今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

タトゥーを除去したいと思ったら。手術方法と知っておきたいこと

タトゥーを除去するのは大変なこと。手術方法ごとの特徴についてご紹介します
ad1723751c8900006b3fe53a19f9bc19_s
若い頃に勢いで入れたタトゥーを除去したいと考える方が増えているようです。タトゥーといえば、一度入れてしまうと二度と元には戻せないと思われがちですが、手術によって取り除くことは可能です。

多くの方は、子どもが生まれたり、結婚をすることをきっかけにタトゥーを除去したいと考えるようですが、除去に踏み切るきっかけはそれぞれ違います。残念ながら簡単に除去できるものではないため、これからタトゥーを除去したいと思っている方のために知っておいてほしいことをご紹介します。

タトゥー除去の方法

大きく分けると、レーザー、皮膚移植手術、切除手術、削皮手術が一般的です。

レーザーによるタトゥー除去

レーザーは美容の分野で使われることもあり、こちらの方法が手軽そうだと感じる方も多いはず。簡単に説明すると、レーザーの力でタトゥーの色素を破壊する除去方法です。

ですが、激しい痛みを伴う除去方法でもあります。それだけでなく、レーザーで除去できる色が限られていたり、最後まで治療を進めても完全にキレイな肌色に戻すことはできません。激しい痛みを伴いながら何度もレーザーを照射したとしても、タトゥーが少し薄くなるだけという治療法だと言えます。

皮膚移植手術によるタトゥー除去

タトゥーがある部分の皮膚を切り取り、他から採取した皮膚を移植する方法となります。タトゥーがある部分だけでなく、移植用の皮膚を採取する部分にも傷が残ることになりますが、大きなタトゥーを除去する際にはこちらの方法が適していることも多いです。大がかりな手術となるだけでなく、かなり目立つ傷跡が残ります。

切除手術によるタトゥー除去

タトゥーの周りの皮膚を切り取ってから縫合する方法です。小さなタトゥーであれば体へのダメージは小さくて済みますが、大きなタトゥーの場合は広範囲の皮膚を引っ張って縫合しなければならないため、サイズによってはこの方法が選択できないこともあります。

また、皮膚を引っ張って縫合する形になるため、切開する場所によっては体のラインが崩れてしまうこともあります。例えば上半身に対して切除手術によるタトゥー除去を行った場合、乳頭の位置が左右で違ってしまうようなケースもあるのです。

大きなタトゥーを切除手術で除去する場合、少しずつ切除と縫合をし、皮膚が伸びたあとに再度切除・縫合を繰り返さなければならないこともあります。

削皮によるタトゥー除去

皮膚を削り取ってタトゥーを除去する方法です。ただし、タトゥーの色素というのは肌のかなり奥まで入っているため、とても深く削らなければなりません。ケロイド状の傷跡ができやすい方法でもあります。

タトゥー除去の難しさ

いくつかの方法をご紹介しましたが、どの方法を選択したとしても簡単とは言えません。できるだけキレイにタトゥーを除去するためには腕の良い医師のもとで手術を受けることが重要となります。

それから、完全に元通りの肌にするというのは不可能だと言えるでしょう。皮膚に傷跡が残ってしまうだけでなく、大規模な手術になると体への負担も大きくなります。それに、費用もかかってしまうわけなので、簡単に検討できるものではないでしょう。

ですが、ずっとタトゥーを入れたことを後悔していて性格も暗くなってしまったという方の場合、例え傷跡が残ってしまったとしてもタトゥー除去に踏み切ってよかったと感じている方が多いようです。逆に、ひどい傷が残ってしまい、これなら除去しないほうが良かったと後悔している方もいます。

まずは医師に傷跡の残り方についてもよく確認し、納得したうえでタトゥー除去手術に踏み切って後悔のないようにしましょう。

        
        

  関連記事

ギフトに最適!自分らしいジュエリー探しならBizoux(ビズー)をチェック

ビズーのきらめく美しいジュエルはプレゼントにも人気!クリスマスや就職のお祝いにぜ …

自分に似合うフレーム選びで、メガネをファッションとして楽しもう!

1日の大半をメガネをつけて過ごしてる人も多いと思いますが、メガネの有無で顔の印象 …

【30代女性必見】衣替えの季節にチェックしておくべきプチプラファッション通販サイト活用術

トレンドのアイテムを取り入れるとき、安さと着回し力は重要なポイントになります。で …

スキニーをマンネリ化させない!【テイスト別】コーデ紹介

出典:e-zakkamania スキニーがマンネリ化してるなら、ワードローブと相 …

ヘアのトップをふんわりさせて老け防止!そのコツは?

「年々髪のボリュームがダウンしてきた」「トップがぺたんとなる」・・・年齢に比例し …

たった2つのことに注意するだけで自分に似合う服がわかるって本当?

知っているようで知らないのが自分に似合う服の見つけ方です。人からのアドバイスを参 …

オシャレは足元から!靴の寿命を延ばす、靴の素材別管理のコツ

オシャレな人はコーディネートのセンスはもちろん、いつも新品のようにキレイな靴をは …

美的なオールブラックのファッションコーディネートのポイント

黒と言えば、無難で使いやすく誰でも1つは持っている服の色です。シックで落ち着いた …

くせ毛でも縮毛矯正は嫌な人必見!プロがオススメするヘアアイロン

ハネがあったりうねりが出たり、思ったようにセットしにくいくせ毛で悩む女性は多いで …

いくつ持ってる?女性なら持っていたいジュエリーはどんなもの?

貴金属をあまり好まない女性もいるようですが、女性としては最低一つから2つ程度のジ …