今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

大人っぽく着こなせばOK!30代女子のミニスカートコーデ術

241e2a1ae00a8bf0a23d881ef353aa36_s

30代になった途端に「ミニスカートはやめないと!」と感じる女性や、「30代にもなってミニスカートなんてみっともない」と言う周囲の意見もありますが、仕事などのTPOさえ守っていれば何を着るのも自由です。

今は色々なファッションが流行しているし、30代でもオシャレにミニスカートを着こなしているお正はとても多いです。その反面、「30代でそれはちょっとないんじゃないの…」と感じてしまうミニスカコーデの方もちらほら…。

ここでは、30代女子ならではの大人っぽくて上品に仕上がるミニスカートコーデ術のポイントをご紹介します。

30代女子のNGミニスカートコーデ

大人の女性ならではのミニスカートの着こなしの前に、30代になったら卒業するべきミニスカートコーデから見ていきましょう。

かわいいだけのチープなデザイン

若い時はデザインのかわいさだけで服を選ぶことも多かったと思いますが、かわいいだけのデザインはチープさも目立ちやすく、大人の女性には不向きなアイテムです。

チープで子供っぽいデザインは大人の女性らしい上品さやエレガンスさとは正反対であまりおすすめできません。また、あまり子供っぽいものだと無理な若作りをしているように見え、実際よりも老けて見えやすいため避けるようにしましょう。

派手・奇抜な柄物

パッと人目を引くような柄物のスカートはどんな形のものでも存在を主張しすぎるため、「私は今ミニスカートをはいています!」と宣言しているような状態になってしまいます。

裾が大きく広がるデザイン

ふわっと広がるフレアスカートは、広がる幅が広ければ広いほど子供っぽい雰囲気になります。大人の女性とはかけ離れたものなので、フレアスカートは全般的に手を出さないのが無難です。

トップスが甘すぎる

フリル・レース・リボンなど、トップスに甘すぎるデザインのものを持ってくると全体的にかわいらしい雰囲気になりすぎ、子供っぽくなってしまいます。

ミニスカートをはくのなら、全体的にかわいくなりすぎないようにトップスはシンプルなものを合わせましょう。

30代女子はミニスカートの素材にこだわる!

30代女子のミニスカート選びで重要なのが、生地の素材です。安っぽいペラペラの生地は避け、レザーやツイードのような質の良い素材にこだわりましょう。

生地が違うだけでグッとシックな雰囲気になり、大人女子ならではの上品なミニスカートコーデができます。

柄物は避け、カッティングもシンプルに

大人っぽい大柄や幾何学模様ならセクシーに着こなせますが、かわいいらしさが強い小花柄は子供っぽくなりすぎるので避けましょう。

また、スカートの形もできるだけシンプルなものがマスト。タイトスカートやAラインの台形スカートなら、大人っぽいコーデになります。かわいらしい柄の場合はタイトスカートを選ぶと30代女子でも違和感なく着こなせます。

裾がふわっと広がるフレアスカートやチュールスカートをはきたい時はミニスカートは避け、ひざ丈またはミモレ丈のものを選ぶのがおすすめです。

トップスや小物はシンプルで大人っぽいものを

『ミニスカート』というアイテム自体が女性らしさを強烈にアピールするアイテムです。トップスや小物まで甘い雰囲気のものを合わせると、甘い雰囲気になりすぎてしまうので要注意。

トップスや小物にシンプルで大人っぽいものを合わせると、ミニスカートをはいていても甘くなりすぎず歳相応にオシャレなまとまりのあるコーデになります。

大人の女性らしいコーデでミニスカートを楽しみましょう!

最近は大人女子向けのファッション誌でもミニスカートがよく登場します。30代・40代のモデルさんのブログなどでもかっこよくミニスカートを着こなしている写真をよく見かけます。

ミニスカートというと若い子のファッションというイメージが強いですが、ミニスカートのデザインや合わせる服を大人っぽくすれば30代女子でもミニスカートコーデを楽しむことができます。

20代の時と同じ感覚でミニスカコーデをしているとちぐはぐな印象になってしまい余計の老けて見えてしまうため、30代になったら大人の女性にぴったりのミニスカコーデを楽しんでいきましょう。

        
        

  関連記事

太めでもスキニーが履きたい!カッコよく履きこなせるポイントとは?

タイトなシルエットでコーディネートを引き締めてくれるスキニーパンツ。履きこなせれ …

間違った着痩せ知識で損してない?ホッソリ見えるコーデ術のおさらいで、薄着シーズンでも怖くない!

いよいよ薄着のシーズン…コーデで損してない? 出典:gu ぽっちゃり女子にとって …

簡単なセルフネイル方法!初心者はフレンチデザインがおすすめ!

毎回ネイルサロンに通っているものの、お金も時間ももったいない…もっと節約できれば …

【ショートVSロング!】レインブーツに合わせたいコーデ例と双方のメリットについて

ショート派VSロング派!雨の日レインブーツはどっちを選ぶべき? 出典:e-zak …

ロングとショートの髪型はどちらがモテるのか、男性の本音を知っておこう

ロングとショートの髪型はどちらがモテるのか・・・女性にとって永遠の課題といっても …

地味女は脱出!無難カラーを使いこなすコーディネートとポイント。人気カラーは?

あまり派手なカラーやデザインの服はどうしても避けてしまうという方も珍しくありませ …

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになる …

足が痛くなるのはなぜ?失敗なしのパンプス選びのポイント

出典:titivate.jp 何足かパンプスを持っているものの、最高の一足に出会 …

男ウケの悪いワーストフッァッション3つと、改善ポイントの説明!

女子が大好きなトレンドの中にも、男ウケの悪いワーストファッションが… ネイルアー …

キレイでいたい!1日前髪をキープなら前夜からの対策がカギ

朝念入りに時間をかけて前髪をセットしたものの、午後になるとすぐに崩れてしまうとい …