今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

今日から私もミニマリストに!厳選の10着で無駄をなくすポイントとは?

af26144f287f14ad4ffa1af3a62e6c99_s

最近よく耳にするミニマリストという言葉。必要最低限のものしか持たないとされるミニマリストは、服も10着ほどで着まわしている人が多いようです。その無駄を省いたコーディネートに迫ってみましょう。

ミニマリストの買い物のポイントは?

無駄を省くとは言っても、おしゃれをあきらめることではありません。ミニマリストたちの手持ちアイテムは少ないですが、それぞれが厳選されたアイテムです。自分が本当に好きなもの、自分に本当にあったアイテムだけを選ぶことは自分のスタイルを確立していくことにもつながります。

新しい服を買ったら、着なくなったものは捨てるなどしてクローゼットはどんどん整理するようにするとミニマリストに近づくことができます。

ミニマリストの手持ちアイテムが知りたい!

ミニマリストはワンシーズンあたり約10着で着まわしている人が多いようです。その10着のアイテムを見ていきましょう。

トップス

シンプルな形のトップスで、季節に応じて選んでいきましょう。体にフィットして、自分のスタイルにあったものを選びましょう。ベーシックカラーが一番着まわしやすく、小物でのアレンジもしやすくなります。
3、4枚あれば大丈夫です。

ボトムス

こちらもシーズンに合わせたものを選びましょう。シンプルなデニムや、黒のストレートパンツ、合わせやすい膝丈のスカートなどがあれば事足ります。3、4枚揃えておくといいでしょう。

はおりもの

寒さの調節に役にたつカーディガンやフーディなどのはおりものも揃えておきましょう。2枚ぐらいあれば十分です。着こなしのアクセントにもなります。

自分のスタイルに合うものを揃えておきましょう。会社用のものとドレスアップ用のものも揃えておくと完璧です。もちろん個人差はありますが、ワンシーズンであれば10着前後で十分やっていくことは可能です。

アイテムが少ないとおしゃれセンスも磨かれる!

10着前後というと、かなり少ないなと思うかもしれません。でも、普段出番が多い服を見直してみると、そのぐらいのアイテム数に収まるのではないでしょうか。シーズンにもよりますが、厳選されたアイテムだけを揃えておくことで無駄な買い物を少なくでき、おしゃれセンスもアップしていきます。

もちろん、無駄を省くことだけに集中してしまうと楽しくありません。手持ちアイテムを小物でグレードアップしたり、アクセントをつけて着こなしの幅を広げましょう。賢くコーディネートして、おしゃれに無駄をなくしていきましょう。

ミニマリストのファッションは、いかに自分のスタイルと合っているかが重要です。その時の自分に一番合っているもの、必要なものを選ぶことで、生活自体の無駄をなくすことができます。まずは自分のクローゼットと向き合ってみましょう。

        
        

  関連記事

好感度UPのメイクポイントをマスターして、めざせオフィス美人!

プライベートはさておき、オフィスでは濃いめのメイクは男性はもちろん女性にも嫌われ …

足が痛くなるのはなぜ?失敗なしのパンプス選びのポイント

出典:titivate.jp 何足かパンプスを持っているものの、最高の一足に出会 …

自分にあったベストパンツを見つける方法で、運命の1着に出会う!

本当に自分に似合うパンツ、持ってる? お腹周りやおしり、太もも、足の長さ…。パン …

夏も怖くない!ぷにょぷにょ二の腕をカバーしてくれるファッション術

半袖やノースリーブの服を着る機会の増える夏は、ぷにょぷにょした二の腕が気になる季 …

スタイル良く魅せるコーデのポイントを【コンプレックス別】に紹介します!

目次1 「スタイルが良くなりたい!」は、すべての女性の総意です!2 【悩み別】ス …

40代でもバッチリ決まる!スニーカーコーディネートのポイントって?

40代になってくると、スニーカーでのコーディネートに少し抵抗がある人も多いもので …

「またやってしまった!」買い物の失敗をチャラにする最善策を教えます

あまり好きな色ではない、サイズが微妙に合わない、この刺繍がなければいいのにな・・ …

春・夏!白ジャケットをもっと上手に着こなすコーデ4つのアイディア

「白ジャケットを着ると、きちんとしすぎる!」とお悩みの方へ… 出典:titiva …

アラサー・アラフォーにお薦め!外見をマイナス5歳若返らせるヘアスタイル

若い時はどんな髪型でも楽しめたけど、アラサー・アラフォーになると紫外線やカラーリ …

嫌われ女子の特徴は靴やカバンの“お手入れ”にあった!

目次1 革製品のお手入れ上手は女子に好かれる!2 革製品のお手入れ上手になって“ …