今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

夏も怖くない!ぷにょぷにょ二の腕をカバーしてくれるファッション術

a8c055885eba0019b55f608dd4789735_s

半袖やノースリーブの服を着る機会の増える夏は、ぷにょぷにょした二の腕が気になる季節でもあります。二の腕はなかなか痩せにくく、ダイエットしてウエストはスッキリしたけど二の腕はたるんだまま…という方も多いやっかいな部分です。

秋・冬は長袖で隠れていた二の腕も夏になれば出さないといけません。上着を羽織れば隠せますが、真夏に長袖は暑くて耐えられないという方も多いと思います。また、今年は袖にかわいらしい装飾のされたデザインが多いので半そでやノースリーブを着たくなってしまいますよね。

そこで、今回はオシャレしながら上手に二の腕をカバーできるファッション術をご紹介しいます。

ぷにょぷにょ二の腕を隠す3つのルール

ぷにぷにの二の腕を隠すファッションには、以下の3つのルールが大切です。

  • 袖にボリュームがあるもの
  • 肩と鎖骨を出す
  • 大ぶりなかざりが付いたもの

この3つのルールにのっとって、二の腕をカバーしてくれる5つのアイテムやコーデをご紹介します。

1.袖口がフリルのトップス

毎年夏になると流行する袖口がフリルになったフリルトップスは二の腕カバーにぴったりのアイテムです。特に、今年はノースリーブや半そでの袖口からウエストにかけて大ぶりのフリルで飾られたデザインが多く、気になる二の腕をスッキリ見せてくれる効果があります。

2.肩に大ぶりなレースやリボンが付いたトップス

首から肩にかけてのラインに、大ぶりなレースやリボンが付いたデザインも二の腕を細く見せてくれます。ベーシックな形の半そででも、肩の部分に目を引くデザインがほどこされていると人の目線はそちらに行くので二の腕のぷにょぷにょに目が行かなくなるのです。リボンやフリルならかわいらしく、バテンレースなど大柄なら大人っぽい印象で着こなせます。

3.オフショルダーのトップス

オフショルダートップスは、肩が丸見えになってしまいますが二の腕をしっかり隠してくれるアイテムです。肩周辺は肉が薄い部分なので、思い切って出してしまうこと二の腕もあまりお肉が付いていないような錯覚を相手に与えてくれます。

肩を出してしまうのに抵抗がある方は、ネック部分の切り込みが深い控えめなオフショルダーのトップスを選ぶのがおすすめです。肩と同じく肉付きの少ない鎖骨を強調しているので、肩が出ているオフショルダーと同じくらいの細見え効果が得られます。

4.袖に透け感のある素材を使ったトップス

今年も引き続き流行中のシースルートップスも二の腕をスッキリカバーしてくれるアイテムです。特に袖のみがシースルーになっているトップスは、透け感素材が気になる二の腕のぷにょぷにょを隠しつつ、夏らしい涼やかな雰囲気も出してくれます。

5.プロデューサー巻き

カーディガンの袖を肩にかける、通称「プロデューサー巻き」は最初にご紹介した『大ぶりなかざりが付いたもの』の代用品として使えます。肩にかけているカーデの袖に方に目が行くので、二の腕から目線を避けることができるのです。

シンプルなデザインのトップスやワンピースで二の腕をカバーしたい時はこんな方法を試してみるのはいかがでしょうか?

オシャレと二の腕カバーを両立させるのは簡単!

日本人は筋肉が付きにくい体質の上に、女性は二の腕に脂肪が付きやすい体質をしています。気になる二の腕は流行のオシャレを取り入れつつ、上手にカバーして夏ファッションを楽しみましょう。

今回は2016年夏に流行しているアイテムの中から具体的なアイテムやコーデをご紹介しましたが、二の腕をカバーする3つのルールを応用すればどんなアイテムが流行している時でも簡単に二の腕をカバーするアイテムを見つけることができます。

二の腕が気になるけれど半そでやノースリーブを楽しみたいという時は、今回ご紹介したようなアイテムやコーデを取り入れてみてくださいね。

        
        

  関連記事

今年の春も上下デニムコーデでせめる!失敗しがちなポイントとは?

2016年の春に注目されているのが「デニムonデニム」と呼ばれるコーディネートで …

タトゥーを除去したいと思ったら。手術方法と知っておきたいこと

タトゥーを除去するのは大変なこと。手術方法ごとの特徴についてご紹介します 若い頃 …

日傘は中のカラーが重要だった!選び方のポイントとは?

日差しが強い季節には、日傘がとても重宝しますよね。そんな日傘ですが、最近では色々 …

若作りNG!痛いファッションに気をつける!よくあるアラサーファッションの悩み

アラサーになると、それまでとは服の選び方のポイントが違ってきます。特に、「痛いフ …

【ショートVSロング!】レインブーツに合わせたいコーデ例と双方のメリットについて

ショート派VSロング派!雨の日レインブーツはどっちを選ぶべき? 出典:e-zak …

足が痛くなるのはなぜ?失敗なしのパンプス選びのポイント

出典:titivate.jp 何足かパンプスを持っているものの、最高の一足に出会 …

ギフトに最適!自分らしいジュエリー探しならBizoux(ビズー)をチェック

ビズーのきらめく美しいジュエルはプレゼントにも人気!クリスマスや就職のお祝いにぜ …

痛々しいヘアスタイルしてませんか?アラサー・アラフォーのアレンジポイント

美肌ケア力がアップして、見た目年齢マイナス5歳、10歳というアラサー・アラフォー …

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになる …

定番アイテムをお洒落に!こなれ感のあるトレンチコートの着こなし術

大人女子の定番アイテムといえば「トレンチコート」です。仕事でスーツなどしっかりし …