腸内に悪玉菌が多くなっていると考えられます。

バナナが理想の形

形もバナナのようなものが理想形で、ウサギのようなコロコロした便や軟便、水のような下痢便が続いている場合は胃腸の消化吸収する力が低下していることが考えられます。

痩せ菌が多い人の便やおならは臭くない

最後は便の臭いです。腸内に痩せ菌が多いひとは、便がそれほど臭くありません。

強い悪臭がする場合は、肉や魚の食べ過ぎによって十分に消化ができなかったり、摂取したたんぱく質が腐敗して悪玉菌が増えている可能性があります。また、おならの臭いが臭いときいも注意が必要です。

痩せ菌を増やす食品とは?

では腸内に痩せ菌である善玉菌を増やすためには、どうしたらよいのでしょうか。まず善玉菌を増やす食品を意識して摂取すること、そして腸内にいる善玉菌を増やすことです。

そこで意識して摂取してほしいのが、発酵食品です。発酵食品には乳酸菌をはじめとする、善玉菌がたくさん含まれています。具体的には、納豆やヨーグルト、みそ、キムチ、付けも尾、メンマ、かつお節などです。

合わせて水溶性食物繊維を意識して摂ることです。これは痩せ菌である善玉菌のエサとなってくれるほか、脂肪の蓄積を防ぐ役割も担ってくれるのです。

水溶性食物繊維が多い食品には、らっきょうやにんにく、ごぼう、切り干し大根、納豆、アボカド、オクラ、モロヘイヤ、キノコ類、海藻類があげられます。以上の食材を、毎日の食事で意識して摂取しましょう。

痩せ菌は増えても大丈夫なので毎日摂ろう!

痩せ菌を増やす目的で、乳酸菌を大量摂取する女性も多いのですが、摂りすぎると身体に負担がかかるのではないかと気になるひともいることでしょう。

ですが乳酸菌をはじめとする善玉菌は、摂りすぎても何の問題もありません。特に乳酸菌は酸にとても弱く、摂取しても多くが胃酸で分解されえるので、腸内まで届くのはごくわずかといわれています。

より多くの乳酸菌を届けるためには、たくさん摂取することが大事です。痩せ菌が増えても問題ありませんので、毎日の中で確実に摂取することを意識してみましょう。

        
        

  関連記事

寝ながら痩せられる!?眠りの質と時間に注目した睡眠ダイエットとは

寝ながら痩せるという夢を叶えてくれる睡眠ダイエットについてご紹介します。 厳しい …

カラダと美容のプロが選ぶ“究極の抗酸化”「ハイドロゲンEX」

還元力抜群の「マイクロクラスター水素」が、カラダの隅々まで強力抗酸化×デトックス …

雑誌で話題!簡単手軽に痩せられるわき腹つかみとは

道具を使わずに実践できるわき腹つかみダイエットを紹介します。 わき腹つかみといえ …

30代以上に痩せにくいを解消!ダイエットにおすすめの「肥後すっぽんもろみ酢」

豊富なアミノ酸が基礎代謝を高めて痩せやすい体にしてくれるサプリ 「昔と同じような …

二の腕を細くしてバストアップもできる方法について

二の腕を細くしてバストアッするポイントとは? 気温が上がり、薄着になるシーズンで …

腸活って何をすればいいの?その方法や、成功させるために効果的な食材は?

最近、テレビや雑誌の特集記事でよく見かけるようになった『腸活』。 健康にもダイエ …

小麦を食べなければ痩せる!?話題のグルテンフリーダイエット

海外で話題になっているグルテンフリーダイエットについてご紹介します。 海外セレブ …

肩甲骨がダイエットに及ぼす影響とは?肩甲骨ダイエットの効果的な方法とポイント!

わたしたちの背中にある肩甲骨は肩や首だけでなく、身体の様々な部分にも影響を及ぼし …

黒豆茶ダイエットに期待できる効果とは?知っておきたい黒豆茶ダイエットの正しい方法!

日本人にとってお茶はとても身近で、毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょう …

遊び感覚で痩せる体質に!?ボルダリングのダイエット効果とは?

誰でも楽しめるボルダリングの魅力を紹介 岩場を道具を使って上るクライミングの一種 …