今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

人とは違うファッションセンスを磨くには?必要なのは3つのポイント

fall-1636872_640

Tシャツにジーンズのようなシンプルなコーデでもなぜかオシャレに見える…そんな女性が周りにいませんか?特に流行の最先端を行っているわけでもなく、スタイルがずば抜けて良いわけでもない…なのになぜ彼女たちがオシャレに見えるのか?それはズバリ、自分に似合う服をきちんとわかっているからです。

なんだか垢抜けなく感じたりダサく見えてしまうのは自分の雰囲気と違う服ばかり着ているからです。オシャレ女子になるために自分に本当に似合う服を選ぶ簡単な方法を3つご紹介します。

1.ジャストサイズな服を選ぶ

垢抜けた雰囲気でオシャレに見える人に共通しているのが、自分の体にぴったりなサイズの服を選んでいるということです。例えばシンプルな無地のTシャツやニットもサイズが合わずぶかぶかまたはぱつぱつで着ているのと、きちんと自分の体に合うサイズの服を着ているのとでは、見た目のイメージが全く違います。

また、同じ服でも着る人によってウエストが太く見えたり足が短く見えることも。人それぞれ似合う丈や幅が違うので、必ず試着してサイズ感を確認しましょう。

このように、自分にとってジャストサイズな服を選ぶことがオシャレ女子への第一歩です!ジャストサイズの服はスタイルを良く見せてくれる効果があります。服を着ていると太って見えやすい方もサイズ感を気にして服を選んでみてくださいね。

2.肌色に合う服を着る

自分が好きな色と、自分の雰囲気や肌色に合う色はまた別物です。好きな色と似合う色の系統が同じなら良いのですが、そうでないなら自分の肌色に合わせて色を選ぶのがおすすめです。

黄みの強い肌に似合う色

黄みの強い肌にはベージュ・キャメル・ミルキーカラーなど黄色のフィルターをかけたような色や、ミルキーカラーやスモーキーカラーのような少しくすみを感じる色がおすすめです。

赤みの強い肌に似合う色

赤みの強い肌はビビッドカラーやダークトーンのカラーのようなパキッとした色や、青みを感じる透明感のある色がよく似合います。

自分の肌色に似合う色系統でそろえると着回しがしやすく、オシャレに見えやすくなります。

3.全体のバランスを考える

オシャレなコーディネイトはバランスがよくキレイにまとまっています。奇抜なファッションでもオシャレに着こなしている方を見ると、そういうコーデが正解と感じるほど違和感がなく見えると思います。

  • トップスもボトムスもボリュームのあるものを持ってくる
  • 服の上下とも柄もの
  • 服、靴、鞄の色の系統がバラバラ

こんな風に上下のバランスが悪かったり、コーデ全体にまとまりや統一感がないと、なんだか垢抜けなく見えてしまいます。こういった組み合わせでもセンスのある方なら上手くまとめることができるのですが、お洒落に自信がないならまずは簡単にバランスが取れる方法から試してみましょう。

  • ボリュームのあるアイテムはトップスとボトムスのどちらか片方だけ
  • 柄物はトップス・ボトムスのどちらかだけ、またはアクセントとして小物で取り入れる
  • 靴や鞄で差し色を入れるなら、靴と鞄または靴とストールを同系色にしてバランスを取る

こんな風にコーデ全体のバランスが取れるルールを考えながら服を選ぶとコーデにまとまりが出て垢抜けたお洒落な印象になります。

必ず試着してから買うこと!

3つのポイントを実践する上で欠かせないのが、毎回きちんと試着してみることです。オシャレには気を使っているはずなのになぜか垢抜けない方には、試着せず服を買うという共通点があります。試着してみないとサイズ感も色が似合っているかどうかもわかりません。

また、自宅でコーデを考える時もセンスに自信がないうちはあらかじめ試着して全身鏡でバランスを確認することをおすすめします。

きちんと3つのポイントを実践すれば、シンプルな服でも人とは違うセンスの良さを感じるコーデが簡単にできます。センスを磨きたいと思っている方はぜひ実践してみてください。

        
        

  関連記事

ヘアのトップをふんわりさせて老け防止!そのコツは?

「年々髪のボリュームがダウンしてきた」「トップがぺたんとなる」・・・年齢に比例し …

めざせ海外セレブ!海外メーカーファッションで意識UP、駅ビルファッショングッズはNG!

海外のファッション雑誌や各種セレブ情報系サイトのおかげで、海外セレブ事情もデイリ …

服選びに疲れたあなたにオススメのファッション楽しみ方

ファッションには敏感でいたいと思っていても次々に新しいファッションが誕生するため …

フランス女性に習う髪へのこだわり!洗わないって本当?

国が違えばヘアケアの方法も違います。特に、フランス人のヘアケアの方法が日本人とは …

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今 …

ワコールの「胸もと年齢マイナス5歳をめざすブラ」大ヒットの理由

出典:株式会社ワコール   年齢とともに下がってくるバスト、若い時と同 …

あなたは知ってる?ジュエリーの正しいお手入れ方法

アクセサリーを所持している方は、どのようにお手入れをされているのでしょうか? ア …

流行ファッションに踊らされないファッション流儀を身につけよう!

服が少ないのは、ダサいことじゃない! 突然ですが、「フランス人は10着しか服を持 …

モノトーン派さん必見!【2016年流】簡単差し色コーデのアイディア4つ!

モノトーン派さんの差し色入門! 「無難で、できるだけ長く着られるものを…」とショ …

大人の女性なら揃えておくべき!流行に左右されない定番トップス6選

「一目惚れ衝動買い」で増えた洋服たち…使えてる? ショッピングはいくつになっても …