今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ボブヘアーでもキレイにまとまる結婚式ヘアアレンジ5選

37da51f5776681e1dda2ecb6c2563a06_s

結婚式の招待状が届く度に髪型はどうしようか悩む女性はとても多いです。特にボブヘアーだと髪の長さがない分、自分で思いつくアレンジの幅は狭くなりがちです。

また、20代後半~30代前半は同年代の友達や職場の同僚が立て続けに結婚することも珍しくなく、毎月のように結婚式に出るなんてことも…。招待されているメンバーがかぶっていると、毎回同じヘアアレンジで行くのも気おくれしてしまいます。そこで今回は、ボブヘアーでも簡単にできる結婚式向きのヘアアレンジを5つご紹介します。

まずは髪をキレイにまとめるために下準備!

髪全体にヘアブラシをかけて、髪の絡まりやもつれを取り除く
髪全体にヘアワックスを揉みこんでスタイリングしやすい状態にする

このひと手間をしておくと、髪がまとまりやすくヘアアレンジがしやすくなります。特にボブだと短い髪が散らばったり浮いたりやすいので下準備は欠かせません。準備ができたら、5つの簡単ヘアアレンジに挑戦してみましょう!

1.ゆる~く巻いてひとまとめ

ボブヘアーは元々動きがあるのでこったヘアアレンジをしなくても華やかな印象を壊しません。ただ、何もアレンジをしないと華やかさに欠けてしまうため、ちょっとだけでもアレンジしてあげるのがおすすめです。

簡単だけど手抜きに見えないヘアアレンジのおすすめは、コテでゆる~く巻いてから後ろでひとまとめにしてしまうもの。髪をまとめる時はゆるっとさせるのがポイント。きっちりまとめすぎるとお仕事用の髪型っぽくなってしまうので、軽やかさやふんわりした感じを意識しましょう。

2.毛先をワンカール+カチューシャ

まとめるのが苦手な方やコテの使い方に不安がある方は、毛先をワンカールさせてビジューやパールのついたカチューシャをするだけで十分華やかです。

ボブヘアーはおろしたままでも重たい雰囲気にならないのですが、コテを使ってワンカールさせている方が結婚式やドレスの華やかな雰囲気とマッチしやすくなります。大人の女性ならカチューシャは大ぶりなリボンが付いたものは避け、こぶりなビジューやパールのついたものがおすすめです。上品な雰囲気にしてくれます。

3.誰でも簡単!上品なハーフアップ

不器用さんや面倒くさがりさんでも簡単にできるのがハーフアップです。できるだけ時間をかけたくない方にもおすすめです。

ヘアアクセサリーにリボン、パール、ビジューなど大ぶりな飾りの付いたものを選べば、あっという間に結婚式らしい華やかな雰囲気を出せます。また、トップの髪をクシを使って少し引き出し、トップに丸くボリュームを持たせると上品でエレガントな印象に。

4.前髪の編み込み+ヘアアクセサリーで顔周りを華やかに

ワンレングス(前髪とサイド、バッくの髪の長さが同じこと)のボブヘアーや、前髪が眺めのボブヘアーの方におすすめなのが前髪を編みこんでサイドで止めるだけの簡単で時間もかからないヘアアレンジです。

後ろ髪の編み込みが苦手な方でも前髪なら自分の目で見て確認しながら編み込みを作れるので安心です。前髪に編み込みを作ることで顔周りを華やかな印象にでき、顔の再度にヘアアクセサリーを使って編み込みをおさえると顔の印象をパッと明るくすることもできます。

前髪を真ん中で分けて顔の両サイドに編み込みを作る他に、斜めに分けて片側だけを編み込むのもおすすめです。同じ前髪の編み込みでも全く雰囲気が変わるので、ぜひ試してみてくださいね。

5.両サイドの毛を編み込んで後ろでまとめるアレンジ

前髪が短いタイプのボブヘアーにおすすめなのが、このヘアアレンジです。手順は以下の通り。

トップの髪をすくって三つ編みをする。一度編むごとに、少しずつ髪をすくって足しながら編み込んでいく。
下まで編んだらゴムでとめる。片側も同じようにする。
後ろに残った髪をまとめてゴムでとめる。
編み込みと後ろの髪をまとめてふくらみを持たせながらヘアピンで固定する。おくれ毛や浮く毛はへアピンで追加して固定する。

自宅で自分一人でできる簡単なヘアアレンジのみをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?ボブヘアーは元々動きがあって重たく感じないヘアスタイルなので、ちょっと手を加えたりヘアアクササリーを上手に取り入れるだけで明るく華やかなヘアスタイルを簡単に時間をかけずに作ることができます。

ただし、ヘアアクセサリーに生花やティアラはNG!これらは花嫁さんだけに許されるアイテムです。人によっては造花でもよく思わないので、花のついた髪飾りは避けるのが無難です。ボブヘアーをしている時、結婚式でどんなヘアアレンジをしたらいいか迷ったらこの記事を参考にしていただけたらうれしいです。

        
        

  関連記事

メンズアイテムでいつものコーデが垢抜ける!

最近メンズアイテムをうまくコーディネートに生かす女性が増えてきました。ゆったりめ …

ミニマリストに学ぶ無駄を省いたおしゃれの方法

たくさんのアイテムを持っていても、結局着るのはいつものコーディネートだったりしま …

紫外線はオシャレにカット!自分に合う帽子の選び方

強い紫外線の季節、日焼け止めや日傘もいいけれど、おしゃれに紫外線カットするなら断 …

40代でも美しい女性でいるための日常生活の過ごし方とは?

「美魔女」という言葉もすっかり定着しましたが、本当に実年齢を聞くと驚く女性が増え …

真のお洒落は洋服収納が上手!センスの良い女子が実践する収納術とは?

仕事や育児をしていると、どうしても朝は忙しくバタバタしてしまいます。遅刻しそうで …

次のデートでトライしたい!男性の心を動かす魅力的なファッションコーディネート4選

結局気になる、オトコ受け…! 大好きなジャンルのファッションを、自分なりに楽しむ …

大人女子もプチプラアイテムを活用したい! GUで“安っぽくない安い服”に出会うコツ

プチプラバレを防いで、GUを賢く活用してみませんか? 『UNIQLO(ユニクロ) …

バストが大きい人はどんな水着を選ぶのが正解なの?

バストの大きい方は、水着選びをする際にあまりバストを強調しない物を選ぶというケー …

めざせ海外セレブ!海外メーカーファッションで意識UP、駅ビルファッショングッズはNG!

海外のファッション雑誌や各種セレブ情報系サイトのおかげで、海外セレブ事情もデイリ …

持ち方次第で女度アップ!女性らしい上品なバッグの持ち方とは?

みなさんは普段バッグの持ち方は意識されているでしょうか?毎日使っているバッグは自 …