今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ヨーグルトは朝より夜に食べるのがおすすめって本当?ダイエットもできるの?

食べ方に配慮してダイエットを成功させよう!

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸内にいる善玉菌の一種で、腸内で増えると美容にも健康にもよいことがわかっています。

しかし、その効果を引き出すためにはヨーグルトを食べる時間も重要だということを知らないひとが案外多いようです。

そこで今回は、夜にヨーグルトを食べるメリットや、夜ヨーグルトダイエットの方法、夜にヨーグルト食べるときのポイントについて、お話ししたいと思います。

みなさんもぜひ実践して、その効果を体感してみてくださいね。

夜にヨーグルトを食べるメリットは?

これまでヨーグルトは朝食べることを推奨されてきました。それは睡眠時間に胃腸がしっかり休息し、空っぽになった状態でヨーグルトを摂取する方が栄養の吸収や効果を高めると考えられていたからです。

ですが最近は夜にヨーグルトを食べる方が、美容や健康への効果が高いことがわかってきました。

というのも、腸のゴールデンタイムは22時から深夜の2時ころであることがわかっており、この時間に腸内環境を整えることが美容と健康によいからです。

夜にヨーグルトを食べて腸のゴールデンタイムに乳酸菌などをしっかり腸に届けることで、老廃物を体外に排出させてくれます。またデトックス効果が高まり、太りにくい体質になるといわれているようです。

夜にヨーグルトを食べることでデトックス効果が発揮されると、便秘解消をはじめ、冷えやむくみの改善、新陳代謝の促進など、美肌にもダイエットにもよい効果が期待できるのです。

夜ヨーグルトダイエットって何?その方法は?

ダイエットをしたいと考えているなら、夜ヨーグルトダイエットがおすすめです。しかしヨーグルトダイエットには以下のような種類があります。

  • 毎食後にヨーグルトを食べる
  • 朝食にヨーグルトを食べる
  • 夜食にヨーグルトを食べる
  • 温めたヨーグルトを食べる
  • 以上のように、ヨーグルトを使用してプチ断食するなど、いろいろな方法があります。

    ヨーグルトダイエットの方法

    ここでは夜ヨーグルトダイエットの方法を紹介します。これから夜ヨーグルトダイエットを始めようと思っているひとは、まず夕食前に200グラムのプレーンヨーグルトを食べることから始めましょう

    最初は通常の夕食を食べて構いません。ですが慣れてきたら夜食べるヨーグルトの量は変えずに、夕食の量を少しずつ減らしていきます。最終的には夕食をヨーグルトだけにするのが目標です。

    そしてヨーグルトの量が200グラムというのは目安です。朝と夜に体重をはかり、その変化をチェックしながら量を増減させるのがおすすめです。昼食を食べすぎたら、夜のヨーグルトの量を増やして食事を減らすなど、1日の中で調整しましょう。

    また食後3時間以内に眠ることが多いひとは、夕食の前にヨーグルトを食べておき、消化を促進させることで太りにくくするという方法もあります。自分で続けやすい方法で続けるようにしましょう。

    夜にヨーグルトを食べるポイントは?

    もし減量だけでなく便秘解消を目的に夜ヨーグルトダイエットを行う場合は、フルーツなどはトッピングせず、プレーンのままで食べ続けるとよいでしょう。

    しかし毎日、プレーンヨーグルトの味が続くと飽きてしまうという人も少なくありません。ですが固形物を食べると腸内で消化するのに時間がかかってしまうので、味を変えたいときにはオリゴ糖をかけて食べることをおすすめします。

    オリゴ糖は乳酸菌のエサでもあるので、腸内まで乳酸菌が届きやすくなり、一石二鳥です。また便秘解消をしたいひとは、スライスアーモンドを少量トッピングすると効果を得やすいとされています。

    さらにヨーグルトの効果を引き出したいときには、お皿に200グラムのプレーンヨーグルトと大さじ1杯の水を入れ、500ワットの電子レンジで1分10秒温めてから食べましょう。

    ヨーグルトを温めてから食べると身体を冷やすことを避け、さらにヨーグルトの有効成分が吸収されやすくなるのです。内臓が温かいと乳酸菌も活発に働くので、より腸内環境が改善されます。その結果、代謝もアップするでしょう。

    また好みに合わせて、はちみつやメープルシロップを少量加えると、おいしく食べられます。ぜひ、ためしてみてくださいね。

    ヨーグルトは夜食べて、健康と美容に役立てよう!

    腸のゴールデンタイムに合わせて夜にヨーグルトを食べることを習慣にすると、デトックスや便秘解消効果があることに加え、腸内に痩せ菌と呼ばれる善玉菌が増え、太りにくくなることがわかっています。

    それは健康や美容を保つうえで、とても良いことです。ですがプレーンヨーグルトであっても、高カロリーであることに変わりはありません。200グラム食べると、130キロカロリーを摂取することになります。

    ヨーグルトだからといって、たくさん食べると太りやすくなってしまうのです。夜ヨーグルトダイエットを行う場合は、きちんと適量を守り、体重や体調の変化をチェックしながら自分なりに調整するように心がけてくださいね

            
            

      関連記事

    ダイエットに効果的な飲み物とは?種類別の効果的な飲み方とそのポイントについて知っておこう!

    ダイエットとは摂取するカロリーを少なくしたり、運動を行うなどよってカロリーを消費 …

    コンビニでダイエット!?あの部分を見れば美容&健康に活用できる!

    ずぼらさんにピッタリ!カロリーコントロールは「コンビニ」にお任せ!コンビニで使え …

    ニゲラから採取されるスーパーフード「ブラックシード」が話題!

    驚きの効果がたくさんの種子を持つニゲラについて紹介 ニゲラは地中海沿岸・南西アジ …

    夏に向けて手首を細くしたい!手首を細くするためにできることとは?

    春になり、七分袖のブラウスやシャツを着る機会が増えると、自分の手首が太いことが気 …

    あたたかベジホッとでホットスムージーダイエットデビューしよう

    らくらく置き換えダイエットしちゃおう 最近のダイエット事情の中でも、スムージーの …

    ボディメイクはもちろん、アンチエイジングも!“水素ヨガ”で美しさに磨きをかけて!

    老化現象を食い止め、代謝アップも期待できる“水素ヨガ”について紹介します。 今や …

    縄跳びダイエットのメリット・デメリットと気になる効果とは?

    色々なダイエットを試しても、下半身を引き締めて細くするのはとても難しいと感じてい …

    麻ひもダイエットってどんなダイエット?どんな麻ひもを選んだら良いの?効果的な方法とは?

    この時期、薄着になる夏に向けてダイエットを考えている人も多いのではないでしょうか …

    豆乳クッキーダイエットで痩せる方法と豆乳クッキーの作り方

    美味しくヘルシーにかつ満腹感を得られるのが豆乳クッキーダイエット 1日の食事のう …

    しょうがココアがぽっこりお腹を改善するって本当?その効果とは?

    ぽっこりお腹ができる原因としょうがココアのつくり方について 加齢とともにお腹がぽ …