今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

海やプールを楽しもう!気になる胸・お腹・お尻をカバー出来る水着紹介

5cdab56b32b5695685f908355823d55d_s

夏が近づいてくると海やプールへのお誘いが増えたり、子供を連れて海へ遊びに行く機会もどんどん増えていきます。水着の季節に間に合うようにダイエットをがんばっている方も多いと思います。

女性が水着を着る時に気になる部分と言えば、胸・お腹・お尻の3つが圧倒的に多いです。今回は気になる胸・お腹・お尻を上手にカバーできる水着のデザインを部位別にご紹介します。

胸の悩みをカバーできる水着

胸の小ささに悩んでいる場合

  • 小さな胸をカバーするならフリルやフリンジがたくさん付いていて胸元にボリュームを与えてくれタイプ
  • 大胆なセクシーさで胸のサイズ感をごまかす三角ブラ
  • 胸をギュッと寄せてボリュームアップしてくれる肩紐のないブラ(バンドゥブラなど)

小さな胸にはこういったブラがカバー力を発揮します。胸のサイズにもよるのですが、ワイヤーが入っているブラはぶかぶかになりやすく胸の小ささを強調してしまうため、ノンワイヤーで包みこむようなデザインがおすすめです。

大きな胸に悩んでいる場合

  • ノンワイヤーでアンダーが太めのブラ
  • ノンワイヤー、ホルターネックタイプのブラ

ワイヤー入りのブラは胸の大きさを強調してしまうので避けるのが無難。ノンワイヤーのブラや大きな胸を支え切れず形が崩れがちなので、しっかり支えてくれるアンダー太めまたはホルターネックのブラを選びましょう。

気になるお腹周りをカバーする水着

タンキニ

タンキニとは、セパレートタイプの水着の一つで、タンクトップとボトムスに分かれているもののことです。タンクトップ・ビキニを略してタンキニと呼びます。タンキニはお腹をすっぽり覆ってくれるのでお腹周りの気になるお肉を覆い隠してくれます。また、ウエスベルトが付いたものや、タンクトップの裾がひらひらしているデザインも多く、お腹周りをしっかりカバーしてくれます。

ダークトーンで引き締め効果

黒やネイビーなどのダークトーンカラーはキュッと引き締めてくれる効果があります。また、濃い色を使うことで目線をお腹からそらすこともできます。お腹を出したいけれどお肉が気になるという時におすすめです。

腰やお尻をカバーする水着

ショートパンツタイプ

ビキニはお尻の大きさラインを強調するため、お尻の悩みをカバーしたい時はボトムスがショートパンツタイプの水着がおすすめです。また、ビキニの上からはくショートパンツが付いている水着もあるので、どちらも捨てがたい型にはセットになっている水着をおすすめします。

パレオ付きの水着

ロング~ショートまで、最近はさまざまな長さのパレオ付き水着が販売されています。パレオは腰に巻くだけで気になるお尻を隠してくれる優秀アイテム。お尻が気になる時はパレオ付きを選んでみるのはいかがでしょうか?

胸、お腹、お尻全てをカバーしてくれる水着

とにかく色々なところが気になる!という方におすすめなのが、はっ水性の高い素材でできたワンピースやオールインワン(サロペット)がセットになった水着です。水着と同じく水をはじいてくれるのでそのまま海やプールに入っても大丈夫です。

体型をカバーできる水着で夏を楽しもう

それぞれの体型の悩みに合わせた体型カバー水着をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?水着選びの参考にしていただけると嬉しいです。

水着は肌が覆われている面積が小さいためどうしても色々と気になる部分が出てきてしまいますが、水着のデザインによっては気になる部分をしっかりカバーしてくれるので自分に合った水着を選んで海やプールを満喫しましょう!

水着自体に抵抗がある方は、丈が長めのワンピース、オールインワン、パレオなど胸からお尻までをすっぽり隠してくれるアイテムが付いたセット商品をおすすめします。

        
        

  関連記事

単色で決める!肌色別・自分にあったネイルカラーの選び方

素敵!と思って使ってみたネイルカラーが思ったような出来栄えにならなかったり、キレ …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …

「またやってしまった!」買い物の失敗をチャラにする最善策を教えます

あまり好きな色ではない、サイズが微妙に合わない、この刺繍がなければいいのにな・・ …

40代でも美しい女性でいるための日常生活の過ごし方とは?

「美魔女」という言葉もすっかり定着しましたが、本当に実年齢を聞くと驚く女性が増え …

黒・グレー・ベージュで迷ったら、手持ちの私服を見直そう

黒、ベージュ、グレーのベーシックカラー、けっこうワードローブを占めていませんか? …

シャツをもっと上手に着こなす!オシャレマスターになるためのテクニック5つ

「シャツ着るとワンパターンになる!」状態から卒業したい? オフォスシーンではもち …

値段は気にしない!安い服を高く見せるテクニック

存分にオシャレを楽しみたいと思っても金銭的な部分から思うようにファッションアイテ …

髪を傷めていませんか?バレッタの間違った使い方・改善方法

髪の毛をひとまとめにする時にバレッタを使っている方は多いと思います。さまざまな色 …

疲れ顔・老け顔にさせているのはメイクのせい?!NGメイク5つ

きちんとメイクしているのになぜか素顔より老けて見えることに悩んでいる方も多いので …

持ち方次第で女度アップ!女性らしい上品なバッグの持ち方とは?

みなさんは普段バッグの持ち方は意識されているでしょうか?毎日使っているバッグは自 …