今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

結婚式コーデは歳相応に選ぶことが重要!若作りに注意…!

f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_s
結婚式にお呼ばれする回数というのは人によって違いますが、何10回もお呼ばれする方はそう多くないはず。久しぶりにお呼ばれしたものの、何年も昔に用意したのと同じ衣装で良いものなの…?と衣装選びで悩んでいる方もいるかもしれません。

重要なのは、年相応のコーデになっているかどうかということです。
そこで、衣装選びのポイントや注意しておきたいことについてご紹介します。

10代~20代の結婚式を呼ばれコーデ

若い方の場合、結婚式のお呼ばれコーデについてあまりマナーを意識しないで適当に衣装選びをしてしまう方もいるようです。ですが、マナーを守った衣装でなければ、新郎新婦に不快な思いをさせてしまうことがあるので注意しましょう。

まず、NGとして覚えておきたいのが、白は新郎新婦が身につける色なので避けるということ。それから、殺生をイメージさせるファーを使ったものや、露出の多い服装は避けましょう。女性の場合、素足もNGとなるので、ストッキングも必須です。

10代~20代の場合、様々な場面で使える衣装を選ぶと良いですね。年を重ねてからだと着るのをためらってしまうようなかわいい衣装も着るチャンスです。

30代のコーデはベージュが人気!

30代になると、あまりフリフリのものや派手なものは避けておいた方が年相応に見えるでしょう。特に人気が高いのはベージュドレスです。顔色を明るく見せてくれる効果があるだけでなく上品であるため、30代の方は落ち着いたベージュのドレスを検討してみると良いですね。

あまりシンプルなものは嫌だという方は、大きめなレースをあしらったようなものを選択すると良いでしょう。ただ、あまりにも白に近いベージュは避けておいた方が良いです。

10代や20代のころに着ていたドレスがあるという方も、30代になったら新調したほうが良いでしょう。若い衣装を着てしまうと年相応に見られないだけでなく、無理をしていると思われてしまいます。特に、ミニ丈のスカートはおすすめできません。膝上くらいのものをチョイスすると良いですね。

また、会場を意識したコーデを検討できれば、上級者だといえます。カジュアルなレストランが会場なのにゴージャスなドレスを着ていくと浮いてしまうので、招待状が届いたら会場をチェックし、どのようなコーデが最適なのか考えてみましょう。

40代コーデは落ち着き&体型カバー

40代になったら考えたいことは、落ち着きのある衣装を選ぶということです。20代のころに着ていた衣装は絶対にやめておきましょう。

また、色で言うとピンクも避けておいた方が良いですね。40代に特に人気があるカラーはネイビーです。派手なドレスよりもワンピースドレスの方が年相応に見えます。スカートの丈は膝上ではなく、膝が隠れるくらいを選択すると良いでしょう。

20代、30代のうちは可愛さを重視しても良いのですが、40代になったらエレガントな雰囲気を醸し出せる衣装を選択するのがおすすめです。大きなフリルやリボンなどのモチーフがついたものも若作りをしている印象になってしまうのでやめておいた方が良いでしょう。

だからといって暗い色を選択してしまうと結婚式の華やかな雰囲気からはかけ離れてしまいます。ストッキングはもちろん、黒はできるだけ避けておいた方が良いでしょう。

部分的に取り入れる分には問題ないのですが、全身黒の喪服状態にならないように注意しなければなりません。

それから、30代後半~40代になると若いころに比べて体型が気になるという方も増えるはず。そこで、体型をごまかせるコーデを選択するのもおすすめです。

ウエストラインがゆったりとしたものを選択したり、二の腕のたるみを隠すためにボレロを取り入れるのも効果的なので検討してみてくださいね。アシンメトリー丈のスカートもおしゃれに体型を上手にカバーしてくれます。

50代以降も基本的なコーデの考え方は同じです。

まとめ

結婚式コーデは歳相応に選ぶ事が大切です。結婚式の主役はあくまで花嫁さんなので、派手過ぎるデザインを避けることが大切なのですが、地味なほうがいいというわけではありません。

目立つのはNGとは言っても、周りの人にすてきな衣装だと思われたいですよね。自分の年齢に合ったコーデを選択できれば、年相応の華やかさや気品を演出することもできます。

どうしても自分に合った年相応のコーデがわからないという場合、お店で相談をしながら選ぶのも良いでしょう。近年は結婚式のお呼ばれドレスをインターネットで通販する方も増えてきました。その際にも今回ご紹介した選び方のポイントを参考にしてみてくださいね。

        
        

  関連記事

マスクの選び方チェック!女性におすすめの製品も紹介

マスクの種類が多すぎて迷っている人も選び方・オススメをチェック 空気が乾燥する季 …

この夏はこれで安心!小胸でもオシャレで可愛い水着が選べる

バストが小さいと気になっている方は水着選びをする際にも、バストがコンプレックスに …

服選びに疲れたあなたにオススメのファッション楽しみ方

ファッションには敏感でいたいと思っていても次々に新しいファッションが誕生するため …

ボーダーでモテるのはどんなコーデ?おしゃれさんのボーダー術

ボーダーシャツはカラーバリエーションやボーダーの幅そのものも非常に多く、複数枚を …

大人でもオシャレに楽しめるペアルック術3つ!

ペアルックに双子コーデ…大人にはハードル高め?そんな事ない! 「ペアルック」と聞 …

プチプラアイテムを厳選!肩幅が広くても似合うコーディネート提案4選

「女の子っぽい肩幅になりたい…」肩幅広い女子集まれ! 「華奢な肩幅は、女性らしさ …

大人女性の魅力を最大限に活かすためのワンピース選びとは

年齢を重ねるに従って、可愛らしいワンピースが着れなくなるのは残念だと思う女性はた …

黒・グレー・ベージュで迷ったら、手持ちの私服を見直そう

黒、ベージュ、グレーのベーシックカラー、けっこうワードローブを占めていませんか? …

どれだけ使いこなしてる?サングラスのおしゃれ活用法

サングラスはメイクをせず女性が外に出る際やその他にも男性がヘアスタイルを整える際 …

若作りNG!痛いファッションに気をつける!よくあるアラサーファッションの悩み

アラサーになると、それまでとは服の選び方のポイントが違ってきます。特に、「痛いフ …