今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

大人っぽく着こなせばOK!30代女子のミニスカートコーデ術

241e2a1ae00a8bf0a23d881ef353aa36_s

30代になった途端に「ミニスカートはやめないと!」と感じる女性や、「30代にもなってミニスカートなんてみっともない」と言う周囲の意見もありますが、仕事などのTPOさえ守っていれば何を着るのも自由です。

今は色々なファッションが流行しているし、30代でもオシャレにミニスカートを着こなしているお正はとても多いです。その反面、「30代でそれはちょっとないんじゃないの…」と感じてしまうミニスカコーデの方もちらほら…。

ここでは、30代女子ならではの大人っぽくて上品に仕上がるミニスカートコーデ術のポイントをご紹介します。

30代女子のNGミニスカートコーデ

大人の女性ならではのミニスカートの着こなしの前に、30代になったら卒業するべきミニスカートコーデから見ていきましょう。

かわいいだけのチープなデザイン

若い時はデザインのかわいさだけで服を選ぶことも多かったと思いますが、かわいいだけのデザインはチープさも目立ちやすく、大人の女性には不向きなアイテムです。

チープで子供っぽいデザインは大人の女性らしい上品さやエレガンスさとは正反対であまりおすすめできません。また、あまり子供っぽいものだと無理な若作りをしているように見え、実際よりも老けて見えやすいため避けるようにしましょう。

派手・奇抜な柄物

パッと人目を引くような柄物のスカートはどんな形のものでも存在を主張しすぎるため、「私は今ミニスカートをはいています!」と宣言しているような状態になってしまいます。

裾が大きく広がるデザイン

ふわっと広がるフレアスカートは、広がる幅が広ければ広いほど子供っぽい雰囲気になります。大人の女性とはかけ離れたものなので、フレアスカートは全般的に手を出さないのが無難です。

トップスが甘すぎる

フリル・レース・リボンなど、トップスに甘すぎるデザインのものを持ってくると全体的にかわいらしい雰囲気になりすぎ、子供っぽくなってしまいます。

ミニスカートをはくのなら、全体的にかわいくなりすぎないようにトップスはシンプルなものを合わせましょう。

30代女子はミニスカートの素材にこだわる!

30代女子のミニスカート選びで重要なのが、生地の素材です。安っぽいペラペラの生地は避け、レザーやツイードのような質の良い素材にこだわりましょう。

生地が違うだけでグッとシックな雰囲気になり、大人女子ならではの上品なミニスカートコーデができます。

柄物は避け、カッティングもシンプルに

大人っぽい大柄や幾何学模様ならセクシーに着こなせますが、かわいいらしさが強い小花柄は子供っぽくなりすぎるので避けましょう。

また、スカートの形もできるだけシンプルなものがマスト。タイトスカートやAラインの台形スカートなら、大人っぽいコーデになります。かわいらしい柄の場合はタイトスカートを選ぶと30代女子でも違和感なく着こなせます。

裾がふわっと広がるフレアスカートやチュールスカートをはきたい時はミニスカートは避け、ひざ丈またはミモレ丈のものを選ぶのがおすすめです。

トップスや小物はシンプルで大人っぽいものを

『ミニスカート』というアイテム自体が女性らしさを強烈にアピールするアイテムです。トップスや小物まで甘い雰囲気のものを合わせると、甘い雰囲気になりすぎてしまうので要注意。

トップスや小物にシンプルで大人っぽいものを合わせると、ミニスカートをはいていても甘くなりすぎず歳相応にオシャレなまとまりのあるコーデになります。

大人の女性らしいコーデでミニスカートを楽しみましょう!

最近は大人女子向けのファッション誌でもミニスカートがよく登場します。30代・40代のモデルさんのブログなどでもかっこよくミニスカートを着こなしている写真をよく見かけます。

ミニスカートというと若い子のファッションというイメージが強いですが、ミニスカートのデザインや合わせる服を大人っぽくすれば30代女子でもミニスカートコーデを楽しむことができます。

20代の時と同じ感覚でミニスカコーデをしているとちぐはぐな印象になってしまい余計の老けて見えてしまうため、30代になったら大人の女性にぴったりのミニスカコーデを楽しんでいきましょう。

        
        

  関連記事

嫌われ女子の特徴は靴やカバンの“お手入れ”にあった!

目次1 革製品のお手入れ上手は女子に好かれる!2 革製品のお手入れ上手になって“ …

ヘアのトップをふんわりさせて老け防止!そのコツは?

「年々髪のボリュームがダウンしてきた」「トップがぺたんとなる」・・・年齢に比例し …

デニムの色や形のイメージとは?オシャレなデニムの選びかた

デニムパンツは定番中の定番アイテム!誰でも1枚は持っているアイテムと言っても言い …

黒・グレー・ベージュで迷ったら、手持ちの私服を見直そう

黒、ベージュ、グレーのベーシックカラー、けっこうワードローブを占めていませんか? …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

流行ファッションに踊らされないファッション流儀を身につけよう!

目次1 服が少ないのは、ダサいことじゃない!2 流行ファッションに踊らされないフ …

色の効果を使ってなりたい雰囲気を演出しよう!

服の色で印象が変わる?色のテクニックでイメージを変える! 色には様々な効果があり …

ヘナ染め、紅茶、コーヒーなどノンダメージでナチュラルに染める方法とは?

自宅や美容院で髪をカラーリングすると「髪のダメージ」や「かぶれ・かゆみ」が心配で …

日本人の肌色にぴったりのグリーンで涼しげメイク術に挑戦しよう!

春~夏の暖かい季節になると、アイメイクも青や緑などの涼しげな色に挑戦したくなる方 …

大人女性だからこそおしゃれに浴衣を着こなそう!

夏といえば、やっぱり浴衣です。夏祭りや、花火大会などやっぱり浴衣を着て出かけると …