今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

日傘は中のカラーが重要だった!選び方のポイントとは?

67c7605bb293aca6451f7b323ca3cd48_s

日差しが強い季節には、日傘がとても重宝しますよね。そんな日傘ですが、最近では色々な種類が出てきています。そこで、上手な日傘の選び方をご紹介します。

どんな時に使いたいのか考えてみよう

日傘は、もちろん日差しが強い時に使いたいものですが、細かく使いたい状況を考えていくことでだいぶ絞られてきます。例えば、曇りの時でも使いたいのか、通勤や通学で使うのか、など。

日傘を使う目的は紫外線をカットすることと、暑さをしのぐためです。ジリジリくる暑さをしのぐためには、太陽の可視光線と赤外線を防ぐことが重要です。紫外線は皮膚の老化や皮膚ガンのリスクなどがあるので、できればしっかり防ぎたいもの。

そこで、日傘を使う状況を考えて一番適したものを選ぶことが大事です。

サイズをチェックしよう

普通の雨傘と同じように、折りたたみのものや普通の長傘がある日傘。太陽光線を防ぐことが目的なので、雨傘のように大きくなくても大丈夫。広げた場合の直径が85cm以上あれば十分なので、持ち運びの便利さも考えてサイズを選んでみましょう。

通勤や通学時に利用するのであれば、もちろん折りたたみの方が便利ですし、長時間利用するのであれば大きめな方が便利です。この辺りは使う状況を考えながら選びましょう。

遮光率で選んでみよう

遮光率が高いものの方が、もちろんUVカット効果が高いのでしっかりチェックしておきましょう。カラーも気になるところですが、遮光率が高い生地の日傘であれば、外側はどんなカラーでも問題ありません。

地面に反射した光をしっかりと防ぐことを考えると、内側は黒い生地の日傘を選ぶといいでしょう。外側からだけではなく、内側からもきちんと遮光することを頭に入れておきましょう。

雨の日は使わないように

日傘とはいえ、傘なのだから雨の時でも使えるのでは?と思いがち。しかし、日傘は紫外線や太陽光線を遮るために作られているので、雨をしっかり防ぐことを目的として作られていません。雨の時は雨傘を使用した方が、日傘の寿命も長くなります。
小雨ぐらいならなんとかしのげますが、やはり日傘はその目的以外で使用しない方がいいでしょう。

暑い夏こそ、お気に入りの日傘で体感温度を下げたいものです。使ってみると意外に涼しいので夏の必需品になるはずです。”

        
        

  関連記事

結婚式コーデは歳相応に選ぶことが重要!若作りに注意…!

結婚式にお呼ばれする回数というのは人によって違いますが、何10回もお呼ばれする方 …

簡単なセルフネイル方法!初心者はフレンチデザインがおすすめ!

毎回ネイルサロンに通っているものの、お金も時間ももったいない…もっと節約できれば …

短い爪でかわいく見せるネイルカラーの塗り方とネイルデザイン

元々爪が短くて似合うネイルがわからず悩んでいる方や、仕事柄爪を伸ばすことやチップ …

ロングとショートの髪型はどちらがモテるのか、男性の本音を知っておこう

ロングとショートの髪型はどちらがモテるのか・・・女性にとって永遠の課題といっても …

体型やコンプレックスをカバーした理想のファッション紹介!視覚効果を利用しよう

ファッションは、上手に活用することによって体型やコンプレックスをカバーすることが …

キレイでいたい!1日前髪をキープなら前夜からの対策がカギ

朝念入りに時間をかけて前髪をセットしたものの、午後になるとすぐに崩れてしまうとい …

オシャレは足元から!靴の寿命を延ばす、靴の素材別管理のコツ

オシャレな人はコーディネートのセンスはもちろん、いつも新品のようにキレイな靴をは …

旅先でもお洒落にトラベルファッションコーディネート5選

旅行の前日、最も困るのが旅行鞄へのパッキング。これを入れるとあれが入らない、でも …

長時間履いていても疲れないのは太いヒールに限る!

ハイヒールは女性にとってマストアイテムといえるのかもしれません。おしゃれをする時 …

スタイル良く魅せるコーデのポイントを【コンプレックス別】に紹介します!

目次1 「スタイルが良くなりたい!」は、すべての女性の総意です!2 【悩み別】ス …