今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

コーディネートにバイカラーを取り入れるべきな理由とは?

最近、大人気となっているのがバイカラーのアイテム。大胆な配色でもバイカラーになると一気に今風に早変わりできるが魅力です。いつものアイテムに加えてみるだけでトレンドコーディネートに!
20131107134734784_500

出典:wear.jp

ふと気がつけば無難なカラーの服ばかりがクローゼットに並んでいるなんてことありますよね。ブラックを筆頭にして、グレーやベージュ、ホワイトなどのカラーは着回しにはもちろん便利ですが時として面白みのないコーディネートになってしまうことも。

何より基本カラーだけのコーディネートになると、ポイントが無くなってしまうことが多くおしゃれの楽しみも半減してしまいます。

何か1アイテムでも素敵なカラーのアイテムを取り入れるだけで一気におしゃれ度もアップしますよ。

pwru3898-680-3

出典:rakuten.co.jp

今シーズンのトレンドとなっているバイカラーは、合わせやすいのにおしゃれに決まるオススメアイテムです。

バイカラーはどういうものなの?

20151013083408396_500

出典:wear.jp

バイカラーというのは、単純に言うと2色使いということです。

ツートンカラーと呼ばれていることも多いですよね。

一色では無難になりがちなものも、バイカラーになることで印象的になるのです。

20151001123119051_500

出典:wear.jp

上下違う配色だったり、縦に分かれての配色だったり斜めに切り替えがあるものだったりバイカラーのデザインは本当にたくさん出ています。カラー自体は使いやすいものでもそのデザインや配色次第で印象がガラッと変わるのも魅力。

バイカラーの着こなし方法が知りたい!

20140131194706143_500

出典:wear.jp

まずは手持ちのボトムに合うようなバイカラーのトップスを幾つか揃えることをお勧めします。

たとえ白と黒のバイカラーでも大胆に配色されたデザインならそれだけで主役級です。

20150923161421672_500

出典:wear.jp

上下で配色が違うようなバイカラーのトップスの場合、どちらかのカラーとボトムのカラーを合わせてみるのもお勧めです。

このテクニックはボトムがバイカラーの場合でも使えますよ。どれか一色は合わせてコーディネートするようにするとまとまりが出ますよね。

20151004230454767_500

出典:wear.jp

もちろんトップスだけにこだわらずに、ボトムスや小物にもバイカラーを取り入れてみましょう。

バッグにもバイカラーのデザインを施したものも多いですし、靴にもたくさんバイカラーのものが出ています。

単色ではプレーンになりがちだったり、派手になりすぎてしまうカラーでもバイカラーになることでいい感じになるものも多いのです。柔らかいカラーのバイカラーなら、ソフトでふわっとした感じになりますし濃いめのカラーのバイカラーなら締まった印象になります。

あえて大胆なバイカラーのアイテムを一つ取り入れるだけで、一気にモードな雰囲気にも変えられるので大人の女性にはぴったりではないでしょうか。

        
        

  関連記事

洋なし体型さんにイチバン似合うコーディネート5選!

出典:titivate 洋なし体型のコンプレックス、洋服で覆い隠してない? 下半 …

キレイでいたい!1日前髪をキープなら前夜からの対策がカギ

朝念入りに時間をかけて前髪をセットしたものの、午後になるとすぐに崩れてしまうとい …

ミニマリストに学ぶ無駄を省いたおしゃれの方法

たくさんのアイテムを持っていても、結局着るのはいつものコーディネートだったりしま …

疲れ顔・老け顔にさせているのはメイクのせい?!NGメイク5つ

きちんとメイクしているのになぜか素顔より老けて見えることに悩んでいる方も多いので …

必見!美白化粧品を使わなくてもヘアカラーで肌を明るく見せる方法

女性なら誰もが気になる美白!白く美しい肌を保つために、紫外線対策や美白コスメの使 …

大人の女性なら揃えておくべき!流行に左右されない定番トップス6選

「一目惚れ衝動買い」で増えた洋服たち…使えてる? ショッピングはいくつになっても …

オシャレ上級者の必須アイテム!ガウチョパンツの攻略法!

今シーズン大人気のアイテム、それがガウチョパンツ。何と言ってもはき心地が良くてオ …

「またやってしまった!」買い物の失敗をチャラにする最善策を教えます

あまり好きな色ではない、サイズが微妙に合わない、この刺繍がなければいいのにな・・ …

市販のヘアカラー剤でキレイに染める!オススメヘアカラー

仕事や子育てで毎日忙しくなかなか美容院に行く時間が取れないと、カラーリングがプリ …

髪型・メイクで瞬時に小顔にチェンジ、小顔トリックとは?

ウエストより同性チェックが厳しいのは顔太り。なかなかやせないのに、最初に脂肪がつ …