今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

今日から私もミニマリストに!厳選の10着で無駄をなくすポイントとは?

af26144f287f14ad4ffa1af3a62e6c99_s

最近よく耳にするミニマリストという言葉。必要最低限のものしか持たないとされるミニマリストは、服も10着ほどで着まわしている人が多いようです。その無駄を省いたコーディネートに迫ってみましょう。

ミニマリストの買い物のポイントは?

無駄を省くとは言っても、おしゃれをあきらめることではありません。ミニマリストたちの手持ちアイテムは少ないですが、それぞれが厳選されたアイテムです。自分が本当に好きなもの、自分に本当にあったアイテムだけを選ぶことは自分のスタイルを確立していくことにもつながります。

新しい服を買ったら、着なくなったものは捨てるなどしてクローゼットはどんどん整理するようにするとミニマリストに近づくことができます。

ミニマリストの手持ちアイテムが知りたい!

ミニマリストはワンシーズンあたり約10着で着まわしている人が多いようです。その10着のアイテムを見ていきましょう。

トップス

シンプルな形のトップスで、季節に応じて選んでいきましょう。体にフィットして、自分のスタイルにあったものを選びましょう。ベーシックカラーが一番着まわしやすく、小物でのアレンジもしやすくなります。
3、4枚あれば大丈夫です。

ボトムス

こちらもシーズンに合わせたものを選びましょう。シンプルなデニムや、黒のストレートパンツ、合わせやすい膝丈のスカートなどがあれば事足ります。3、4枚揃えておくといいでしょう。

はおりもの

寒さの調節に役にたつカーディガンやフーディなどのはおりものも揃えておきましょう。2枚ぐらいあれば十分です。着こなしのアクセントにもなります。

自分のスタイルに合うものを揃えておきましょう。会社用のものとドレスアップ用のものも揃えておくと完璧です。もちろん個人差はありますが、ワンシーズンであれば10着前後で十分やっていくことは可能です。

アイテムが少ないとおしゃれセンスも磨かれる!

10着前後というと、かなり少ないなと思うかもしれません。でも、普段出番が多い服を見直してみると、そのぐらいのアイテム数に収まるのではないでしょうか。シーズンにもよりますが、厳選されたアイテムだけを揃えておくことで無駄な買い物を少なくでき、おしゃれセンスもアップしていきます。

もちろん、無駄を省くことだけに集中してしまうと楽しくありません。手持ちアイテムを小物でグレードアップしたり、アクセントをつけて着こなしの幅を広げましょう。賢くコーディネートして、おしゃれに無駄をなくしていきましょう。

ミニマリストのファッションは、いかに自分のスタイルと合っているかが重要です。その時の自分に一番合っているもの、必要なものを選ぶことで、生活自体の無駄をなくすことができます。まずは自分のクローゼットと向き合ってみましょう。

        
        

  関連記事

白いカラーのパンツを履くときはここに注意すればOK!

白いパンツを素敵に履きこなしたいというのは非常に多くの人々の理想ではないでしょう …

日本人の肌色にぴったりのグリーンで涼しげメイク術に挑戦しよう!

春~夏の暖かい季節になると、アイメイクも青や緑などの涼しげな色に挑戦したくなる方 …

今年の春も上下デニムコーデでせめる!失敗しがちなポイントとは?

2016年の春に注目されているのが「デニムonデニム」と呼ばれるコーディネートで …

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今 …

モノトーン派さん必見!【2016年流】簡単差し色コーデのアイディア4つ!

モノトーン派さんの差し色入門! 「無難で、できるだけ長く着られるものを…」とショ …

洋なし体型さんにイチバン似合うコーディネート5選!

出典:titivate 洋なし体型のコンプレックス、洋服で覆い隠してない? 下半 …

自分にあったベストパンツを見つける方法で、運命の1着に出会う!

本当に自分に似合うパンツ、持ってる? お腹周りやおしり、太もも、足の長さ…。パン …

お気に入りの洋服を長持ちさせる秘訣は洗濯方法にあった!

着やすい、必ずほめられる、着てると楽しい、いいことがある・・・そんなお気に入りの …

めざせ海外セレブ!海外メーカーファッションで意識UP、駅ビルファッショングッズはNG!

海外のファッション雑誌や各種セレブ情報系サイトのおかげで、海外セレブ事情もデイリ …

一気に垢抜ける!春夏トレンドをコーディネートに加えてみよう!

毎年様々な流行がある春夏ファッション。シンプルなコーディネートでもちょっと春夏の …