今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

寝ながら痩せられる!?眠りの質と時間に注目した睡眠ダイエットとは

寝ながら痩せるという夢を叶えてくれる睡眠ダイエットについてご紹介します。
62f666768cd9358a79a9ebe3aa6d2b18_s
厳しいダイエットに挑戦している方の多くは、「寝ている間に簡単に痩せられる方法があればいいのに…」と思ったことがあるのではないでしょうか。実は、睡眠はダイエットと深い関係があります。そこで注目されているのが「睡眠ダイエット」というものです。

ダイエットの中に睡眠をうまく活用し、痩せやすい体作りを目指してみましょう。必要な道具などはなにもないので、今日からでも実践できるのが嬉しいダイエット法です。

睡眠ダイエットとは?

これは、その名の通り寝るだけでダイエット効果が期待できる方法です。ですが、毎日寝ているのに痩せない!という方が多いはず。寝るだけで痩せるのならば誰も太っていませんよね。

重要なのは、睡眠時間と睡眠の質です。

睡眠不足が続いてしまうと、なぜだか日中に妙な食欲が出てしまうといった経験はないでしょうか。アメリカで行われた研究によって睡眠不足の場合はそうでない人に比べると肥満率が高くなってしまうというデータが明らかになっています。

そもそも、睡眠時間が少ないということは起きている時間が長いということですよね。しっかり睡眠を取っている人に比べるとお腹が空きやすい状態になってしまうわけなので、不要なものを食べてしまい、摂取カロリーが増えることに繋がってしまうのは納得できるでしょう。

では、睡眠時間が短くても間食や夜食を取らなければ太らないのか?というとそうではありません。肥満体型に悩んでいる方の多くは代謝が悪い状態になっているのですが、この代謝というのは成長ホルモンによって促進されます。成長ホルモンは寝ている間にたくさん分泌されるため、睡眠時間が足りていないと代謝が悪い状態になってしまうのです。

また、グレリンという食欲をコントロールしているホルモンがあるのですが、睡眠不足の状態になってしまうとグレリンの分泌量が多くなり、お腹が空きやすい体質になってしまいます。

このように様々な理由から睡眠不足が肥満に繋がってしまうため、毎日睡眠時間がしっかり取れるようにスケジュールを調整しましょう。

どれくらい眠れば良い?

睡眠不足が肥満体型に繋がってしまうのであれば、とにかくたくさん寝れば良いのかというとそうではありません。最適な睡眠時間は人によって違うのですが、一般的には7~8時間程度が最適とされています。

眠りに落ちてからの時間であるため、例えば寝付くまでに30分かかってしまうという方の場合、その時間を考慮した上で布団に入らなければなりません。

また、8時間以上眠ったからといってダイエット効果が高まるわけではなく、かえって代謝が落ちて太りやすい体質になってしまうので注意しましょう。

平日はなかなか睡眠時間が取れないものの、休日に寝溜めしているから大丈夫!という方もいますよね。ですが、休日にたくさん寝る寝溜めは効果がないと言われています。それだけでなく、体内時計のリズムが崩れ、体調不良を招いてしまうこともあるので、できるだけ毎日しっかりとした睡眠時間が取れるように心がけていきましょう。

質の良い睡眠を取ることが大切

7~8時間程度寝ていたとしても、定期的に目覚めてしまったり、寝つきが浅い状態では睡眠ダイエットの効果は期待できません。重要なのは、眠りの質を高めるということです。

そもそも、質の良い眠りとは何なのかというと、これは眠りによって脳や体がしっかり休めている状態のことですね。つまり、長時間寝ても疲れが取れない、日中も眠気が続いてしまうという方の場合、質の良い睡眠が取れていないと判断して良いでしょう。

睡眠の質を上げる方法

質の良い睡眠が取れていないと感じている方は次のような方法を実践してみてください。

布団に入る3時間前までには夕食を済ませる

胃の中にたくさん物が入った状態だと質の良い睡眠を取ることは難しくなってしまいます。3時間前が難しいという方も2時間前までには済ませておきましょう。

満腹の状態で布団に入ったとしても体内の消化器官が働いており、脳や神経は休まずに働くことになってしまうため、十分な睡眠時間を取ったとしても体の疲れが取れないのです。

ただ、仕事が終わるのが遅いなどの関係からどうしても遅い時間に食事を取るしかないという方もいますよね。そういった方は、夕食にできるだけ消化に良いものを選択するのがおすすめです。

布団に入る1時間前までにはお風呂を済ませる

お風呂から上がってすぐに寝るという方もいますが、お風呂から上がった直後というのは体がポカポカしていますよね。この状態ですぐに布団に入ってしまうとさらに体温が上がってしまうのですが、自然な眠りにつくためにはお風呂から上がった後の体温が1℃下がったくらいがベストとされています。

体温が1℃下がると脳や神経がリラックスして眠りにつきやすい状態になるため、1時間程度休んでから布団に入ると良いでしょう。湯冷めしてしまうと体温が下がりすぎてしまうので、お風呂に入った後は体が冷えすぎないように注意することも大切です。

寝る前に激しい運動をしない

お風呂上りの筋トレや運動を日課にしているという方もいるのではないでしょうか。ですが、これはおすすめできません。体を動かしてしまうと脳や神経が高ぶってしまい、質の良い睡眠をとれなくなってしまいます。

ただ、ストレッチはとても効果的です。体をリラックスさせることにもつながるので、寝る前に体を動かす場合はストレッチを取り入れていくと良いでしょう。

まとめ

睡眠ダイエットはほんの何日か実践しただけで効果が出るというわけではありません。あくまで体調管理の一環に加え、太りやすい体質を改善するためのものだと考えると良いですね。

効果的なダイエットを実践していたとしても睡眠不足の状態だとなかなか効果が出てきません。ダイエットを成功させるための方法でもあるので、今日から実践してみましょう。

        
        

  関連記事

水泳はダイエットに効果がある?結果を出すためのポイントとは?

ダイエットをするうえで、運動は欠かせないファクターです。そして、運動をしなければ …

黒豆ダイエットで痩せるのはなぜ?効果的に痩せるための方法とポイントとは?

ダイエットを助けてくれる栄養素が多く含まれた豆類。この豆類を食事に取り入れること …

体幹トレーニングでぽっこりおなかは卒業しよう!ボディラインの改善に効果的

引き締まった体が魅力的!体幹を鍛える方法教えます 体幹トレーニングはモデルさんや …

スペシャリストが開発した高品質水素サプリ!Dr.SAITO’S SELECT「水の素」

1カプセルで飽和水素水約1リットル分の水素が摂取できる! 雑誌やTVなど各種メデ …

癒されねむりふんどしって何?ふんどしでぐっすり眠れる理由とは?

>>癒されねむりふんどしで快適な睡眠を 何かと忙しい30~40代の女性にとって、 …

手・脚パンパン問題や顔ムクムク問題は『するっと小町』で解決できる!?

むくみ改善の効果が評判の『するっと小町』について、配合成分やメリット、リーズナブ …

1日断食ダイエットで便秘解消&デトックス!

半日断食ダイエットよりも高い効果が期待できる1日断食ダイエットについてご紹介しま …

海外セレブも注目!ピラティスにはどんな効果があるの?

ピラティスは美しいボディラインを作るエクササイズ 最近、目や耳にすることが増えた …

メスのいらない脂肪吸引!“エンダモロジー”について

エンダモロジーの効果を高める方法は?痩身以外のメリットとは? 出典:www.so …

二の腕を細くしてバストアップもできる方法について

二の腕を細くしてバストアッするポイントとは? 気温が上がり、薄着になるシーズンで …