今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

もうカビさせない!大切な靴やバックのカビを防ぐ方法

9ef286d01931ca36c58b84376b2bca48_s

大切に保管していた靴やバッグを久しぶりに使おうと思って出したらカビが生えていた!こんな経験、誰でも1度や2度はあることです。高かった革製品やお気に入りのアイテムにカビが生えていたらショックを受けるのは当然のことです。

こんな悲しい事態にならないように、靴やバッグの保管には一工夫が必要。今回は靴やバッグにカビが生えないようにする方法をご紹介します。お洋服にも応用できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

カビが生えてしまう原因を知ろう

カビ対策をする前に、基本的な知識としてカビが生えてしまう原因からご紹介します。

カビが発生するのは温度:20~30度 湿度:70~80という環境です。通気性が悪くジメジメしたところにずっとしまいこんでおくと、どうしてもカビが生えやすくなってしまいます。普段はそれほどジメジメしていなくても、梅雨~初夏にかけては温度・湿度ともに高くカビにとっては絶好調の季節です。

また、靴やバッグについた汚れはカビのエサになるため、汚れたまましまいこんでおくのもカビを増加させる原因の一つです。

カビを予防するには通気性が大切!

カビを予防するためにまず大切なのが、通気性の良さを確保することです。靴箱やクローゼットは基本的に締め切られた状態のため、どうしても温度や湿度がこもりやすい場所です。靴やバッグに使われる材質は水分を吸収しやすいものが多く、しまったままにしておくとカビができやすいのです。

そのため、まず最初にやるべきカビ対策は風通しを良くしてあげること。靴箱の場合はスノコを入れて靴全体の風通しが良くなるようにし、クローゼットにバッグをしまうのならぎゅうぎゅうに詰め込まずに隙間を作ってあげましょう。また、湿気がひどい時には除湿剤や乾燥材を入れておくのがおすすめです。

しまう前に汚れやホコリを取り除く

汚れやホコリはカビにとってエサとなるもの。しまう前にきちんとキレイにしておかないとカビが発生する原因になります。使った後はなるべく早く汚れを落としてあげましょう。靴やバッグの汚れは以下のような方法で取り除くことができます。

靴の汚れの取り方

靴に付いた汚れは、靴専用のブラシでざっと払うだけでも十分です。ブラシだけで取り切れない汚れがある時は、綿のタオルやガーゼタオル、または綿のTシャツを小さく切ったもので拭き取りましょう。

バッグの汚れの取り方

綿のタオルやガーゼタオル、または綿のTシャツを小さく切ったもので表面を軽くふき取るだけでOKです。日常生活の中で着く汚れやホコリはこれで十分取り除けます。気になる汚れがある時は水をしぼったタオルで拭き取ってから乾いたタオルで空拭きしましょう。

布製のバッグでシミが付いた時は、水をしぼったタオルに中性洗剤(台所の洗剤でOK)を染み込ませ、シミの部分をトントンと叩くようにして汚れを浮き上がらせ、水をしぼったタオルで洗剤を拭き取ります。よく乾かしてからクローゼットなどにしまいましょう。

水気はしっかり取ってからしまう

カビの発生する原因となる湿気は、靴やバッグが原因となるケースも多いです。雨や雪の日に使ったものは家に付いたらすぐに乾いたタオルで水気をふき取りましょう。

また、意外と見落としがちなのが靴の中敷きに染み込んだ汗です。1日分の汗を吸いこんだ中敷きはかなりの湿気を含んでおり、そのまま靴箱にしまうとカビの原因になります。汗にはカビのエサになる成分も含まれているので要注意です。

靴はしまう前に風通しの良いところで一晩乾燥させてからしまうようにするとカビを防げる確率が格段にアップします。

きちんとお手入れすればカビを防ぐことができる!

しばらく使っていない靴やバッグにカビが生えるのは仕方ないと諦めてしまうことも多いですが、きちんとお手入れしてあげればカビを防ぐことは十分に可能です。

カビを防ぐためにやることは、湿気と汚れを取り除くというたった2つのことだけ。靴箱やクローゼットにしまう前に数分お手入れするだけなので、とても簡単で時間も取りません。必要なものも靴用のブラシと綿のタオルだけです。

こまめに汚れや水気を取り除いてあげることは靴やバッグを長持ちさせることにもつながります。大切な靴やバッグにカビを生えさせないために実践していきましょう。

        
        

  関連記事

春・夏!白ジャケットをもっと上手に着こなすコーデ4つのアイディア

「白ジャケットを着ると、きちんとしすぎる!」とお悩みの方へ… 出典:titiva …

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

くるりんぱって何?失敗の原因は? 出典: sumally.com くるりんぱとは …

もう悩まない!パンツと靴の鉄板コーデとは?

悩む人も多いのがパンツスタイルの場合の足元です。なんとなく毎回ワンパターンな靴を …

ヘアのトップをふんわりさせて老け防止!そのコツは?

「年々髪のボリュームがダウンしてきた」「トップがぺたんとなる」・・・年齢に比例し …

海やプールを楽しもう!気になる胸・お腹・お尻をカバー出来る水着紹介

夏が近づいてくると海やプールへのお誘いが増えたり、子供を連れて海へ遊びに行く機会 …

マイナス3キロ痩せてみえるコーディネートでほっそりを目指す☆

鏡を見た際に、何となく実際よりも太って見える…という場合、もしかしたらコーディネ …

クローゼットの中はシンプルだった!着回し上手になるためのポイントとは?

たくさん服を持っているのに、なんだかいつも同じようなコーディネートになってしまう …

必見!美白化粧品を使わなくてもヘアカラーで肌を明るく見せる方法

女性なら誰もが気になる美白!白く美しい肌を保つために、紫外線対策や美白コスメの使 …

ボーダーでモテるのはどんなコーデ?おしゃれさんのボーダー術

ボーダーシャツはカラーバリエーションやボーダーの幅そのものも非常に多く、複数枚を …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …