今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

日傘は中のカラーが重要だった!選び方のポイントとは?

67c7605bb293aca6451f7b323ca3cd48_s

日差しが強い季節には、日傘がとても重宝しますよね。そんな日傘ですが、最近では色々な種類が出てきています。そこで、上手な日傘の選び方をご紹介します。

どんな時に使いたいのか考えてみよう

日傘は、もちろん日差しが強い時に使いたいものですが、細かく使いたい状況を考えていくことでだいぶ絞られてきます。例えば、曇りの時でも使いたいのか、通勤や通学で使うのか、など。

日傘を使う目的は紫外線をカットすることと、暑さをしのぐためです。ジリジリくる暑さをしのぐためには、太陽の可視光線と赤外線を防ぐことが重要です。紫外線は皮膚の老化や皮膚ガンのリスクなどがあるので、できればしっかり防ぎたいもの。

そこで、日傘を使う状況を考えて一番適したものを選ぶことが大事です。

サイズをチェックしよう

普通の雨傘と同じように、折りたたみのものや普通の長傘がある日傘。太陽光線を防ぐことが目的なので、雨傘のように大きくなくても大丈夫。広げた場合の直径が85cm以上あれば十分なので、持ち運びの便利さも考えてサイズを選んでみましょう。

通勤や通学時に利用するのであれば、もちろん折りたたみの方が便利ですし、長時間利用するのであれば大きめな方が便利です。この辺りは使う状況を考えながら選びましょう。

遮光率で選んでみよう

遮光率が高いものの方が、もちろんUVカット効果が高いのでしっかりチェックしておきましょう。カラーも気になるところですが、遮光率が高い生地の日傘であれば、外側はどんなカラーでも問題ありません。

地面に反射した光をしっかりと防ぐことを考えると、内側は黒い生地の日傘を選ぶといいでしょう。外側からだけではなく、内側からもきちんと遮光することを頭に入れておきましょう。

雨の日は使わないように

日傘とはいえ、傘なのだから雨の時でも使えるのでは?と思いがち。しかし、日傘は紫外線や太陽光線を遮るために作られているので、雨をしっかり防ぐことを目的として作られていません。雨の時は雨傘を使用した方が、日傘の寿命も長くなります。
小雨ぐらいならなんとかしのげますが、やはり日傘はその目的以外で使用しない方がいいでしょう。

暑い夏こそ、お気に入りの日傘で体感温度を下げたいものです。使ってみると意外に涼しいので夏の必需品になるはずです。”

        
        

  関連記事

「ワンピにON」はさようなら!デニムシャツ・Gジャンをもっと2016年っぽく着こなすアイディア4選

定番のデニムシャツ・Gジャン、甘辛コーデばかりでマンネリになったら… 出典:gu …

いくつ持ってる?女性なら持っていたいジュエリーはどんなもの?

貴金属をあまり好まない女性もいるようですが、女性としては最低一つから2つ程度のジ …

上品にまとめる30代の結婚式コーデとは?

30代になってくると、結婚式に呼ばれる機会も増えてくるものです。20代の頃はあま …

パンツのサイズを上げて脚長効果!な小ワザ術3つ

ちょい大きめサイズのパンツで足が長く見える!? 長らく続いたピチピチローライズパ …

フランス女性に習う髪へのこだわり!洗わないって本当?

国が違えばヘアケアの方法も違います。特に、フランス人のヘアケアの方法が日本人とは …

人とは違うファッションセンスを磨くには?必要なのは3つのポイント

Tシャツにジーンズのようなシンプルなコーデでもなぜかオシャレに見える…そんな女性 …

これでカンンペキ!気品のあるブラックフォーマルの選び方

結婚式やお葬式など、人生の中でも大きな出来事の際にはブラックフォーマルが必要にな …

アラサー・アラフォーにお薦め!外見をマイナス5歳若返らせるヘアスタイル

若い時はどんな髪型でも楽しめたけど、アラサー・アラフォーになると紫外線やカラーリ …

間違った着痩せ知識で損してない?ホッソリ見えるコーデ術のおさらいで、薄着シーズンでも怖くない!

いよいよ薄着のシーズン…コーデで損してない? 出典:gu ぽっちゃり女子にとって …

【ショートVSロング!】レインブーツに合わせたいコーデ例と双方のメリットについて

ショート派VSロング派!雨の日レインブーツはどっちを選ぶべき? 出典:e-zak …