今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ベーシックは地味?洋服は流行を選んでいれば間違いないのか?

049e728619bcaa24721d858e5e8b99ff_s

女性のファッションは季節ごとにくるくると変わり、昨年は大流行したデザインなのに今年はもう古くなってしまうということもよくあります。しかし、ベーシックアイテムのみだと着回し力は抜群でも何か物足りなく感じたり、地味な印象になってしまいがち。

20代も後半になると「大人になったら上質なベーシックアイテムを持たないと」という意見もあり、流行とベーシックのどちらを取るかで迷ってしまうものです。

今回は洋服の流行とベーシックはどちらを選ぶのが正解なのかについて考えてみましょう。

流行のアイテムばかりだと着回しがしにくい!

全身を流行のアイテムで上手にまとめている方はファッションセンスが高く見え、さらに若々しく見えるというメリットがあります。その一方で、流行の期間は短くシーズンが終わるともう着られないという服もたくさんあり、「高額な洋服を買ったのに今はもうタンスの肥やしになっている…」という方も多いと思います。高かった分、なかなか捨てられないものですよね。

独特なカッティングのアイテムだとコーデが難しく、手持ちのアイテムとの着回しで悩んで結局1~2度しか着られなかったと言うケースもあります。

また、流行アイテムでまとめたコーデは女性受けはいいのに男性受けは悪かったり、派手またはカジュアルすぎてオフィス向きではないというデメリットも抱えています。何かの式典などフォーマルな場所に着ていけないものも多いです。

ベーシックなアイテムだけだと地味になる!

トレンチコートやニットカーデなどのベーシックなファッションアイテムは、いつの時代や年代でも着ることができ、着回しにも困らない安心感があります。流行り廃りがないので、上質なものを選んで何年も大切に着ていくことができるのもうれしいポイントです。

しかし、ベーシックなアイテムは華やかさにかけるものが多く、ベーシックなものだけでまとめてしまうとどこか野暮ったく、おばさんっぽく見えてしまいがち。フォーマルな場所にはぴったりでも、休日のお出かけやデート、イベントなどには不向きです。

流行とベーシックは1:1が正解!

流行のアイテムだけでコーディネートしても、ベーシックアイテムだけでコーディネートしても、どちらにしてもデメリットがあります。女性のファッションは1シーズンごとにめまぐるしく変化していくため、どちらか1つだけではなかなか成り立たないのです。

また、最近はH&Mのようなファストファッションで流行のアイテムを安く購入できますが、毎シーズン服を入れ替えていたらお財布にも優しくありません。

  • オシャレ
  • 着回し
  • 経済的にも楽

この3つを両立させるには、流行とベーシックを1:1でコーディネートするのが正解です。

例えば、

  • トップスが流行ものならボトムスはベーシック、ボトムスが流行ものならトップスはベーシック。
  • アウターやコートがベーシックならインナーは流行もの、インナーが流行ものならアウターなどはベーシックに。
  • トップスもボトムスもベーシックなら鞄や靴を流行ものに

といったように、流行のアイテムとベーシックアイテムを組み合わせて1:1になるようにするやり方がおすすめです。

流行とベーシックを上手く着回ししてオシャレ女子を目指そう

女性のファッションは流行の移り変わりが早いため、流行とベーシックのどちらを取るのが正解かで悩むことが多いです。けれど、1:1でコーデすることでどちらのいいところも上手に取り入れることができ、大人っぽい流行の取り入れ方ができるオシャレ女子になることができます。

流行とベーシックを1:1でコーデする方法なら着回しもしやすく、コーデに悩むことがなくなります。また、最初からコーデすることを前提にしておけば、手持ちのベーシックアイテムもどんなものを中心に集めればいいかもわかりやすくクローゼットの中身の整理につながるのもおすすめの理由です。

流行とベーシックのどちらを取るかで悩んだ時は、1:1のコーデを試してみてくださいね。

        
        

  関連記事

もう悩まない!パンツと靴の鉄板コーデとは?

悩む人も多いのがパンツスタイルの場合の足元です。なんとなく毎回ワンパターンな靴を …

紫外線はオシャレにカット!自分に合う帽子の選び方

強い紫外線の季節、日焼け止めや日傘もいいけれど、おしゃれに紫外線カットするなら断 …

スタイル良く魅せるコーデのポイントを【コンプレックス別】に紹介します!

目次1 「スタイルが良くなりたい!」は、すべての女性の総意です!2 【悩み別】ス …

アラサー・アラフォーにお薦めカラーリングとNGヘアスタイル

年齢とともに髪質が変化して、やせてボリュームがでにくかったり、パサついたり。また …

バストが大きい人はどんな水着を選ぶのが正解なの?

バストの大きい方は、水着選びをする際にあまりバストを強調しない物を選ぶというケー …

30歳過ぎてもショートパンツを!大人ならではの着こなしコーデ紹介

太ももが丸見えになってしまうショートパンツをそろそろ卒業しないといけないと思って …

不器用さんでも大丈夫、忙しい30〜40代向けの大人のグラデーションネイル

多忙な30代・40代は自分の時間がなく、なかなかネイルにまでは手が回らないかも。 …

見つけたら即買い必須!しまむらのお財布ショルダーが大人気

いくつでも欲しい小さめショルダー、しまむらでは高級ブランドに引けを取らない可愛い …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …

若い人しか着られない? いいえ!大人の女性こそコーディガンに挑戦!

秋冬の不安定な天気には着るものも迷ってしまうもの。そこで今シーズンはコーディガン …