今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

タトゥーを除去したいと思ったら。手術方法と知っておきたいこと

タトゥーを除去するのは大変なこと。手術方法ごとの特徴についてご紹介します
ad1723751c8900006b3fe53a19f9bc19_s
若い頃に勢いで入れたタトゥーを除去したいと考える方が増えているようです。タトゥーといえば、一度入れてしまうと二度と元には戻せないと思われがちですが、手術によって取り除くことは可能です。

多くの方は、子どもが生まれたり、結婚をすることをきっかけにタトゥーを除去したいと考えるようですが、除去に踏み切るきっかけはそれぞれ違います。残念ながら簡単に除去できるものではないため、これからタトゥーを除去したいと思っている方のために知っておいてほしいことをご紹介します。

タトゥー除去の方法

大きく分けると、レーザー、皮膚移植手術、切除手術、削皮手術が一般的です。

レーザーによるタトゥー除去

レーザーは美容の分野で使われることもあり、こちらの方法が手軽そうだと感じる方も多いはず。簡単に説明すると、レーザーの力でタトゥーの色素を破壊する除去方法です。

ですが、激しい痛みを伴う除去方法でもあります。それだけでなく、レーザーで除去できる色が限られていたり、最後まで治療を進めても完全にキレイな肌色に戻すことはできません。激しい痛みを伴いながら何度もレーザーを照射したとしても、タトゥーが少し薄くなるだけという治療法だと言えます。

皮膚移植手術によるタトゥー除去

タトゥーがある部分の皮膚を切り取り、他から採取した皮膚を移植する方法となります。タトゥーがある部分だけでなく、移植用の皮膚を採取する部分にも傷が残ることになりますが、大きなタトゥーを除去する際にはこちらの方法が適していることも多いです。大がかりな手術となるだけでなく、かなり目立つ傷跡が残ります。

切除手術によるタトゥー除去

タトゥーの周りの皮膚を切り取ってから縫合する方法です。小さなタトゥーであれば体へのダメージは小さくて済みますが、大きなタトゥーの場合は広範囲の皮膚を引っ張って縫合しなければならないため、サイズによってはこの方法が選択できないこともあります。

また、皮膚を引っ張って縫合する形になるため、切開する場所によっては体のラインが崩れてしまうこともあります。例えば上半身に対して切除手術によるタトゥー除去を行った場合、乳頭の位置が左右で違ってしまうようなケースもあるのです。

大きなタトゥーを切除手術で除去する場合、少しずつ切除と縫合をし、皮膚が伸びたあとに再度切除・縫合を繰り返さなければならないこともあります。

削皮によるタトゥー除去

皮膚を削り取ってタトゥーを除去する方法です。ただし、タトゥーの色素というのは肌のかなり奥まで入っているため、とても深く削らなければなりません。ケロイド状の傷跡ができやすい方法でもあります。

タトゥー除去の難しさ

いくつかの方法をご紹介しましたが、どの方法を選択したとしても簡単とは言えません。できるだけキレイにタトゥーを除去するためには腕の良い医師のもとで手術を受けることが重要となります。

それから、完全に元通りの肌にするというのは不可能だと言えるでしょう。皮膚に傷跡が残ってしまうだけでなく、大規模な手術になると体への負担も大きくなります。それに、費用もかかってしまうわけなので、簡単に検討できるものではないでしょう。

ですが、ずっとタトゥーを入れたことを後悔していて性格も暗くなってしまったという方の場合、例え傷跡が残ってしまったとしてもタトゥー除去に踏み切ってよかったと感じている方が多いようです。逆に、ひどい傷が残ってしまい、これなら除去しないほうが良かったと後悔している方もいます。

まずは医師に傷跡の残り方についてもよく確認し、納得したうえでタトゥー除去手術に踏み切って後悔のないようにしましょう。

        
        

  関連記事

マスクの選び方チェック!女性におすすめの製品も紹介

マスクの種類が多すぎて迷っている人も選び方・オススメをチェック 空気が乾燥する季 …

最強のモテ財布発見!エーテルの上質な長財布で女っぷりをあげよう!

▼選び抜かれた素材で作られた人気のサクラ▼ エーテル(AETHER)は上質な本革 …

春夏秋冬ストライプアイテムで魅せる上級おしゃれさんファッション

ストライプファッションは、性別や年齢を問わず一年中活躍するアイテムです。デザイン …

足汗がひどいけどパンプスを履きたい!そんな時は?

これから暑い季節になると、気になるのがパンプスをはいた時の足の汗。なかなか人に言 …

フランス女性に習う髪へのこだわり!洗わないって本当?

国が違えばヘアケアの方法も違います。特に、フランス人のヘアケアの方法が日本人とは …

ハードになりすぎない革ジャンコーディネート!とにかく女性らしくを意識して☆

出典:titivate.jp 革ジャンを取り入れたいと思っているものの、どうして …

プチプラアイテムを厳選!肩幅が広くても似合うコーディネート提案4選

「女の子っぽい肩幅になりたい…」肩幅広い女子集まれ! 「華奢な肩幅は、女性らしさ …

太いシシャモ足でも履けるブーティーの選び方!美脚効果UP!

出典:titivate.jp 美脚効果が高く、おしゃれアイテムとして欠かせないの …

通勤バッグは2個持ちしながらコーディネート♪バッグ選びの注意点は?

近年、通勤バッグの2個持ちコーデが注目されています。働く女性は、持ち歩くものがた …

バストが大きい人はどんな水着を選ぶのが正解なの?

バストの大きい方は、水着選びをする際にあまりバストを強調しない物を選ぶというケー …